全国初 国と私立大が包括協定 「農泊」 鍵はアジア系留学生 岡山 (アイディアはいい感じ?)


農村・漁村地域に滞在して伝統的な生活を楽しむ「農泊」の推進に連携して取り組もうと、中国四国農政局が岡山商科大学と包括協定を結びました。中国四国農政局の坂井康宏局長と岡山商科大学の井尻昭夫学長が、協定書にサインしました。

 農林水産省が今年度から取り組んでいる「農泊」は、全国的に増えているアジア人観光客などを農村・漁村地域に呼び込み、観光ビジネスや移住者の増加につなげるのが狙いです。岡山商科大学はアジア地域を中心に400人以上の留学生が在籍していて、2月以降中四国の各地で行なわれる農泊のモニターツアーに参加します

 2月は真庭市の北房地域で行われる予定で、留学生は餅つきやひな飾り作りなどを体験し、感想をフィードバックします。

(農林水産省中国四国農政局/坂井康宏局長)
 「(岡山の中山間地域などは)美しい景観、伝統的な食事、伝統文化、眠った地域資源がたくさんある。各地域の取り組みが進められようとする中で大きな弾みとなるのでは。」


//////

全国初 国と大学「農泊」で外国客誘致

農村や漁村に宿泊し、一次産業を体験しながら地域の人と交流をする滞在型の旅行が「農泊」です。
その農泊で、過疎地に外国人旅行客を呼び込もうと、国と岡山商科大学が協定を結びました。

国と大学の協定は全国で初めてです。
農泊とは、農村や漁村に宿泊し一次産業を体験しながら地域の人と交流する滞在型の旅行です。
その農泊に関する協定を、中国四国農政局と岡山商科大学が結びました。
協定は、8項目あり、大学の外国人留学生が真庭市北房地区で農泊体験を行うことなどが含まれています。
2年後の東京五輪を前に、留学生の農泊体験を通じてインバウンドを過疎地まで広げ、地方活性化につなげようというわけです。
そのモニター地区として外国人留学生の農泊を受け入れる真庭市北房地区です。
宿泊施設では、外国人留学生の受け入れ準備が進められています。
接客用語を英語で話せるようにと練習に励んでいる姿がありました。
農泊では、都市部には無い昔の日本の姿が外国人観光客に喜ばれるといいます。
地区の人々は毎年行われているひな祭りなどの行事に、訪れた人が参加してくれることを期待しています。
岡山商科大学では、来月22日から、外国人留学生約10人が2日間の農泊体験を予定しています。
//////