岡山県警が「緊急特別警報」発令 キャッシュカードすり替えの特殊詐欺が急増(18日現在で前年比25件増の28件、被害総額は同6440万円増の約6530万円)
詐欺多発! 岡山県警「緊急特別警報」発令 


 キャッシュカードをだまし取る新たな手口の特殊詐欺被害が、岡山県で急増しています。岡山県警は初の「緊急特別警報」を発令し、警戒活動を始めました。

 岡山市では岡山県警の警察官が家を訪ね、住民に詐欺の手口や注意するポイントを説明しました。今年、岡山県で急増しているのは警察官を装った電話です。

「あなたのキャッシュカードが悪用されている」などと話している間に、金融庁などの職員に扮した受け子が家を訪ね、キャッシュカードをすり替えてだまし取る手口の特殊詐欺です。

 18日までに岡山県南の11の市町で28件、6530万円の被害が出ていて岡山県警は19日、岡山県南部に初の「緊急特別警報」を発令しました。


岡山県警生活安全企画課/佐藤泰弘 課長補佐

 被害者の9割近くは高齢者で、岡山県警は当面の間対象地域で戸別訪問などの警戒活動を続けます。

(住民はー)
「どこまで信用していいかわからないですよね」

(岡山県警生活安全企画課/佐藤泰弘 課長補佐)
「在宅中でも留守番電話設定にしていただき、一度相手を確認してから折り返し自分から電話をかけることによって被害を防いでいただきたい」


/////

新手口の詐欺 初の緊急特別警報 岡山県南部に県警、カードすり替え


岡山県内で今年に入り、警察官をかたって、キャッシュカードをすり替える新しい手口の特殊詐欺が急増しているとして、県警は19日、不審電話が多発する県南部に初の「緊急特別警報」を発令した。警察官による高齢者宅の訪問など、被害撲滅に向けた取り組みを強化する。

 新手口は、犯人は警察官を名乗り「カードが不正利用されている」と電話で告げ、自宅を訪問。カードを預かり封筒に入れた後、印鑑を取りに行かせるなどした隙に偽物とすり替えてカードを盗み、現金を引き出す。

 この手口による県内の被害は、今月18日現在で28件約6530万円に上り、前年同期の3件約90万円から大幅に悪化。県警は集中的な対策が必要だと判断し、緊急特別警報の発令を決めた。

 対象地域は同様の被害を認知した岡山、倉敷市など9市2町。警察官が高齢者宅を訪問し、手口を紹介したちらしを配るほか、駅やスーパーでの啓発活動、不審電話の発生地域での捜査員による警戒活動も強化する。

 警報は当面継続する方針で、生活安全企画課は「民生委員や金融機関などとも連携し、県民への手口の周知を図り、危機意識を高めたい」としている。

/////
警官ら名乗る新手の特殊詐欺手口、岡山


岡山県内で警察官や市職員を名乗って高齢者からキャッシュカードをだまし取り、現金を引き出す特殊詐欺被害が急増している。県警は19日「緊急特別警報」を出した。

 県警によると、今月12日、倉敷市内の70歳代の女性宅に、警察官を名乗る男から「詐欺犯人を捕まえたが、お金が引き出された可能性がある。出金を調べるのでキャッシュカードの銀行名、名義人、暗証番号を教えてほしい」との電話があった。男は女性に電話を切らせず、警察官を名乗る別の男が女性宅を訪問。女性に封筒を渡してカードを入れさせ、封筒に印鑑を押すよう要求し、女性が中座する間、無関係のカードが入った封筒とすり替えて女性に渡したという。

 その後、女性の口座から200万円が引き出され、県警は窃盗事件として捜査。被害者に相談させるすきを与えない、新手の手口とみている。

 県警によると、同様のキャッシュカード被害は18日現在で前年比25件増の28件、被害総額は同6440万円増の約6530万円。県警は「キャッシュカードに関する電話は詐欺。すぐに電話を切って110番を」と呼びかけている。
/////

キャッシュカードだまし取る特殊詐欺相次ぐ

警察官などをかたりキャッシュカードを奪う特殊詐欺が岡山県南部で相次いでいるため、岡山県警はきょう緊急特別警報を発令しました。

岡山県警によりますと、特殊詐欺の手口は警察官や金融庁職員をかたり「あなたのキャッシュカードが偽造されている」などと電話をかけたあと、訪れてきた偽の金融庁職員にキャッシュカードを騙し取られるというものです。

岡山市や倉敷市など岡山県南部の9市2町で、今月だけで100件を超える不審電話が確認されていて、このうち8件ではあわせて1000万円の被害が発生しています。このため県警は、きょう県警として初めての緊急特別警報を県南部に発令しました。

県警では県南部の70歳以上の高齢者宅を対象に戸別訪問を行うなどして注意喚起を図る方針です。
/////

キャッシュカード被害多発を受けて 緊急特別警報発令 

 不審な電話をきっかけにキャッシュカードをだまし取る特殊詐欺が岡山県で相次いでいます。カードをすり替える新しい手口も多発し、岡山県警は19日、緊急特別警報を初めて発令しました。県警によりますと警察官や金融庁の職員などを騙り、キャッシュカードをだまし取る特殊詐欺は今年に入り県内で28件発生し被害額は去年の同じ時期の70倍を超える約6530万円に急増しています。特に今月は岡山市や倉敷市などで118件の不審な電話が確認され、約1000万円の被害が出る異常事態となっています。不審な電話の多くは「キャッシュカードが不正利用されている」などと告げるもので、その後、自宅を訪れた男がキャッシュカードをその場で一旦、預かり隙をみて偽物とすり替える新しい手口が多いということです。県警は19日、岡山県南部に初めて緊急特別警報を発令し戸別訪問の特別チームを編成し警戒を強めるとともにキャッシュカードに関する電話があれば、すぐに切って110番通報するよう呼び掛けています。


/////
岡山県警岡山西署  「猫のお巡りさん」任命式で脱走…すぐに制帽脱ぐ 



21日から始まる秋の交通安全県民運動に合わせ、岡山県警岡山西署は18日、岡山市北区の県警察学校にすみつくメス猫「タマ」を交通事故抑止隊の隊員に任命した。

 タマの年齢は不明。元々は学校近くにいた野良猫で、教官らが「タマ」と名付けてかわいがっていると、居心地が良かったのか、5年ほど前からすみつくようになった。同署員が交通安全運動に向けて啓発方法を検討する中で、「猫のお巡りさん」として協力してもらうことにした。

 約70人が集まった18日の任命式で、署員から制帽をかぶせられたタマは、居心地が悪かったのか、すぐに制帽を脱いで、その場から逃げ出した。

 同署では、一緒に任命した保育園児12人とともに、ドライバーに安全運転を呼びかける予定にしていた。任命は運動期間中の30日までで、署員は「猫の手も借りたいほどなのに……」と話していた。

/////