岡山に「来て!観て!食べて!」

 岡山県内各地の特産品やグルメを集めた「来て!観て!食べて!inおかやま」(県観光連盟、テレビせとうちなどでつくる実行委主催)が15、16日、岡山コンベンションセンター(岡山市北区駅元町)で開かれる。 県内9市町や道の駅、企業などが約30のブースを設け、初登場の奈義町は近年注目度が高まる「なぎビーフ」や同ビーフ入りの「なぎコロッケ」を販売。新見市の千屋牛、赤磐市の地酒、総社市の消防署カレー、和気町のスモモジャムなど多彩なご当地グルメがそろう。 飲食コーナーでは、笠岡ラーメンや浅口市鴨方町の手延べ麺、ジャージーソフトクリームなどが味わえる。参加市町の特産品を1〜2割引きで提供する特設コーナーも登場。両日とも先着250人には特産品のプレゼントもある。 両日とも午前10時〜午後5時。問い合わせは実行委員会(086—803—7117)。2010年から毎年実施している。