岡山 備前・片上商店街にXマスイルミ


 一足早いクリスマス気分を味わって—。片上商店街(備前市西片上)に、恒例のイルミネーションがお目見えした。色とりどりの光が点滅し、ロマンチックな雰囲気を演出している。 片上商店街の福原商店会(22店)がにぎわいを創出しようと「イルミネーションふくわら」と銘打ち、11月中旬から一帯をライトアップ。メイン会場の流川近くの広場では、赤や青、白色といった約1万7千個のLED(発光ダイオード)がクリスマスツリーなどを鮮やかに浮かび上がらせている。今年はLEDを5千個増やし、トンネルを追加した。 点灯は午後5時から翌日午前0時すぎまでで、来年1月中旬まで続ける予定。同商店会は「今年もきれいに仕上がった。華やかなきらめきを楽しんで」としている。 12月1日には関連イベントとして、地区の交流施設「ふくわらふれあい広場」でコンサートを開催。岡山市出身のアコーディオン奏者・檜山学さんがクリスマスソングやタンゴなどを披露する。午後3時と同6時からの2回で、入場料300円。