「7時間タオル振った」=住民ら、避難所に次々―冠水の真備町、岡山・倉敷


  堤防が決壊して広範囲で浸水し、住民の救出活動が続く岡山県倉敷市の真備町地区。「7時間タオルを振り続けた」。ヘリコプターやボートで救助された住民らは、水の怖さを口々に語った。

 「階段の5段目までは緩やかに、そこから一気に水が上がってきた」。真備町川辺の佐藤初子さん(73)は振り返った。救助を求め、2階のベランダでオレンジ色のタオルを7時間振り続けたという。1995年の阪神大震災を神戸市で経験した佐藤さんだが、「今回の方が怖かった。水は怖いよ」と声を震わせた。

 真備町尾崎の会社員山根周二さん(56)は「1階までなら許せると思ったのが甘かった。まさかこんなになるなんて」。チョコレートのような色をした水が自宅の2階まで達し、浮き上がった畳で家具が次々に倒れた。愛犬と一緒に2階で2晩を過ごし、水が届かない押し入れで眠った。

 救出された時、水は引いていたが、1階の様子を見てショックを受けた。「ずっと漬かっていてほしいくらいだった。洗濯機状態だった」と振り返る。先に避難した家族と再会した山根さんは「今は至れり尽くせり。片付けのことを考えると地獄だから、今はこれでも天国だよ」

 真備町上二万の二万小学校には200人以上が避難。給水所が設けられ、日用品などの救援物資が運び込まれた。8日夕には日本赤十字社の医療チームが到着。具合が悪い人がいないか声を掛けて回った。

 倉敷市の担当者は「体育館にはテレビがなく、情報が入ってこないという意見を聞く」と話した。水位などの情報を基に、片付けや仕事の判断をしたい人が多いという。 


/////
水没地域で住民の救出活動続く 岡山

記録的な大雨で堤防が決壊し川の水にのまれた岡山県倉敷市では、建物に取り残された住民の救助活動が続けられている。

町の約3分の1が水没した倉敷市の真備町では、水位は下がってきているものの、ほとんどの住宅はまだ1階部分がつかったまま。

ボートやヘリコプターを使った救援活動により、これまでに1850人が救助された。

救助された人「怖いのと、寒さで震えて…」

300人が取り残されていた「まび記念病院」でも、患者らが次々に救出された。病院などの施設に集団で避難していた人の救助はほぼ終わったが、個人の住宅には、まだまだ多くの人が取り残されている。

ポンプ車を使った排水作業も始まったが、水が引く見通しはたっていない。避難所の人たちは、水没地区にある家が気がかりだ。

避難した人「家のほうがどうなるやらと思いまして、1階が全滅らしいですので」「大変ですよね、帰ってからがね」

国土交通省は、小田川の決壊した堤防を検査し、応急対策は施した。しかし、壊れた堤防からは水が流入し続けていて、対策が急がれる。
/////

町の4分の1が冠水…倉敷・真備で排水開始 国交省ポンプ車が24時間体制で

 記録的な大雨で、地域のおよそ4分の1が冠水した倉敷市真備町で、国土交通省が8日午後からポンプ車で緊急の排水作業を始めました。

 7日、高梁川水系の小田川が決壊し、真備町では地域の面積の4分の1にあたる約1200ヘクタールが冠水し、約4600戸が浸水被害を受けたと推計されています。

 国土交通省中国地方整備局は、救助活動を支援するため、岡山県などと連携し、8日午後から緊急の排水作業を始めました。排水ポンプ車23台、照明車11台を出し、24時間体制で作業を行います。

 倉敷市によりますと、倉敷市真備地区では、自衛隊や消防、警察約990人がヘリ11機とボート50隻を使って孤立した住民の救助にあたり、8日18時までに1850人を救助しました。まだ孤立している人がいますが、数は把握できていません。

 また、真備地区には4つの避難所が開設されていて、8日午後5時現在で3513人が避難しています。
/////

家屋や車が浸水、押し寄せる土砂

 記録的な大雨に見舞われた岡山県内は7日、全域で土砂崩れや浸水被害が次々と明るみになった。大勢が避難を余儀なくされ、幹線道路の通行止めなども相次いだ。県民は突然襲いかかってきた自然の猛威に声を震わせ、今後の生活への不安を口にした。 岡山市北区津島福居の住宅地では7日午前、裏山が崩れ、木造2階の民家を押しつぶした。家にいた60代と50代の夫婦は約2時間後に消防に救助されたが、高さ約200メートル、幅約30メートルにわたって茶色の山肌があらわとなり、近所に住む高校2年男子(16)は「突然、家が地震みたいに揺れ、外を見ると煙のようなものが立ち上っていた。怖かった」と話した。 県によると、土砂崩れは各地で多発し、7日午後5時現在、高梁、井原市など5市町で9棟が全半壊した。津山市中北上でも6日夜、民家の裏山が崩れて大量の土砂が流入。1人で暮らす地元住民(67)は「ベットに入って寝ようとしていたら、『バリバリ』と木が裂ける大きな音が聞こえ、無我夢中で逃げ出した」と言う。 河川の氾濫などで計121棟が床下・床上浸水。岡山市東区を流れる砂川では砂川橋付近が約100メートルにわたって決壊し、住宅地に濁流が流れ込んだ。車が丸ごと浸かった場所もあり、釣り用ボートで避難する準備をしていた同市東区の男性(75)は「みるみる水が増え、車のエンジンがかからなくなった」。同市東区の男性(55)は「倉庫やトラクターも水没した。水が引かないと何もできないが、引いた後が大変」と語った。 幹線道路の寸断も相次ぎ、県道は最大で200カ所以上で通行止め。436カ所に設けられた避難所には大勢が身を寄せた。前夜から瀬戸内市内の公民館に避難している男性(65)は「川の水位がどんどん上がり、早く逃げた方がいいと思った」と話した。鳥取県の勤務先から自宅に戻れず、真庭市内の公民館に避難した高梁市の会社員(48)は「家がどうなっているか分からないが、今はどうすることもできない」と肩を落とした。

/////
【西日本豪雨】「もうダメか」と思ったとき隣人が泳いで…屋根で救助待った倉敷・真備の女性

  全面積の約3割が浸水した岡山県倉敷市真備町地区。

 自宅が浸水し、2階の屋根の上で救助された高齢女性が9日、取材に応じた。一帯をのみ込んだ濁流は、あっという間に増水。女性ははだしで腰まで水につかりながらベランダや屋根を伝って12時間かけて避難し、一命を取り留めた。

 真備町箭田(やた)に住む中村ナツエさん(80)が異変に気づいたのは7日未明。普段は1階で寝ていたが、この日は強い雨を警戒し、同居する長女(50)と2階で就寝していた。午前4時ごろ、1階のトイレに行った長女が浸水に気づいたが、瞬く間に2階の畳も浮いた。勤務先の和歌山県内で連絡を受けた長男(54)は「最悪の事態を覚悟した」と振り返る。

 2階のベランダへ逃げたが、水位はさらに上昇。「もうダメか」と思ったとき、隣人男性が道路を泳いで渡り、1階屋根上に設置されていたエアコン室外機の上に引き上げてくれた。

 消防のボートで2階の屋根の上へ避難し、別のボートに救助されてから、バスで倉敷市中心部の避難所にたどり着いたのは7日午後4時ごろ。中村さんは「とにかく寒かった。無事でいられてほっとしている」と話した。

/////
全国から救援!
( 岡山県、倉敷市などの自治体や自衛隊もサポートをしています。

 倉敷市での緊急消防援助隊愛知県隊の活動は続いています。

 報道でご覧の方もいるでしょうが、まび記念病院では東京消防庁が活動しています。

 また、真備上空では、奈良県、大分県、熊本県の防災ヘリも活動しています。)

/////