岡山 中国自動車道 パトカーとバイクが衝突


津山市の中国自動車道で、速度調査をしようとしたパトカーがオートバイに追突し、オートバイの男性が骨を折る重傷を負いました。

午前11時ごろ、津山市新田の中国自動車道下り線で、パトカーが前方のオートバイの速度調査するため加速したところ、追突しました。
オートバイを運転していた47歳の男性は道路に投げ出され、鎖骨を折るなどの重傷です。
パトカーを運転していた男性警部補と、一緒に乗っていた男性巡査部長にけがはありませんでした。
当時、パトカーは赤色灯をつけていましたが、サイレンは鳴らしていなかったということです。
警察は、パトカーが、オートバイの動きに対応できなかったとみています。
岡山県警高速隊の長谷川秀明副隊長は、「事故原因を調べ、再発防止に努めてまいります」とコメントしています。