<33 VS 73 ?> 共産党・岡山で立候補予定者を取り下げ 参議院議員選挙は野党共闘へ (立憲民主党新人の原田謙介さん(33) VS 自民党現職の石井正弘さん(73))


この夏行われる参議院議員選挙に向け、野党は全国32の1人区で候補者を一本化する方針です。岡山でも共産党が立候補予定者を取り下げました。

(参院選立候補を辞退/住寄聡美さん(36))
「岡山でも野党の統一ができるということで私はその勝利に向けて、本気で引き続き頑張りたいと」

 共産党岡山県委員会は30日の会見で、参院選岡山選挙区に擁立していた住寄聡美さん(36)の立候補の取り下げを表明しました。


立憲民主党新人の原田謙介さん(33)

 岡山選挙区の野党統一候補として、立憲民主党新人の原田謙介さん(33)に一本化します。津山市生まれの原田さんは現在33歳で、学生団体やNPO法人を立ち上げ若者と政治をつなげる活動を続けてきました。


石井正弘さん(73)

 参院選岡山選挙区にはこのほか、自民党現職の石井正弘さん(73)が立候補を予定していて、原田さんとの一騎打ちになる見通しです。

/////

住寄聡美氏の擁立取り下げを発表 共産党県委、野党候補一本化で

共産党岡山県委員会は30日、県庁内で会見し、参院選岡山選挙区(改選数1)の野党候補一本化に伴い、新人で出馬を予定していた住寄聡美氏(36)の擁立取り下げを正式に決めたと発表した。

 会見で、植本完治委員長は「今の政権に代わる選択肢をつくることが重要だ」と意義を強調した。統一候補となる立憲民主党新人の原田謙介氏(33)の支援については「対応はこれから決める。近く協議するよう各党に呼び掛けたい」との考えを示した。

 同席した住寄氏は、昨年4月の出馬表明からの活動に触れ「市民から聴いた声を統一候補に伝え、応援に全力を尽くす」と述べた。

 同選挙区ではほかに、自民党現職の石井正弘氏(73)が立候補を予定している。
/////
自民県議団、参院選後まで現体制 4役人事で方針、2日正式決定

自民党岡山県議団は30日、県議会内で総会を開き、任期満了を迎えながら人選が難航している党県連役員人事について、今夏の参院選後までは現体制を継続する方針を決めた。6月2日に岡山市内で開く県連合同会議で正式決定する。

 役員は県議が務める幹事長、総務会長、政務調査会長、県議団長(議員総会長)の4役。総会で天野学幹事長が「参院選は野党統一候補が決まり熱を帯びている。選挙が終わるまでは現体制で臨みたい」と提案し、全会一致で了承された。

 役員人事を巡っては、同県議団の政友会(21人)と県政会(16人)の2派閥が今月上旬から3日間協議したが、ポスト配分などで激しく対立し、結論を持ち越している。進展がないまま役員改選する合同会議が迫り、「事情がある場合は任期満了後も継続できる」と定めた党県連規約を適用して、混乱の影響を最小限に抑える。


/////