岡山・香川で今季最低の気温

 29日朝の岡山・香川は、すべての観測地点で気温が今季最低を記録し厳しい寒さとなりました。

午前7時ごろの津山市の様子です。
29日朝の津山の最低気温はマイナス0.8度で、平年を3度ほど下回る12月下旬並みの寒さとなりました。
このほか、岡山・香川の各地は寒気の影響で冷え込み、最低気温は新見市千屋でマイナス4.3度、岡山で0.5度となるなど、すべての観測地点で今季最低を記録しました。
30日は、移動性高気圧に覆われるため、岡山県南部と香川県では晴れの天気が続く見通しです。
最低気温は3度から4度くらい、最高気温は12度から13度となっています。

/////

岡山市の朝 前日比ー10度 県内各地で今季最低を記録

冬将軍が到来―。岡山県内は29日朝、上空の寒気と晴れて地表の熱が奪われる放射冷却の影響で、冷え込んだ。最低気温は、岡山市で前日朝を約10度下回る0・5度(平年5・6度)となるなど、観測全16地点で今季最低を記録した。

 朝までの最低気温は新見市千屋氷点下4・3度(平年氷点下0・5度)真庭市蒜山上長田同2・2度(0・1度)津山市同0・8度(2・1度)など、各地で平年を5・1~2・3度下回った。

 岡山市南区の公園や田んぼにはうっすらと霜が降りた。通勤・通学する人たちは、厚手のコートを着込んだりマフラーを巻いたりして寒さをしのいでいた。

 岡山地方気象台は「30日以降、朝の冷え込みはいったん緩み、最低気温は平年並みか高めになるだろう」と予報している。
/////