五輪マラソン 札幌開催を検討へ (なぜ?今 ? マラソンと競歩だけ? テニスやゴルフ、トライアスロン? なぜ?) 岡山天満屋 監督
前田穂南aa


 IOC・国際オリンピック委員会は来年の東京オリンピックでの猛暑を懸念して、マラソンと競歩の開催を札幌に変更することを検討していると発表しました。
本番まで1年を切ったこの時期での検討発表にさまざまな声が上がっています。

IOCは検討の理由を「暑さ対策」だとして札幌は夏の五輪開催時に東京より5度から6度気温が低いことなどをあげています。
また札幌市の秋元市長も歓迎の意向を示しました。
来年の東京五輪では猛暑による選手の健康とパフォーマンスへの影響が懸念されています。
ただ、すでにスタジアム観戦のチケットが販売されていることやほぼ同じコースのMGCで代表選考が行われていることなどから議論は紛糾することも予想されます。
そのMGCで映像にもありましたが見事優勝し五輪の出場内定を勝ち取ったのが天満屋の前田穂南選手です。
指導する武富豊監督がコメントを発表しました。
「選手は東京で走りたい想いはあると思いますが、今は2020年8月に向けて精一杯準備をしていくのみだと考えています。」
ただ、前田選手は、おととし札幌で行われた北海道マラソンで優勝しており、変更になっても影響は少ないのではないかと言う見方もあります。
コースの変更案は、今月30日から開かれる東京五輪の運営に関する会合で議論されます。


(なぜ?今 ? マラソンと競歩だけ? テニスやゴルフ、トライアスロン? なぜ?)
/////

IOC会長、マラソン「札幌に決めた」

 東京オリンピックのマラソンや競歩が札幌で行われる事が確実な情勢となりました。

 IOC=国際オリンピック委員会のバッハ会長は17日、東京オリンピックのマラソンや競歩の会場について「我々は札幌に移すことに決めた」と話し、IOC理事会と大会組織委員会の間では札幌開催に合意したとの認識を示しました。

 これはバッハ会長が中東のカタールで行われた会合で述べたもので、東京オリンピックのマラソンや競歩は札幌で行われる事が確実な情勢となりました。最終的には今月30日から都内で開くIOC調整委員会で詳細を協議することになります。

 バッハ会長は「札幌は東京より気温が5度から6度低い」などと話し、暑さ対策を理由にあげています。
/////

五輪マラソンと競歩「札幌で」、小池知事「北方領土で」

 突然のコース変更に波紋が広がっています。

 来年の東京オリンピックのマラソンと競歩のコースをIOC=国際オリンピック委員会が猛暑を懸念して札幌へ変更することを検討していることについて、東京都の小池知事は17日に開かれた連合東京の定期大会で「涼しい北方領土でやったらどうかと声をあげていただいたら」などと発言しました。

 「連合さんは北方領土返還に大変熱心で、今回、突然の札幌と、北の方だからということだったので、一案として申し上げた」(東京都 小池百合子知事)

 小池知事はさらに、これまでどう盛り上げようかと考えてきた人たちの気持ちを胸に調整に臨みたいと述べました。大会組織委員会の森喜朗会長は変更案に理解を示し、東京都などと相談したいと話しました。

 「IOCからそういう案を示されたということは、我々は不快感を持ってはいけないので、そこまでIOCも考えてくれているんだ、それはちゃんと組織委員会としては受け止める」(森喜朗 会長)

 「やはり走ったことがないコースなので、なかなか地の利を生かすことは難しいと思いますし、決定したら、しっかり決定したで万全な対策を打ちます」(東京五輪男子マラソン内定 服部勇馬選手)

/////