岡山 池田動物園でえとの引き継ぎ式  犬から猪へ「来年は亥ー年に」


新年を前に岡山市北区の池田動物園ではえとの引継ぎ式が開かれました。

まもなく迎える亥年を前に行なわれたえとの引継ぎ式には、大勢の人が訪れました。来園者を代表してイノシシのかぶりものをかぶった5歳と7歳の姉妹に、忠政副園長から委嘱状が手渡されました。今年のえとの犬がメッセージを伝えて役目を終え、新たな年をイノシシに託しました。園で飼育されているイノシシの「あい」は式に参加できませんでしたが2019年の人気者になればと期待されています。

/////
岡山・池田動物園でえとの引き継ぎ式 犬から猪へ「来年は亥ー年に」

えとが戌(いぬ)から亥(い)に変わる新年を前に、岡山市北区京山の池田動物園で30日、恒例のえとの引き継ぎ式が行われた。


イノシシの衣装を着た姉妹と柴犬が登場したえとの引き継ぎ式

 忠政智登士副園長が「日本人が平昌冬季五輪でナンバーワンになり、ノーベル医学生理学賞を受賞するなどワンダフルなことがありました。来年は猪突(ちょとつ)猛進し、亥ー年にしてください」と委嘱状を読み上げ、イノシシの衣装をまとった入園客の岡山市立陵南小2年蜂谷さらさん(7)と妹で陵南幼稚園年長の、りさちゃん(5)に手渡した。

 園近くのペットショップで飼育されている柴犬も登場。くす玉が割られ、「犬(けん)闘を祈ります」と書かれた垂れ幕がお披露目された。

 以前園に来た時にイノシシを見たという、りさちゃんは「元気いっぱいで優しそうなので大好き」、さらさんは「来年は漢字検定を頑張る」と話した。
/////


来年は「亥い年」に…犬からイノシシへ 動物園で干支の引き継ぎ式 岡山市

来年がいい年になることを願い、岡山市の動物園で、犬からイノシシへ干支の引き継ぎ式が行われました。

 池田動物園で行われた引き継ぎ式には、2018年の干支である犬のアベルくんと、2019年の干支、イノシシに扮した子ども2人が出席しました。

 式ではまず、犬からイノシシに「猪突猛進、亥い(いい)年にしてください」と委嘱状が渡されました。その後、犬がくす球を割ると、中から「犬闘(健闘)を祈る」とイノシシへのエールが。


イノシシ役を務めた子どもたち

 これに対し、イノシシ役の2人が「亥い(いい)年にします」と来年の決意を表明しました。

(イノシシ役を務めた子どもはー)
「楽しかったです。来年も頑張りたいと思いました」
/////