岡山 山口舞さんに功労者表彰 シーガルズ前主将、Vリーグ



  Vリーグの特別表彰式が26日、プレーオフ決勝会場の国立代々木競技場で行われ、岡山シーガルズで17年間プレーし、昨季限りで引退した前主将の山口舞さん(36)=岡山市=が功労者表彰を受けた。

 長年リーグの発展に貢献した選手らに贈られる。Vリーグ機構の嶋岡健治会長からトロフィーが手渡され「17年続けられたのはチームメートや応援してくれた皆さんのおかげ。今後もバレー界を盛り上げたい」と語った。

 山口さんは大阪国際滝井高から2002年にシーガルズに入団。移動攻撃を武器に国内屈指のセンターに成長し、14年の準優勝などに貢献した。昨季はVリーグ歴代1位に並ぶ381試合の出場を果たした。

 併せて、シーガルズの関明夫副部長(63)に優秀GM賞が贈られた。

/////

シーガルズ準V、6季ぶり2度目 昨季の9位から大きく飛躍


バレーボールV1女子のプレーオフ(PO)決勝が26日、東京・国立代々木競技場で行われ、初優勝を狙った岡山シーガルズは、昨季3位のJTに2―3で惜敗した。準優勝は6季前に並ぶチーム最高成績で、昨季の9位から大きく飛躍した。

 シーガルズはセットカウント2―2で迎えた最終セット、序盤に5連続失点するなどして7―15で屈した。第2セットから持ち味のしぶとい守備を発揮。ライト渡辺真恵、レフト金田修佳らのアタックで2セット奪い返して、優勝へあと1セットとしたが、相手エースで米国代表のドルーズの強打で押し切られた。

 スタンドには、岡山や首都圏から駆け付けた約500人のファンがそろいの青いTシャツを着て応援。得点が決まるたびに、大声援で選手たちを鼓舞した。

 東芝の企業チームだったシーガルズは休部に伴い、1999年に複数のスポンサーや市民が支えるクラブチームとして活動を始めた。2001年、岡山に移転。13年全日本選手権と13―14年シーズンのVリーグで準優勝した。
/////