岡山 クリスマス電車「お目見え」  (岡山電気軌道の路面電車「KURO」)

 
 一足早く、クリスマスムードを楽しめます。
師走の街に彩りを添える恒例のクリスマス電車の運行が、岡山市中心部で始まりました。

クリスマスのリースなどで飾り付けられた、岡山電気軌道の路面電車「KURO」です。
25年目を迎えた今年は、最初の乗客として、岡山市北区の第二さくら保育園の園児19人が招かれました。
園児たちは、車内で岡山電気軌道の社員が扮したサンタクロースからプレゼントを手渡され、お礼に歌を披露しました。
クリスマス電車は、12月25日まで岡山駅前と東山との間を1日に5往復するということです。

/////

「クリスマス電車」が岡山市を走る 大きなリースや窓のアートの電車が東山線で25日まで1日5往復運行

クリスマスまで3週間ですが岡山市に毎年恒例の「クリスマス電車」が3日、お目見えしました。

 岡山電気軌道が毎年この時期に走らせている「クリスマス電車」です。大きなリースや窓のアートがクリスマス気分を盛り上げてくれます。


少し早いクリスマスプレゼント

 3日は運行開始を記念して、岡山市の第二さくら保育園の園児約20人が招待されました。

 園児はサンタクロースから少し早いクリスマスプレゼントを受け取りました。

(園児はー)
Q.プレゼントは何もらった?
「お菓子です」
「心がうれしくなる気持ちになった」


25日まで1日5往復運行

 園児はプレゼントのお返しに歌を歌うなどして、クリスマス電車を楽しんでいました。クリスマス電車は岡山電気軌道の東山線で25日まで1日5往復運行します。
/////
Xマス路面電車出発! 岡山市街地、25日まで1日5往復


 岡山電気軌道(岡山市中区徳吉町)は3日、リースなどで飾った路面電車「クリスマス電車」の運行を始めた。25日まで、岡山市街地の東山線(岡山駅前―東山間)を1日5往復する。

 岡山城をイメージした黒色の車両「KURO」を使用。車両の前後にクリスマスリース(直径約60センチ)を取り付け、車内は窓に白いスプレーでトナカイや雪の結晶をあしらったほか、ミニリース、金銀のモールで装飾した。

 3日朝には営業運転に先立ち、第二さくら保育園(同市北区富原)の園児19人を招待して貸し切りで運行。社員扮(ふん)するサンタクロースが園児たちにお菓子のプレゼントを手渡すと、園児たちはクリスマスソングを歌ってお返しした。

 年長の園児(6)は「サンタさんにプレゼントをもらえてうれしい。クリスマスが楽しみ」と喜んだ。

 クリスマス電車は毎年運行しており、26回目。
/////
街を走るクリスマス電車

 もうすぐクリスマスです。
岡山市では、リースなどで飾りつけた特別な路面電車が、3日から運行され、子どもたちが、ひとあし早くクリスマスの雰囲気を楽しみました。

「クリスマス電車」と名づけられたこの路面電車は、毎年12月に岡山市内の中心部を走る路線で運行されています。
車両の先頭部分に、直径60センチほどの緑色のリースが取り付けられ、車内は色とりどりのベルや、サンタクロースの人形などで飾りつけられています。
運行初日の3日は、地元の保育園の園児19人が招待され、さっそく車内に乗り込みました。
電車が出発すると、サンタクロース姿の社員からひとりずつお菓子の詰め合わせがプレゼントされ、全員で「あわてんぼうのサンタクロース」を歌って、ひとあし早いクリスマス気分を楽しんでいました。
5歳の女の子は「飾りがとてもきれいでした。お菓子をたくさんもらえて嬉しかったです」と話していました。
クリスマス電車は1日5往復、今月25日まで運行される予定です。

/////
園児も大喜び クリスマス電車

12月の岡山の街を楽しく彩る恒例のクリスマス電車がきょうから運行を開始しました。

岡山駅前に入ってきたのはレトロな車両のKURO

クリスマスリースなどで装飾されたこの時期の風物詩「クリスマス電車」です。

きょうは市内の保育園児がサンタクロースと一緒にテープカットで運行開始を祝いました。

列車内ではサンタさんからお菓子がプレゼントされました。

一足早いプレゼントに嬉しさいっぱいの園児たちは元気な歌でクリスマスの雰囲気を楽しみました。

クリスマス電車は今月25日まで一日5往復運行されます。
/////



/////