岡山城と後楽園で試験ライトアップ 16日から「幻想庭園」「烏城灯源郷」
岡山城 秋ss
(2016年「烏城灯源郷」)
(個人的には、「秋の幻想庭園」「秋の烏城灯源郷」が一番おすすめです。)

岡山県  ブルゾンさんと千鳥が県復興動画
 
 岡山市の後楽園と岡山城をライトアップする「秋の幻想庭園」「秋の烏城灯源郷」が16日に開幕する。15日夕に試験点灯があり、岡山を代表する観光名所がそろって幽玄な雰囲気に包まれた。

 試験点灯は日没後に行われ、岡山城では大小約250基の投光器と30個のあんどんが漆黒の天守閣と色づいた木々を照らした。「堂々とした城が幻想的に浮かび上がるスケールの大きさに感動した」と、北海道当別町から訪れた自営業女性(64)。後楽園は、発光ダイオード(LED)など約490個の照明で演出した。

 ライトアップはいずれも25日までの午後5時~8時半(入場は8時まで)。後楽園では岡山県内の地酒を集めた「日本酒BAR」(17、18日)や、普段は入ることができない「栄唱の間」から池に映り込む紅葉を観賞できるイベント(21、23日)なども開催。岡山城の天守閣前広場では期間中、城に見立てた「烏城おでん」が販売される。

 幻想庭園は岡山県と後楽園魅力向上委員会が主催し、岡山市と山陽新聞社が共催。烏城灯源郷は岡山市、おかやま観光コンベンション協会、山陽新聞社でつくる実行委員会が主催。

/////
16日から烏城灯源郷と幻想庭園

 岡山市の岡山城と後楽園を夜間ライトアップする「秋の烏城灯源郷」と「秋の幻想庭園」が、16日に開幕する。25日までの会期中、岡山城天守閣前広場と後楽園では多彩な飲食イベントが催される。 烏城灯源郷は初めて飲食ブースを設置。天守閣に見立てた三角形のコンニャクや練り物などを「烏城おでん」として販売する。16日午後5時からと、17、23、24日午後3時からは「烏城酒の陣」を開き、吉備土手下麦酒醸造所(岡山市)や西日本豪雨で被災した真備竹林麦酒醸造所(倉敷市)など地酒メーカーが酒類を提供する。 幻想庭園でも17、18日に県内酒蔵の地酒を楽しめる「日本酒BAR」を開催。ホルモンうどんや「大手まんぢゅう」などの約20店が日替わりで並ぶ。 ライトアップは午後5時〜8時半。問い合わせは岡山城事務所(086—225—2096)、後楽園事務所(086—272—1148)。
/////
2018 「烏城灯源郷」
2018  秋の岡山城

2018  「幻想庭園」
後楽園 秋の幻想庭園

2018   「幻想庭園」
後楽園 秋の幻想庭園00


2018 後楽園



/////