京都の夏の風物詩 五山の送り火 月との競演も
五山の送り火

 京都の夏の風物詩「五山の送り火」が行われ、鮮やかな炎で描かれた文字が古都を囲む5つの山に浮かび上がりました。

16日夜、東山の如意ヶ嶽に縦160メートル、横80メートルの「大」の字が現れました。

続いて松ヶ崎に「法」、そして嵯峨に「鳥居形」など合わせて5つの文字が順番に浮かび上がりました。

「五山の送り火」はお盆に帰ってきた先祖の霊を送りだし、無病息災を祈る行事です。

今年は、台風10号の影響で開催が危ぶまれていましたが予定通り行われ、文字が現れると見物客から歓声があがりました。

昨年よりも4000人ほど多い約2万8000人が集まり、京都の夏の夜空に浮かんだ鮮やかな炎を見上げていました。


/////

京都で五山の送り火

京都市で、お盆の伝統行事「五山の送り火」が行われ、夏の夜空を彩りました。

 16日午後8時。送り火の先頭を切って、最も東側に位置する東山の如意ケ嶽に点火され、「大」の文字が浮かび上がりました。続いて「妙」「法」「舟形」「左大文字」「鳥居形」と5分おきに点火されました。今年は台風10号の接近にともない、「大文字」と「舟形」で護摩木の受付が中止されましたが、京都府警によると、去年より約4千人多い、約2万8千人が見物に訪れたということです。

 「めちゃくちゃきれいやったな」「よかったね、お月さんが横におって。」(見物客)

 見物客らは京都の夏の夜空を彩る幻想的な炎に見入っていました。
/////
古都の夜空に浮かぶ「五山送り火」 炎の文字が山々彩る


お盆に迎えた先祖の霊を送り出す伝統行事「五山送り火」が16日夜、京都市内であった。市街地を囲む山々に火文字や図形が映え、約2万8千人(京都府警調べ)が見守った。

 午後8時、同市左京区の如意ケ嶽(にょいがたけ)に「大文字」がともった。その後、東から西へ「妙法」「船形」「左大文字」「鳥居形」が順々に点火され、夜空に浮かび上がった。

 五山送り火は室町時代から江戸時代にかけて定着したとされる精霊(しょうりょう)送りの行事で、古都の夏を彩る風物詩となっている。
/////
大文字、月との競演 京都・五山送り火、故人への思い炎に重ね



お盆に迎えた先祖の霊を送る「五山送り火」が16日、京都市内の各山で営まれた。暗闇に浮かび上がる文字や形を望める場所には多くの市民が集まり、静かに燃える炎に故人への思いを重ね合わせた。

 午後8時に大文字(左京区)が点火されたのに続き、妙法(同)、船形(北区)、左大文字(同)、鳥居形(右京区)の順に火がともされた。台風10号が去った後の市内は薄曇りで、大文字が正面に見える上京区の出町橋西詰めでは如意ケ嶽に「大」の字が現れると、見守っていた人たちから歓声が上がった。

 点火から5分ほどたつと雲間から月が姿を見せ、静岡市から訪れた男性(69)は「タイミングよく月が出て幸運。送り火は亡くなった両親を思い出す機会になる」と話した。

/////
京都、五山送り火 夜空に浮かぶ炎の文字

古都の夏を彩る「五山送り火」が16日、京都市街を囲む山々で行われた。台風の過ぎ去った夜空に鮮やかに浮かんだ炎を、家族連れの見物客らが見つめた。

 午後8時ごろ、東山の如意ケ嶽で一画が最長約160メートルの「大」の字から始まり、続けて「妙法」「船形」「左大文字」「鳥居形」に5分置きに点火。鴨川沿いやビルの屋上には多くの人が集まり、揺らめく文字は静かに消えていった。

 送り火は、盆に迎えた先祖の霊を送り出し、無病息災を祈る伝統行事。初めて送り火を見たという会社員(34)は「亡くなった京都アニメーションの方々のことも頭をよぎった。追悼の思いを強くした」と話した。
/////
参考
/////