常磐道「あおり運転」で指名手配=傷害容疑、43歳男に逮捕状-茨城県警 (女も逮捕状が請求)


( 警察の判断と、男の確保を待ちたいところだ。※17日、名前・宮崎文夫容疑者と顔写真が公開され指名手配に。女も逮捕状が請求された。 )



茨城県守谷市の常磐自動車道で「あおり運転」をして車を停車させ、運転手の男性を殴るなどしたとして、県警取手署などは16日、傷害容疑で住所、職業不詳の宮崎文夫容疑者(43)の逮捕状を取り、顔写真を公表して全国に指名手配した。


 同署などによると、宮崎容疑者は10日午前6時15分ごろ、常磐自動車道上り線の守谷サービスエリア付近で、あおり運転を行って男性会社員(24)の運転する車を停車させた。同容疑者は車を降りて、「殺すぞ」などと怒鳴りながら、男性の顔を複数回殴った疑いが持たれている。
 男性が11日、被害届を提出。一連の行為は、男性の車に設置されていたドライブレコーダーに記録されており、県警が映像の解析などを行っていた。宮崎容疑者の車に同乗していた女も携帯電話で状況を撮影していたとみられ、県警が捜査を進めている。

あおり運転、43歳男を指名手配

 茨城県の高速道路で高級SUVに乗った男が危険なあおり運転をした末に男性を殴ってけがをさせた事件で、警察は43歳の男の画像を公開し、全国に指名手配しました。

 傷害の疑いで指名手配されたのは、住所・職業不詳の宮崎文夫容疑者(43)です。宮崎容疑者は今月10日、茨城県守谷市の常磐自動車道上り線で、24歳の男性が運転する車に対して、あおり運転をして停止させたうえ、「殺すぞ」などと怒鳴りながら男性を複数回殴って、けがをさせた疑いが持たれています。

 宮崎容疑者の車はディーラーから貸し出されたもので、警察は車を押収するなどして捜査していましたが、ドライブレコーダーの画像や関係者への聞き取りなどから、宮崎容疑者の犯行と断定したということです。

 「茨城県警の捜査員が、容疑者の男が住んでいるとみられるマンションに入りました」(記者)

 16日夜には大阪市内にある宮崎容疑者の関係先に、茨城県警の捜査員数人が訪れましたが、宮崎容疑者の行方は分かっていません。警察は画像を公開し、指名手配とした理由について、「社会的反響が大きい事件であるため」などとしていて、広く情報提供を呼びかけています。

【情報提供】
茨城県警取手署 0297-77-0110

/////

「あおり運転殴打」容疑者はマンション事業を手掛ける43歳会社経営者

8月10日の午前6時過ぎ、茨城県守谷市の常磐自動車道で発生した、あおり運転暴行事件。茨城県警が傷害容疑で逮捕状を取り全国に指名手配し捜査中だが、「週刊文春デジタル」の取材により、容疑者は大阪府などで不動産事業を手掛ける会社経営者・宮崎文夫(43)であることがわかった。



「宮崎は親族が所有するマンションを受け継いで、不動産の管理や賃貸業を始めたようだ。不動産コンサルティングも手掛けているという。ビジネスマン向けのWEBマガジンでは背広を着て、顔出しでインタビューに応じたりもしている。

 羽振りはよかったようで、インスタグラムにアップされているのは、フェラーリの写真から、寿司、天ぷら、ステーキなどの食べ物の写真まで。贅沢な暮らしぶりが窺える」(捜査関係者)

 被害男性は24歳。見知らぬ白い高級外国車から”あおり運転”を受けて走行を阻まれ、やむなく停車したところ、車から降りてきた宮崎容疑者に「殺すぞ」などと脅され、車の窓越しに顔を数発殴打された。被害男性は鼻から流血するほどの怪我を負ったが、事件の一部始終はドライブレコーダーの映像に収められていた。

 宮崎容疑者が乗っていた白いSUVは、横浜市内のディーラーから代車として貸し出されていた車であることがわかっている。SUVは別の人物により事件翌日に返却済みだが、容疑者の行方は不明だ。捜査の進展が待たれる。
/////

テレ朝・玉川徹氏 常磐道あおり運転の暴行トラブルに「社会的な制裁が必要」

テレビ朝日の玉川徹氏が8日、同局「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜前8・00)に生出演。10日に常磐自動車道で起きたあおり運転の末、暴行を加えた運転手に「社会的な制裁が必要」と厳しい口調で訴えた。

 番組では、10日に茨城県常磐自動車道で起きた「白い車」によるあおり運転トラブルを特集。被害男性が運転する車のドライブレコーダーには、白い車は5分間で車間距離を詰める、急ブレーキを踏むなど19回もあおり運転をくり返し、さらに高速道路上で車を無理やり止めさせ、顔面を殴打するなど被害男性に暴行を加える映像がはっきりと映し出されていた。この白い車は今回のトラブル以外にも、静岡県内、愛知県内でもあおり運転を行っていた可能性が高いことも伝えられた。

 番組MCの羽鳥慎一アナウンサー(48)は「これはかなり悪質。一時的な感情の盛り上がりではなく、何回もやっているんですから、そういう人間性なんでしょう。車のトラブルですから、あおり運転というくくりにはしましたけど、傷害事件ですね」と不快感をあらわにした。

 玉川氏は「こういう時にひどい目に遭わないためにというのばっかりをやってるんですけど、確かにメディアの役割はなるべくケガをしないためにと伝えるのも役割ですけど」としたうえで「ちょっとこのケースに関してはやっぱり社会的な制裁が必要なんじゃないかな」と怒り心頭。「もちろん、刑事事件になると思います。なんで逮捕されていないかっていうと、お盆だから。お盆で警察は動いてないんですね。こんなに簡単にわかる話ない。ナンバーもわかって、映像もあるし、逮捕されない理由もないと思う。逮捕されても、どういう刑事罰になるかっていったら、初犯だったら別に有期刑受けるってことはないんですよ」と状況を説明しつつ、「そういうことで考えたら、我々が逮捕された段階で顔も名前も出すことでしょうね。今は逮捕されてないから出してないだけ。社会的にそういうことは許されないことなんだ!ってことを認知させる必要が我々にはあるんじゃないでしょうか」と続けた。
/////
常磐道あおり運転暴行「犯人『宮崎文夫』顔写真公開」と「女も逮捕しろ」……世間の願い届く?

8月10日、茨城県の常磐自動車道で車を運転中の男性が外国製のSUVにあおられた挙げ句、高速道路の本線上で進路をふさがれ、降りてきた男に5発殴られた事件。

 殴った男は現在行方不明だが、警察は40代の男の逮捕状をとったと16日に報じられた。ネット上でも「特定作業」が頻繁に行われており、早期解決が望まれるところだが……。

 すでにFNNでは「新たな映像」も入手され、静岡市内の道路で同じ車があおり運転をする様子のドラレコ映像が公開されている。男はこうした行動を何度となくとっていたことが疑われている。

 世間からは「警察がようやく重い腰を上げた」と捜査の進行が遅いのではないかという意見と、男が試乗車として借りていたSUVのディーラーが免許証の情報を持っており、行方不明にせよ「まずは家宅捜索しろよ」という声も多くある。

 そして、世間が強く望んでいるのが他に「2つ」ある。

「40代男性が殴打された際、男の同乗者で『事件をガラケーで撮影していた女』に関しても逮捕するべきではないか、という意見ですね。確かに暴行現場を笑いながら撮影、というのは常識的にはおかしいと言わざるを得ませんし、女の責任というのは追及すべきという心情はわかります。

 また、逮捕状を出したのだから『顔写真を出せ』という意見も多いですね。ここまで大きな騒ぎになっていることを考えますと、顔を出してもいいような気もしますが……」(記者)

 警察の判断と、男の確保を待ちたいところだ。※17日、名前・宮崎文夫容疑者と顔写真が公開され指名手配に。女も逮捕状が請求された。
/////
【あおり運転殴打】宮崎文夫容疑者、所有マンションでもトラブル 友人には「狙われている」


 8月10日に茨城県守谷市の常磐自動車道で起きた「あおり運転暴行」事件で全国に指名手配された宮崎文夫容疑者(43)が、所有する大阪市内のマンションでも住民に迷惑行為を繰り返していたことが「週刊文春デジタル」の取材でわかった。


 宮崎容疑者が所有する大阪市内のマンションの住民が証言する。

「10年以上前までは、宮崎の親族の女性がオーナーでしたが、宮崎が相続したようです。以降は管理会社がコロコロ変わり、トラブルが続いて大変です。なぜか電気が停められてエレベーターが動かない日もあった。本人も奇声を上げたり、警察沙汰を起こしたり、近寄りがたい人でした。

 何より迷惑だったのは、駐輪場として住民が使用していた1階の共有スペースに何の通達もなく自分の自家用車を置いていたこと。住民は自転車が置けなくなってしまった。オーナーなので文句も言えず、泣き寝入りするしかなかった」

 その共有スペースには、今回の事件で使われたと思われる白いBMWも駐車されていたという。

「最近はサングラスに帽子という芸能人みたいな格好で毎日出歩いていました。同じような格好をした女性もよく一緒に見かけました」(同前)

 宮崎容疑者は関西の有名大学出身だ。約1年半前に再会したという大学の同級生はこう証言する。

「突然、『今度、新規事業を立ち上げるので相談に乗って欲しい』と高級ホテルに呼ばれ、食事をしました。羽振りは良さそうでしたが、精神的に参っているように見えました。『危ない人たちに狙われている』『ホテルに泊まっていても向こう側から狙っているんだ』など、理解しがたいことを言っていた。同級生の間でも彼の体調を心配する声は出ていました」

 8月16日(金)の深夜、大阪市内にある宮崎容疑者のマンションを茨城県警の捜査員が訪れた。数名の捜査員が防刃チョッキを着用しており、現場には緊張が走った。だが、宮崎容疑者がマンションから出てくることはなかった。
/////
/////

あおり運転「宮崎容疑者」もさることながら、同乗の「ガラケー女」もヤバすぎる


 15日のフジテレビ系『バイキング』で、俳優の坂上忍は、

「正常じゃない。常軌を逸している。バイキングでも、あおり運転のニュースは取り扱ってきましたが、全然違う。暴行事件ですよ」

 同じく、歌手で俳優の中条きよしも、

「乗っているやつは動物なの?人間なんでしょ?脳みそないんじゃないの」

 16日のTBS系『ひるおび!』では、落語家の立川志らくが、

「一生涯、車に乗れないような法律を作って欲しい。どんなに重い罪にしても、頭が悪いから理解できない。テレビで強く言ってもポカンとして何もわからない。人の心がないから、もうこういうのはどうにもなんないですね」

 テレビのワイドショーを騒がせているのは、現在、全国指名手配中の“あおり運転男”こと宮崎文夫容疑者である。報道によれば43歳。


こちらも反省を…(イメージ)
 事件の映像は、連日テレビやネットで流れているが、改めて再現してみる。事件は今月10日の午前6時過ぎ、茨城県守谷市の常磐自動車道で起きた。被害者の男性(24)が走行中、左側から割り込んできた白いBMWのSUVに進路を妨害され、サービスエリアの入り口付近で車を停めた。BMWからガラケーの携帯電話を手にした女と運転していたサングラスの男が降りてきた。男は、「お前は俺の邪魔をした。ぶっ殺してやるから出てこい」などと怒鳴り、男性の携帯電話を奪おうとした。そのため、男性はブレーキから足を離してしまい、車が前進してBMWに衝突。すると、男は男性に5発のパンチを食らわせた。ガラケーを手にした女は、暴行の瞬間も撮影を続けた……。

 白いBMWは7月21日に、宮崎容疑者が横浜市内のディーラーから自分の車の修理のため代車として3日間の約束で借りたものだった。が、宮崎容疑者はその代車で2日後の23日に、愛知県岡崎市の新東名高速や静岡市清水区の国道1号であおり運転を繰り返していたことが判明している。「車が気に入ったので、購入を検討している」と、ディーラーに返却を延期した宮崎容疑者。茨城の事件の翌11日、宮崎容疑者の会社の社員と名乗る男性2人と女性1人がSUVを返却しに来たという。20日間で、走行距離は約2000キロにも及んでいた。

「昔は、“車に乗ると羊が狼になる”と言われていました。車に乗ると、気が大きくなって人格が変わるわけですが、宮崎容疑者の場合は、容貌からも、元々かなり血の気の多い人間のように見受けられます。ドイツの高級SUVに乗ったことで、狼がさらに凶暴になったということ。あおって被害者の車を止めさせ、何度も殴るという行為に及んだことからすると、反社会的人格障害、パーソナリティ障害とみて間違いないでしょう」

 と分析するのは、犯罪心理学者の森武夫氏。同氏は家庭裁判所の交通部に所属したこともあるが、

「茨城だけではなく、愛知や静岡でも同様のあおり運転を繰り返していたというところから判断すると、意図的に因縁をつけていたのでしょう。過去にも同様の事件を起こしていた可能性もありますね」

 東京商工リサーチ企業情報によると、宮崎容疑者は、昨年2月に大阪市で不動産会社の「宮崎プロパティマネジメント」を設立している。従業員は1人で、今年1月の決算では売上1300万円、利益250万円となっていた。

 ネットでは、宮崎容疑者もさることながら、同乗した女も話題になっている。ツイッターでは、こんな書き込みがあった。

〈逮捕は時間の問題か…?同乗の女の逮捕もお願いします!〉

宮崎容疑者に心酔?
 先の森氏によれば、SUVに同乗した女性にも、宮崎容疑者同様、問題があるという。

「普通の女性なら、宮崎容疑者が暴行行為を行ったら止めるのが常識です。それが、暴行を煽るように、ニヤニヤしながら携帯電話で撮影する。宮崎容疑者が被害者を殴っているとき、車の後ろにまわって後部席のドアを開けようとしたということですが、これは共犯的意味合いが強いと見るべきです。暴行のとき、“やっちゃえ”なんて言葉を発していたら、幇助罪に問われかねません。宮崎容疑者の逮捕は時間の問題でしょうが、その後の事情聴取によっては、彼女も傷害罪の共犯で立件される可能性もあります」

 何故、同乗した女は、そんな行動をとったのか。

「ある意味、宮崎容疑者の行動に心酔している面があるのではないでしょうか。犯行に共感して面白がっている。しきりに被害者を撮影していましたが、宮崎容疑者の勇ましい姿を撮る、という感覚だったのかもしれません」

 ガラケー女も、反省した方がよさそうだ。
/////
あおり運転の宮崎容疑者 近隣住民「目を合わせないようにしていた」


 茨城県守谷市の常磐自動車道で起きたあおり運転殴打事件で、茨城県警に傷害容疑で指名手配された宮崎文夫容疑者(43)は大阪市東住吉区のマンションのオーナーで、自らも7階に居住していたとみられる。

 マンションの住民の中には宮崎容疑者の言動を恐れて接触を避けていた人もおり、周囲からは「何かやらかすんじゃないかと思っていた」との声も漏れた。

 近隣住民によると、宮崎容疑者は高校受験で地元の進学校に合格。母親は以前、周囲に「頭がいい」と話していたが、ここ数年は「息子がお金を全部持っていってしまう」と打ち明けるなど、宮崎容疑者の行動に頭を悩ませていたという。60代の女性は「目つきや態度が悪く、すれ違っても目を合わせないようにしていた。何をやらかすかわからない様子だった。早く身柄を確保されてほしい」と表情を曇らせた。

 全国に指名手配された16日夜には、捜査員とみられる集団がマンションの中に入っていくのを住人が目撃していた。住人の女性は宮崎容疑者に似た男がマンション付近で大声をあげているのを見たことがあるといい、「威圧的な雰囲気であいさつすらできる感じではなかった。いつここに戻ってくるのかわからず、とても怖い」と話した。


/////

悪質すぎる「あおり運転・暴行事件」はなぜ起きたのか?加害者の心理 悲惨な事件を防ぐ「治療法」は存在する

あおり運転の動画を見て
常磐自動車道でのあおり運転の事件が、世間の注目を集め、大きな批判を受けている。

被害者のドライブレコーダーの動画には、加害者が高速道路上で蛇行運転をしたり、急停止して進路をふさいだりした挙句、大声で怒鳴りながら、車の窓越しに被害者の顔面を何度も殴打する様子が鮮明に記録されていた。

あまりの悪質さに、事件は連日の大ニュースとなり、ついに容疑者が指名手配されるに至った。報道によれば、容疑者とされる男は、常磐道だけでなく、遠く離れた複数の場所で、同様に悪質なあおり運転を繰り返しており、常習的な犯行のようである。

また、これだけ世間を騒がせておいて、指名手配されるまで出頭せず、逃げ回っているという行動も理解しがたいものがある。

報道された経歴を見ると、有名大学を卒業し、会社経営をしていた人物だとのことであるが、逃げ切れるとでも思っているのだろうか。騒動がより大きくなり、批判が一層高まるということすら理解できないのだろうか。

さらに不可解なのは,通常はなだめたり制止したりすべき同乗者が,現場を携帯
で撮影するような様子を見せていたことだ。このように犯行を増長させるような者が
周囲にいることは,加害者が逃走を続けていることとも無関係ではないだろう。

あまりにも近視眼的で、浅はかな行動である。

繰り返されるあおり運転
悪質なあおり運転と聞いて思い出すのが、2017年6月に起きた東名高速での事件である(参照:悲惨な「東名高速死亡事故」似た経験をした犯罪心理のプロが思うこと)。

これは、サービスエリアに迷惑駐車をしていた男が、それを注意されたことに激高し、相手の男性の車を執拗に追いかけた後、高速道路上に停車させたという事件である。

その結果、車は後続の車に追突されて、同乗していた子どもの目の前で両親が死亡した。加害者は、危険運転致死傷罪などで懲役18年の判決を受けた。

この事件では、加害者がこのほかにも何度も危険なあおり運転をしたことが明るみになったほか、事件後も反省をしていない態度が報じられ、大きな批判を浴びた。

さらに最近では、常磐道の事件が連日報道されているさなか、愛知県内で、男が執拗なあおり運転の挙句、女性に怪我をさせ器物を損壊したとの容疑で逮捕された。容疑者は、現在のところ容疑を否認しているという。

これらの事件が、かくも注目を集めるのは、以前にも書いたが、誰もが被害者になる可能性のある身近な出来事だからであろう。

遠いシリアで起きている内戦の惨事は「他人事」としてとらえられても、全国各地の道路で起きているあおり運転は、いつ何時自分が巻き込まれるかわからないという恐怖を誰もが抱いてしまう。

加害者の共通点
今回の事件と東名の事件を見比べると、加害者には多くの共通点がある。まず、両者ともほぼ日常的にあおり運転を繰り返していたという点である。

普段から交通ルールを守っている優良ドライバーが、何かちょっとしたアクシデントがあったからといって、急に豹変することは考えにくい。このような常習性は、特筆すべきものである。

また、どちらのケースでも、いつ自分自身が事故に遭っても不思議でないような危険な運転の仕方をしている。

急な幅寄せ、急停止、高速道路上での停車、そして車から高速道路上に降りることなど、どれも1つ間違ったら自分自身も死亡してしまいかねないきわめて危険な行為である。

今回の動画を見ても、被害者に殴りかかる加害者をかすめて何台もの車が通過している様子が映っている。東名の事件では、被害者が死亡したが、これも加害者も死亡していてもおかしくない状況であった。

これらのことからわかるのは、彼らには通常の恐怖心や危機意識が欠如しているということだ。

これは粗暴犯罪者に多い特徴であり、普通の人なら恐怖や不安を感じる状況にあっても、それらにきわめて鈍感で、心拍数が上昇したり、身がすくんだりするという生理学反応が生じない。これは粗暴犯罪者の自律神経系の異常を示唆する特徴として注目を集めている(1)。

したがって、このような危険なことが平気でできるし、普段から猛スピードでの運転、シートベルトの不着装、頻繁な路線変更、飲酒運転などの危険運転を日常的に行っているのではないかとの推測もできる。


さらに顕著な点は、そのパーソナリティの特徴である。両者とも、些細なことでカッとする易怒性や、怒りのコントロールができない統制力欠如、すぐに手を出してしまうような衝動性などが顕著である。

加えて、目先のことしか考えられず長期的に物事を見ることができない「現在指向型の時間展望」という特徴も有している。これは、両者とも事件後にその場を立ち去ったり、逃走したりしている点から明らかである。これらはいずれも、「反社会的なパーソナリティ特性」としてまとめることができる。

ほかにも、危険運転以外のルール無視も平気で行っていたという点も共通している。

今回の加害者は、ディーラーから代車を借りてあおり運転を繰り返していたとのことであるが、代車の返却期限がきても、それを無視して乗り続けていたという。ほかにも、近隣トラブルがいくつも報じられているうえ、過去に逮捕歴があるとの報道もある。

このように、これだけ悪質なあおり運転というのは、そもそも暴力的、犯罪的な特徴を有していた者が、その場の状況に反応して起こした卑劣な犯罪であって、けっして突発的、偶発的な犯罪ではないと考えられる。

海外の研究
実は、こうした危険運転の増加は日本だけの現象ではなく、世界各国で見られる現象である。アメリカでは、この10年で5倍に増加しているとの報告がある(2)。ざっと論文を検索しても、アメリカ、カナダ、フランス、デンマーク、トルコ、中国など、世界各国からの論文が見つかる。とはいえ、まだまだ研究は多くない。

これらの研究では、危険運転(いわゆるroad rage、路上での逆上)の原因として、いくつかの点が指摘されている。

まずは、やはりパーソナリティの問題である。たとえば、自己中心性、ナルシシズム、衝動性、易怒性、感情統制力欠如、攻撃性などの「ダーク・パーソナリティ」が挙げられている(3)。

あるいは、彼らの「認知のゆがみ」が顕著なことを指摘する研究もある(4)。これらの危険運転に出る者は、他者の何気ない行動に「敵意」を感じやすいのだという。たとえば、相手が車線変更しただけで「邪魔をした」と感じたり、追い抜かれただけで「馬鹿にされた」などととらえてしまったりする。

また、そもそも「感情はコントロールできるものだ」「コントロールすべきものだ」という認知を抱いていないため、瞬間湯沸かし器的に感情を爆発させ、粗暴行動に直結してしまうのである。

とはいえ、「車に乗ると性格が変わる」と言われたことがある人は、案外多いかもしれない。それはおそらく、車内の匿名性ゆえに、粗暴な言動に出てしまいやすくなるということが原因として挙げられるだろう。

車の中でだと相手に聞こえないし、顔も見えないので、ノロノロ運転、割り込み、マナー違反などの車があると、面と向かっては言わないような暴言を思わず言ってしまうのである。

悪質あおり運転への処方箋
しかし、一連の研究を見ると、これらの運転中の「悪態」と、今回の事件のような悪質で粗暴な危険運転とは、質が違うと考えたほうがよさそうである。

それは犯罪かどうかとの線引きだけでなく、その基盤に「ダーク・パーソナリティ」や「認知のゆがみ」が存在し、さまざまな問題行動や反社会的行動への親和性が高いかどうかという違いである。

しかし、希望を持ってもよいのは、こうしたパーソナリティや認知は、いずれも「治療」可能だという点である。

すでに「運転者怒り表出尺度」「運転者行動尺度」などという「診断ツール」も開発されている(5)。この項目をチェックすることで、本人の問題性やその深刻度が評定できる。

そして、そこでわかった問題性をターゲットとして、認知行動療法という心理療法を実施することが、現在のところ一番効果が期待できる。

そこでは、怒りのコントロールの方法を学ばせたり、ゆがんだ認知を適切な認知に置き換える訓練をしたりする。こうした治療によって、危険性は相当程度抑制できるだろう。

われわれの日常に襲いかかる卑劣な危険運転を放置することはできない。これには断固とした処罰が必要であることは言うまでもない。

しかしその一方で、ネット上に加害者の個人情報を晒したり、執拗に罵詈雑言を浴びせたりすることは、控えるべきである。なかには、まったくの別人が「加害者の息子」を名乗って、被害者を誹謗するような動画もアップされていた。これなどは、単に注目を集めたいだけの卑劣な「反社会的」行動である。

このように事件への怒りから、あるいは事件に便乗して、軽率な行動を取ることは、加害者と同じ問題性を有していると言われても仕方がない。それは正義でも何でもない。

悲惨な事件を防ぐには、冷静で科学的な知見に導かれた対処こそが一番有効であることを、われわれは肝に銘じておく必要があるだろう。

///// 
“あおり運転”男かくまった疑い 51歳女逮捕

茨城県の常磐道であおり運転の末に男性を殴ったとして指名手配されていた宮崎文夫容疑者(43)が逮捕された事件で、茨城県警は18日午後、宮崎容疑者を自分の部屋にかくまったとして会社員の喜本奈津子容疑者(51)を逮捕しました。

/////