<食中毒>岡山の旅館で30人 いずれも軽症   旅館「湯快リゾート輝乃湯」(真庭市)


 岡山県は23日、同県真庭市豊栄の旅館「湯快リゾート輝乃湯」で、今月16日に宿泊し食事をした客123人のうち男女30人(1歳〜80代)が下痢や腹痛など食中毒症状を訴えたと発表した。患者はいずれも軽症で、快方に向かっているという。原因となった食事は16日夕食か17日朝食とみられる。真庭保健所は、23日から10日間の営業停止処分とした。

 同県によると、患者は大阪、広島などからの宿泊客。同旅館では昨年末にも宿泊客27人が食中毒症状を訴え、5日間の営業停止になった。

/////
真庭の旅館で集団食中毒

  岡山県は23日、真庭市豊栄の旅館「湯快リゾート輝乃湯」で食事をした宿泊客の男女30人が下痢や嘔吐(おうと)などの食中毒症状を訴え、うち18人からノロウイルスが検出されたと発表した。入院患者はおらず、いずれも快方に向かっているという。同旅館では昨年12月にも集団食中毒があり、真庭保健所は23日から、通常(5日間)より長い10日間の営業停止処分とした。 県によると、30人は岡山、広島、香川、大阪、兵庫の各府県の1歳〜80代。16日の夕食と17日の朝食で、天ぷら、すし、ステーキ、だし巻き卵、サラダなどをバイキング形式で食べた。18日に4人が症状を訴え、同保健所のその後の調査で、他にも26人の患者がいることが判明した。 同保健所は他に共通の食事がないことなどから、旅館の料理が原因の食中毒と断定した。 

/////