岡山 渋野選手らに山陽新聞体育賞贈る 4団体8人の活躍たたえる


 スポーツで輝かしい成績を収めた郷土のアスリートらをたたえる「第78回山陽新聞体育賞」の贈呈式が26日、岡山市北区柳町の山陽新聞社で開かれた。昨年、ゴルフの海外メジャーで日本勢42年ぶり2人目の優勝を果たした渋野日向子選手(21)=RSK山陽放送=に体育栄誉賞、バレーボールの2012年ロンドン五輪銅メダリストで昨季限りで引退した岡山シーガルズ前主将の山口舞さん(36)=中国学園大職=に体育特別賞、マラソンの東京五輪代表選考会で優勝した前田穂南選手(23)=天満屋=ら4団体4人に体育賞、2人に体育奨励賞が贈られた。

 受賞者や選考委員ら約30人が出席。山陽新聞社の松田正己社長が選手らに表彰状とメダルを手渡し、「日ごろの鍛錬で見事な成果を残し、県民に元気を与えてくれた。五輪・パラリンピックイヤーの今年は、全国に岡山を発信してくれるような一層の活躍を期待します」とあいさつした。

 受賞者を代表し、岡山工高弓道部男子の仲西寿夫監督(51)が「災害で不自由な生活を余儀なくされている方や多くの県民に、スポーツで感動や希望、勇気を届けられるよう賞をエネルギーにさらに頑張りたい」と謝辞を述べた。

 賞は、郷土の選手や育成に力を尽くした指導者らに毎年、山陽新聞社が贈っている。他の受賞者は次の皆さん。(敬称略)

 【体育賞】新体操 井原高新体操部男子▽ボート 関西高ボート部▽バレーボール 就実高バレーボール部女子▽柔道 素根輝(19)=環太平洋大▽陸上 フィレモン・キプラガット(18)=倉敷高▽ソフトボール 松田光(33)=平林金属男子ソフトボールクラブ

 【体育奨励賞】陸上 奥山琴未(15)=上道中▽馬術 原田昂治(15)=勝山高蒜山校地