岡山県内で福袋の準備が大詰め  (天満屋岡山店 VS  岡山高島屋 VS   イオン岡山   VS  岡山一番街・さんすて岡山 VS  イコットニコット ) 

 岡山 ミニ ラーメン館

 岡山県内の百貨店やショッピングセンターで、初売りの主役・福袋の準備が大詰めを迎えている。今年は体験を売る「コト消費」を重視したプランが充実しているほか、新築住宅やリフォームプランなど来年10月の消費税増税を見据えた高額商品も目を引く。各店とも新年の好スタートを期してPRに力を入れている。 百貨店はいずれも2日が初売り。

福袋約2万1千個(中心価格1万〜2万円)を用意する天満屋岡山店(岡山市)は目玉として、来夏に歌舞伎座で行われる歌舞伎公演の鑑賞チケットに外資系高級ホテル「ザ・ペニンシュラ東京」の宿泊などが付くツアー(1組2人・1泊38万円)を売り込む。 瀬戸大橋周辺の風景を空から楽しむ遊覧飛行(1組3人)、小学生に同店の案内係をしてもらう職場体験、テニスレッスンの受講(12回)は、いずれも2019円で販売する。 「新年は創業190周年の節目。お客さまにとっても特別な年になるような体験を提供したい」と同店。 

福袋1万個を扱う岡山高島屋(同市)は、地域密着の体験型を拡充。岡山電気軌道(同市)が英国発の人気アニメ「チャギントン」のキャラクターをモチーフに製作した路面電車の乗車券を3500円(親子ペア)で販売するほか、バスガイドの仕事(千円)や土ひねり(1組2人2019円)を楽しめるメニューもある。 さらに同店では消費税増税前の駆け込み需要をにらみ、大手住宅メーカーの新築住宅(2019万円、3戸)や輸入車ボルボ(340万円)といった高額商品もラインアップする。 

元日から営業するイオンモール岡山(同市)は福袋1万6千個を準備。核テナントのイオンスタイル岡山は別に約5千個をそろえ、浴室のリフォームプラン(75万6千円)なども売り出す。 

2日から営業の岡山一番街(同市)、さんすて岡山は衣料や雑貨などの福袋6500個を販売する。 

数学 icotnicot_logo


2日から営業のイコットニコット(同市)は・・・・。


倉敷市では、三井アウトレットパーク倉敷が76店舗で約6千個、隣接するアリオ倉敷は約8千個をそれぞれ元日から扱い、イオンモール倉敷も1日から営業し、県内最大級の2万5千個の福袋を並べる。

//////

元日より全国の「イオン」とイオンの専門店約25,000店舗で開催

国内最大級 約500万個の福袋をはじめ、地域限定の初売り企画をご用意 Eコマースから移動販売まで、あらゆるシーンで平成最後の初売りを盛り上げる


イオンは2019年1月1日より国内最大級、全国の「イオン」「イオンスタイル」、イオンモール等の専門店約25,000店舗にて初売りを開始します。


「イオンの初売り2019」は“MORE HAPPY”をテーマに、国内最大級 約500万個の福袋を展開します。
また消費増税や関税の撤廃への関心が高まるなか、リフォームやワインなどの先取り企画も展開するほか地域に密着した、その土地ならではの限定企画を取り揃えるなど、来るべき新たな時代の始まりを、誰もがハッピーな気持ちでお迎えいただける企画をご用意します。
 




お正月に、店舗でも、ご自宅でも、あらゆるシーンで体験できる初売り企画

1.消費増税や日欧EPA発効を前に、ひと足早い先取り企画

消費増税を控え、トイレやお風呂などの「リフォーム福袋」各種ほか、日欧EPA発効を前にフランス金賞赤ワインがお得に味わえる「フランス金賞ワイン赤ワイン12本セット」をご用意するなど、ひと足早く先取りできる、お得な企画を展開します。

 

2.北海道から沖縄まで、【地域限定】初売り企画や体験型福袋

【北海道限定】さっぽろテレビ塔展望台を30分貸切、シャンパンを楽しむことができる  夢福袋や、【近畿限定】京都のよしもと祇園花月を貸切、よしもと新喜劇の舞台に上がって  ズッコケを体験できる福袋など、北海道から沖縄まで地域に密着した初売り企画や体験型 福袋をご用意します。

 

3.WEB予約福袋※1や移動販売※2など、店舗に足を運べなくても初売り体験

店舗に足を運べないお客さまにも初売りを楽しんでいただきたいという想いのもと、WEB予約福袋の販売や本州の移動販売(計7カ所)で正月準備用品や福袋を取り扱うなど、あらゆる販売チャネルで年末年始の需要に対応します。
//////

岡山 天満屋が創業190周年記念ウイスキー製造

 天満屋(岡山市北区)は、平成31年に創業190周年を迎えるのを記念してオリジナルの限定ウイスキー製造に着手した。200周年時には、たる熟成させた10年物のウイスキーとして販売する計画で、来年1月2日からは、たる入れ前の新酒(ニューボーン)100本を天満屋全店で限定販売する。

 同市中区の「宮下酒造」に製造を委託し、この年末に岡山県産の大麦の麦汁を蒸留。国産ミズナラ材のたるに仕込み熟成させる。同社によると、国産大麦のみを使い国産ミズナラ材のたるで仕上げるウイスキーは国内初という。

 2日から販売の新酒は、200ミリリットル瓶入りで3240円。たるで熟成させるウイスキーは創業195年の36年に約70リットルを販売し、200年となる41年には残りを10年熟成のウイスキーとして販売する。10年物は700ミリリットル入りで5万~10万円程度の価格を想定している。

////// 


友達の しみっちゃん オススメ  ラーメン






///////