【岡山の2019年 】資金難などで花火大会の中止相次ぐ 業者はハイテク演出に活路 / 西大寺会陽 /女子中学生レーサー「Juju」


 岡山の町を熱く盛り上げる「うらじゃ踊り」。2019年も約120の連が個性豊かな鬼を装って踊り歩きました。
 しかし、にぎやかさの一方で、恒例だった花火は2018年に続いて中止されました。警備態勢や資金面が主な理由でした。

 岡山県ではこのほか、玉野市や倉敷市でも花火大会が中止されました。中止や予算削減の動きが広がる中、花火メーカーは生き残りをかけて試行錯誤していました。

(森上煙火工業所/森上真夢さん)
「地域をもっと花火を通じて盛り上げるためにも、地域の文化だったり特産品だったりそういったものと花火を掛け合わせて、ひとつの花火大会として演出できればなと。演出に関しても、最近では『音楽』と『花火』を合わせてするような演出も増えてきてるので」

 その「音楽と花火の融合」の演出、森上煙火工業所では100分の1秒まで打ち上げのタイミングを制御できる機械を活用しています。

 ただし、この設定がなかなか大変なようで…

(森上煙火工業所/森上真夢さん)
「1つのプログラムを作るのに何十時間かかってきちゃうんで、そのへんの負担は大きくなってきてますね」

 全国的にも数が減りつつある花火大会。苦しい状況の中で、花火はテクノロジーとの融合で活路を見出そうとしていました。

/////

【岡山の2019年 】西大寺会陽の福男に福は来た? 本人に聞いてみた

500年以上の伝統がある岡山市の西大寺会陽(えよう)。2019年も、1万人の男たちが福を呼ぶといわれる「宝木(しんぎ)」を奪い合いました。その結果、平成最後の宝木をつかみ取った福男たち。福男には本当に「福」が来たのか、直接聞いてみることにしました。

(福男/片岡宏之さん)
Q. 「福」ありました?
「福男もきっかけになって、結婚を今年決めさせていただきました」

さらに…

(福男/小峰直人さん)
「会陽の1カ月後に子どもが生まれまして。男の子なんですけど」

 確かに福男に『福』は来てました。

(小峰直人さん)
「会陽にあやからず、『りくと』という名前をつけました」

(小峰直人さん)
「(片岡は)初めて見とるよな、仲は良いんですけど、仲良すぎて僕の妻によく怒られて」

(片岡宏之さん)
Q.早く会いたい?
「いるいるとは聞いてるんですけども、本当にいるのかどうか」

Q.どうやったら『福』が?
(片岡宏之さん)
「師匠の言葉を引用するなら、福が舞い込んでくるのは、他人の力じゃなくて、自分がどれだけ努力するか。『福男に頼るな』というのは言われています」

Q.会陽に使う“ふんどし”はどうしているの?
(福男/小峰直人さん)
「いつも会陽が終わったら、次の日、天日干しして来年まで大切に保管しています。洗ったらケガするという験担ぎなんですけど、まだ一度も洗ってなくて…。汚くはないです! 土がついていたら、ちょっとかっこいい…これ、かっこいい言ったらたぶん怒られるわ(笑)『そんなんじゃいかん』って、カットやな、これカット」
////
【岡山の2019年 】女子中学生レーサー「Juju」、国内ラストラン 目標は女性初の世界チャンプ

(中学生プロレーサー/Juju)
「夢は女性初、世界チャンピオンになることです」

 中学生プロレーサー「Juju」こと野田樹潤選手。3月の今シーズン初戦では、安定した走りでトップを独走、順調なスタートを切りました。

(中学生プロレーサー/Juju)
 Q.きょうの決勝レースは何点?
「100点満点がなんなのかわからないので、つけようがないかな」

 中学生といえど、さすがはプロレーサー。記者の質問にもするどく切り返しました。

 2019年からは拠点を海外に移すJuju選手。11月の国内ラストレースは自らのベストラップ、そして、コースレコードを塗り替える圧巻の走りで、有終の美を飾りました。
/////