岡山 行方不明の 備中松山城(高梁市内山下)の「城主猫」を無事保護
猫と媚中松山城

 備中松山城(高梁市内山下)の「城主猫」として人気を集め、4日から同市成羽町地区で行方不明になっていた「さんじゅーろー」(雄、推定3歳)が23日に市内で発見され、19日ぶりに無事保護された。 市観光協会によると、同市成羽町成羽の住民から午後4時ごろ、「近所の家に似た猫がいる」と連絡があり、駆け付けた協会職員が首の名札で確認した。逃げた場所から約300メートル離れており、やせているが、食欲旺盛で元気だという。 市観光協会は「無事でいてくれてうれしい。体調をチェックした後、猫の扱い方をしっかりと学んだ上で披露したい」としている。 備中松山城に今夏からすみ着いていたさんじゅーろーは、4日夜に職員が自宅に連れ帰った際、ケージを飛び出して逃げた。

///////

■[備中松山城]雲海に浮かぶ紅葉の城
鎌倉時代に築かれた砦を起源とする備中松山城(岡山県)。山城で唯一天守が残る城として人気が高く、2016年には大河ドラマ「真田丸」のオープニング映像のロケ地になったことでも話題になりました。秋になると大手門や本丸付近が紅葉で赤く染まります。気象条件が整えば、雲海の中に紅葉と天守が浮かぶ幻想的な光景を見ることもできます。

[城名]備中松山城
[見頃]11月上旬〜11月中旬
[アクセス]備中高梁駅からバス「松山城登山口」下車、徒歩約50分

///////
■[岡山城]天守から見る紅葉楽土
岡山城(岡山県)は、天下人・豊臣秀吉に実子のように可愛がられた宇喜多秀家が近世城郭へと改修した城。漆黒の外観に金箔瓦が輝く天守は秀吉の大坂城天守を真似たものと言われています。紅葉見頃時期には「秋の烏城灯源郷」が開催。天守とその周辺が提灯や灯篭で幻想的に照らし出されます。イベント期間中は天守の夜間開館も行われるので、他では見られない天守からの夜の紅葉を楽しんでみてください。隣接する岡山藩主の庭園・後楽園から見る紅葉と天守も見事です。

[城名]岡山城
[見頃]11月中旬〜12月上旬
[イベント名]秋の烏城灯源郷
[開催時期]2018年11月16日(金)〜11月25日(日)
[アクセス]JR岡山駅からバス「県庁前」下車、徒歩約5分

/////// 
■[津山城]一二三の石垣に施された秋化粧
織田信長の小姓として有名な森蘭丸の弟・忠政が築いた津山城(岡山県)。現存建物はありませんが、「一二三段」と呼ばれる幾重にも折り重なった石垣が残っています。「日本さくらの名所100選」にも選ばれた桜の名所として有名な津山城ですが、実は紅葉も見事。約300本のモミジが色づき、普段は厳しい石垣を華やかに染め上げます。11月中旬には「津山モミジまつり」が開催され、ライトアップやグルメフェスティバルなどが行われます。

[城名]津山城
[見頃]11月中旬〜11月下旬
[イベント名]津山紅葉まつり
[開催時期]11月中旬予定
[アクセス]JR津山駅から徒歩約10分

///////