岡山 保育士の危機!? 保育士大量流出、岡山の憂鬱 激しさ増す人材獲得競争


 10月に始まった幼児教育・保育無償化の影響で、認可保育所や認定こども園などの入所希望者が増えるなか、大都市近くにある地方都市などでは保育人材の流出が懸念されている。各自治体では保育士の待遇にインセンティブを与える動きも活発化しており、人材確保は激しさを増す。兵庫と広島に挟まれた岡山県の岡山市は、待機児童の数が市町村で全国で4番目に多く、不足する保育士の待遇改善に向けた動きが進んでいるが、関係者は「保育士がどんどん流出してしまう」と不安が募る。



 ■続く定員割れ

 「定員は105人ですが、92人しか受け入れられていない。定員割れはもう1年続いています」

 12月4日午後、岡山市役所3階の市長室。とみやまこども園(岡山市中区)の山本直子副園長は大森雅夫市長に対し、保育士が足りないことの影響を指摘した。同園では来年出産予定の保育士がいるといい、受け入れ人数は今後も減る見込みだ。

 市内の幼稚園・こども園の園長らで作る「岡山市私立認可保育園・認可こども園園長会」(高山学会長)が保育士の処遇改善を求める陳情活動を行った際の一コマで、ほかの園長らも次々と保育士不足の状況を訴えた。

 岡山市によると、市内の待機児童数は10月1日時点で386人。4月1日の353人から33人増えた。半期ごとの調査で2年半ぶりの増加で、10月の無償化で希望が増えたことの影響を受けたとみられる。厚生労働省の調べでは、4月1日時点で岡山市の待機児童の数は、東京都世田谷区(470人)、兵庫県明石市(412人)、さいたま市(393人)に次いで4番目に多い。

 ■USJ「年パス」の費用を支給

 こうした中、関係者が頭を悩ませているのが「保育士の流出」だ。

 岡山市内には約20の保育士の養成校がある。しかし、「毎年卒業する約900人の人材が、大きな町のある隣の兵庫県や広島県に流出してしまう」(高山会長)という。

 とどまってもらうためにはインセンティブが必要。岡山市では平成29年~令和元年度の3カ年、私立保育園の保育士の給与を2%上乗せしている。

 だが、自治体間の保育士獲得競争は年々激しさを増す。

 神戸市は昨年度、「緊急プロジェクト」として市内の民間保育施設の保育士に、採用から7年間で最大140万円の一時金を支給するなどの事業を開始。大阪市は今年度から、府外から市内で新規採用された保育士に対し、USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)の年間パス購入費2万5千円や、帰省する際の費用を支給する取り組みを始めた。

 市長に陳情した際、高山会長が「人材確保は保育所だけの努力では非常に難しい」と訴えると、大森市長は「(保育士の給与を)2%から3%に増やすとか、具体的な検討を行っていかなくてはいけない」と前向きな姿勢を示した。

 岡山市は来年度までに施設を増やし、待機児童872人分の受け皿を整備する方針。見かけ上は計1万9839人分が確保され、市の調査で想定されている入園希望者1万9424人をまかなえるはずだが、保育士不足で定員を受け入れられない施設が、全体の26%にのぼる。

 高山会長は「受け皿を作るペースが速い。保育士の確保が追いついていない」と指摘。「保育士の人材確保のため、地方は思い切った施策が必要だ」と話している。