日本語弁論国際大会 決勝大会 岡山理科大学


海外で日本語を学ぶ若者たちによる弁論大会が、岡山市北区で開かれました。

国際交流を深めようと、岡山理科大学を運営する加計学園が開いたもので、今年で9回目になります。
弁論大会の今年のテーマは「オリンピックがもたらすもの」東南アジアや中国・韓国などから、2000人を超える応募があり、各国の予選を勝ち抜いた9か国の11人が熱弁をふるいました。
加計学園では、弁論大会をきっかけに世界各国の若者たちが日本に関心を持ってくれればとしています。