一斉解雇「あじさいの花」に改善命令 岡山 倉敷市

倉敷市の就労継続支援A型事業所を運営する「あじさいの花」が障害者約120人を解雇する問題で、倉敷市は、新たな就労先を見つけるよう改善命令を出しました。

倉敷市でA型事業所を運営する「あじさいの花」は、来月15日付けで事業を廃止し、2つのA型事業所で働く障害者、合わせて124人を一斉に解雇することを決めています。
倉敷市は、今月15日に、障害者の新たな就労先を見つけるよう勧告を出していました。
しかし、これまでに再就職先が決まったのは7人にとどまり、対応が不十分として、倉敷市はあじさいの花に改善命令を出し、再就職を支援するよう求めています。