天満屋岡山店に北海道グルメ集合 「北海道の物産と観光展」

 天満屋岡山店(岡山市北区表町)で24日に始まる恒例の「北海道の物産と観光展」を宣伝するため、北海道釧路市の観光大使「マーメイドくしろ」の山口冴里さん(25)が23日、岡山経済金融記者クラブ(同厚生町)を訪れた。 前期(30日まで)、後期(31日〜11月6日)で初出店14社を含む計103社が出店。タラバガニの身をふんだんに盛った弁当(2160円)、生クリームをたっぷり挟んだパイシュー(1個381円)などが並ぶ。飲食コーナーでは利尻昆布でだしを取ったラーメン(1188円)、サケやカニの海鮮丼(2268円)を提供する。6階葦川会館では革製品や家具といった工芸品も扱う。 山口さんは「北海道地震からの復旧も進み、予定通りの店が集まった。新鮮な海産物をはじめ、北海道の魅力を存分に楽しんでほしい」とPRした。 時間は午前10時〜午後7時半(30日、11月6日は午後6時まで)。会場には同地震の義援金募金箱も設置する。

/////
主役はこだわりの牛乳、北海道展が京都で開催
///// 
北海道のグルメがデパートに勢ぞろい!過去最大103店舗が出店 岡山市

北海道のおいしいグルメが勢ぞろいした物産展が、岡山市で開かれています。


カニも!
 天満屋岡山店の「北海道の物産と観光展」では、過去最大の103店舗が出店、約1400種類の商品が販売されています。

 中でも注目なのが、イートインスペース、海鮮茶屋で食べられる「紅鮭ハラス大名盛」。イクラやエビなど、新鮮な海の幸をたっぷり使ったぜいたくな海鮮丼です。


ソフトクリームも!
 また、初出店の山本牧場のブースでは、無農薬、無化学肥料の草を食べて育った牛からとれた栄養価が高い牛乳が人気です。
 この牛乳を使ったソフトクリームも買うことができます。

 この物産展は、11月6日まで開かれています。
/////