桜井日奈子さんPR動画「続投」 岡山市


 岡山市の大森雅夫市長は27日、シティープロモーションの一環で公開している市のPR動画について、2018年度も市出身のタレント桜井日奈子さんをメインキャストに起用する考えを示した。インターネットの再生回数が100万回を超えるなど発信力が高く“続投”してもらう。 市議会代表質問で成本俊一氏が、動画の評価と今後の展開を質問。大森市長は「桜井さんの魅力や発信力と相まって急速に拡散され、『桃太郎のまち岡山』の認知度や好感度の向上につながった。引き続き起用して、誘客効果を一層高めたい」と述べた。 市によると18年度は、桃太郎ならぬ「MOMOガール」と、温羅(うら)の「鬼カワイイ鬼」の二役を桜井さんが演じ、岡山城(北区丸の内)をメインステージにした新たな内容で制作する。現在の動画は当初、桜井さん側との契約で公開が3月末までだったが、18年度以降も無償で市が使えるようになったという。 17年度に制作した動画はMOMOガールの桜井さんが温羅を退治するストーリーで、オリジナルダンスを披露。動画投稿サイト・ユーチューブの再生回数は27日現在で約105万回。