Jリーグ専務理事にファジ木村氏 (朝日高から東大)

 Jリーグは27日、東京都内で理事会を開き、空席だった専務理事にJ2ファジアーノ岡山代表の木村正明氏(49)が就任することを承認した。任期は3月27日から2年間。Jリーグ専務理事は常勤役員でJクラブの代表を兼務できないため、木村氏はファジアーノの代表を3月26日で退く。 岡山市出身の木村氏は朝日高から東大に進み、1993年に米金融大手のゴールドマン・サックス証券に入社。執行役員を務めた後、2006年に株式会社「ファジアーノ岡山スポーツクラブ」の代表取締役となった。優れた経営手腕を発揮し、クラブの発展に尽力した。