岡山 蛇口ひねるとおいしい桃ジュース 岡山特産のとろける果肉感、土日に販売



 岡山県特産の桃のジュースの出る蛇口が晴れの国おかやま館(岡山市北区表町)に設けられ、観光客や家族連れらの人気を集めている。25日までの土日に販売している。



 「桃蛇口」のジュースは県内を代表する品種の清水白桃を使っている。果汁約40%。桃形のタンクに取り付けてある蛇口をひねると、とろけるような果肉感を生かしたジュースが出てくる。

 子どもから高齢者まで世代を問わずに立ち寄り、桃ジュースをおいしそうに飲んでいる。岡山市南区の主婦(67)は「蛇口の発想がおもしろい。ジュースもさっぱりとした味で、暑い時期にぴったりですね」と話していた。

 1杯380円。午前11時から午後5時まで販売している。

 桃蛇口が登場するのは昨年に続き2回目。県産フルーツをテーマにした観光キャンペーン「おかやま果物時間」(11月まで)の一環で、同館が実施している。