岡山公共交通戦争? 「これはいかがなものか」 岡山市がバス路線再編案を提示も、運行会社などからの合意得られず (両備グループ(両備バス) VS 八晃運輸 循環バス「めぐりん」)

両備バス vs めぐりん (路線バス) 
岡山 交通事情
両備バス vs めぐりん (路線バス) 問題再び

 岡山市は、公共交通のあり方を考える協議会でバス路線の再編案を示しましたが、運行会社などからの合意は得られませんでした。

 岡山市が開いた公共交通の在り方を考える協議会には、市内のバス会社9社などが出席しました。

(岡山市/大森雅夫 市長)
「スピード感をもって公共交通網の形成計画を早く策定し…」
 
 岡山市は将来的に市民の移動手段を確保するため、利便性の高い公共交通の整備を進めています。その中で、赤字路線が維持できないなどの課題を抱えているバス路線について岡山市は再編案を示しました。

 再編案では、重複する路線の一部廃止や便数・ダイヤを調整することで、路線によっては最大で3900万円ほど経費削減ができるとしています。削減した分で路線を新設し、郊外の利便性を向上するとしています。

(記者)
「岡山市中心部と西大寺方面を結ぶ路線では2社が運行しています。こちらの両備バスではダイヤの改正など再編案が示されましたが、めぐりんについては再編案は示されませんでした」

 八晃運輸の循環バス「めぐりん」は昨年4月、両備バスの主力路線・西大寺線と平行して走る新規路線「益野線」を開設しました。両備グループは赤字路線が維持できなくなるとして反発、国に対して認可取り消しを求めて訴訟を起こしています。

 岡山市が示した西大寺方面の再編案では、両備バスの朝のピーク時間を増便し乗車が少ない時間を減便します。また、両備バスの一部路線を岡山方面のみの運行にすることで経費削減が図れるとしています。

(両備グループ/小嶋光信 代表)
「供給過剰の地域に新規の事業社を入れておきながら、余っておりますよ、これはいかがなものかと」

(八晃運輸/成石敏昭 社長)
「例えば駅の乗り入れに関しても1歩に前に進まない、これお客様の利便性を考える1番の基本じゃないですか。まずそこのところを1歩ずつでも固めていただきたい」

 再編の方向性について合意は得られず、次回以降に持ち越しになりました。

(大森雅夫 市長)
「公共交通の計画がまとまるというめどはついていません。これから事業者間の調整を進めていきたいと思っています」

/////
路線バス再編で岡山市が新提案

岡山市の路線バスの再編について話し合う会議で大森市長は、路線バスの利用を促すため、高齢者の運賃の一部を市が負担する新たな案を示しました。

この会議は、人口減少を背景に、採算がとれない路線の維持や、乗客の多い路線での競合が課題となるなか、路線の再編や効率化について話し合うために設けられていて、19日は岡山市内で路線バスを運行する9つの事業者や岡山市、それに岡山県などが出席して開かれました。
はじめに岡山市の担当者が、乗客が多く複数の事業者が競合する区間で、事業者を1社にするなどして利益を出しやすくし、その利益の一部を撤退する事業者に分配するとともに、混雑する時間帯で増便したり、交通の便が悪い郊外に新たな路線を開設したりする改革案を示しました。
また、岡山市の大森市長は路線バスの利用を促すため、高齢者が利用する場合、その運賃の一部を市が負担する新たな案を示しました。
一方、事業者からは、路線の再編によって、経費が削減できる保証がないなどといった意見が出されていました。
大森市長は「今回上がった意見をふまえ、今後、事業者間の意見を調整するため、より具体的な再編の方針を示したい」と話していました。
/////

岡山市、バス6方面再編案を提示 重複路線統合や支線導入


 岡山市の地域交通の将来像を示す「地域公共交通網形成計画」策定に向けた第4回法定協議会が19日、市内であり、市はバス路線再編案の全体像を示した。市中心部から周辺地域に向かう6方面を対象に、重複路線の統合やダイヤ調整によって利用者の利便性向上とバス事業の収支改善などを図る。

 6方面は、市東部の三野、高屋、西大寺と、市南部の妹尾、芳泉、岡南。

 市の案では各方面で、並行する路線をまとめる「幹線」と乗り継ぎ拠点から分かれる「支線」の導入▽複数の事業者が重複して走らせている路線の一部廃止▽混雑する時間帯の直行便運行▽利用者数を考慮したダイヤ改正―などを実施。こうした施策で運行経費の削減や便数の適正化を図り、課題となっている運転手不足への対応にもつなげる。

 JR岡山駅周辺など市中心部は6方面の調整が固まった後に決めるため、現時点では検討課題としている。

 市は今後、路線再編案をたたき台に、法定協の幹事会や各バス事業者との個別の話し合いで調整を進める。本年度中をめどに地域公共交通網形成計画をとりまとめ、その後、より具体的な再編実施計画づくりに着手する方針。

 法定協では市の担当者が、委員となっているバス事業者の幹部ら25人に説明。委員からは経費削減効果について「市の計算通りになるのか疑問がある」といった声が上がった。「路線の再編より、JR岡山駅東口バスターミナルへの乗り入れ問題などを先に解決してほしい」との注文もあった。

 終了後、大森雅夫市長は「市民が公共交通を利用しやすいよう整理しているが、具体策になるとバス事業者にはさまざまな意見がある。一つ一つ丁寧に対応していきたい」と話した。

/////

両備バス vs めぐりん (路線バス) 問題再び

岡南・妹尾・三野・高屋・西大寺・芳泉の路線について #岡山市 は再編案を示したが、問題の発端となった競合する路線の事業者同士は協議する体制にないとして話が前に進みません

発端は黒字路線へ新事業者の参入

/////
2019/4/12
バス路線再編へ試案、9月メドに結論 岡山市法定協 

 岡山市は11日、路線バスを含めた市内の公共交通網のあり方を議論する法定協議会の第3回会合を開いた。2018年8月の2回目以降、非公式の幹事会を経て、市は初めてバス路線の再編に向けた試案を提示した。出席したバス事業者の代表者からは方向性についての異論は出ず、今後は9月末をメドとしたマスタープランの策定を急ぐ。

市は中心部から南部、南西部に向かう路線を対象に具体案を提示。複数の系統が重複する幹線部分での系統の統合や本数の削減に加えてバスからバス、またはバスからJRへの乗り換え拠点を新設することを提案した。試算では2路線とも年間2000万円以上の経費削減が可能となり、経営の安定や周辺部の別路線の拡充につなげられるとしている。

2社が競合している3方面の路線についても、一定間隔で運行するダイヤ調整を提案した。大森雅夫市長は「運賃の適正化など多くの点を詰めていかなければならず、調整をお願いしたい」と事業者に訴えた。
///// 
両備バス vs めぐりん (路線バス)


路線バスでも導入拡がるキャッシュレス決済 (岡山市の中心部を循環する路線バス「めぐりん」)岡山市奉還町商店街でも導入 /  両備バスvs「めぐりん」  は、どうなった?



/////