国際情勢 新型肺炎、イタリアとイランでも急速に感染拡大 / 習近平国家主席「状況は依然厳しく複雑」 / 英、ダイヤモンド・プリンセス下船の帰国者4人“陽性”
ネット会議を推進・マスク着用

新型肺炎、イタリアとイランでも急速に感染拡大


 新型コロナウイルスの感染は、イタリアとイランでも急速に広がっています。

 イタリアでは、ロンバルディア州やベネト州など北部を中心に新型コロナウイルスの感染が急速に広がっていて、ロイター通信によりますと、21日以前では3人だった感染者数が、23日には152人まで急増しました。死者は3人にのぼっています。

 現地では感染が急速に拡大していることにパニックになった住民らがスーパーマーケットに押し寄せる様子が見られたほか、公共の場に複数人で集まることが禁止された地域では人の姿がほとんど見られなくなりました。

 また、中東のイランでも感染が広がっていて、19日に新型コロナウイルスの感染者2人が死亡したことが明らかになりましたが、23日の時点では43人の感染を確認。8人が死亡したということです。

 この事態を受け、イランの隣国トルコの保健省は23日、イランとの国境を一時閉鎖すると発表。各国が感染拡大への警戒を強めています。

//////
習近平国家主席「状況は依然厳しく複雑」

 中国の習近平国家主席は、新型コロナウイルスによる肺炎対策を話し合う会議で「状況は依然厳しく複雑」と話し、感染拡大防止と国内経済の早期回復を指示しました。

 中国国営の中央テレビによりますと23日、共産党の最高指導部のメンバーらも参加する会議で習近平国家主席は、新型コロナウイルスの感染拡大について「建国以来最も大きな公衆衛生の事件だ」と指摘。「新型肺炎の状況は依然厳しく複雑であり、予防とコントロールはいま最も肝心な段階」と強調し、感染拡大防止へ引き締めを図りました。

 また、「生産と生活秩序を徐々に回復させ、今年の経済社会の発展目標を実現するために努力しなければならない」と、国内経済の早期回復を指示しました。

 習指導部は、貧困をなくし少しゆとりのある社会=「小康社会」を今年中に実現することを国家目標に掲げています。国際通貨基金が成長率の見通しを下方修正するなど中国経済の停滞が懸念される中、目標の実現へ動きを加速させたい狙いがあるとみられます。
//////
ウイルス感染の米国人 チャーター機帰国に大統領激怒 米報道

 クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」から下船したアメリカ人のうち、新型コロナウイルスへの感染が確認されていた14人をチャーター機に乗せて帰国させたことについて、トランプ大統領が、事前の相談がなかったなどとして激怒したと、アメリカのメディアが伝えました。

アメリカ政府は今月17日、「ダイヤモンド・プリンセス」に乗っていたアメリカ人乗客のうち、300人以上をチャーター機で帰国させましたが、このうち14人については、下船して羽田空港行きのバスに乗ったあとに新型コロナウイルスへの感染が知らされ、国務省は、機内で隔離することで、ほかの乗客への感染を防ぐことができると判断し、帰国させることにしたとしています。

これについて、アメリカの有力紙、ワシントン・ポストは21日、政府関係者の話として、トランプ大統領が、担当者からの事前の相談がなかったなどとして激怒するとともに、政権に打撃を与えかねないと不満を述べたと伝えました。

トランプ大統領には、事前の説明で、ウイルスへの感染が確認されたり、症状がみられたりする乗客は日本にとどまると伝えられていたということです。

また、ワシントン・ポストは、トランプ大統領が、アメリカで大規模な感染が起きれば、大統領選挙でのみずからの再選に影響が出かねないと懸念していると伝えています。

//////
英、ダイヤモンド・プリンセス下船の帰国者4人“陽性”

 イギリス政府は23日、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」から待避し帰国したイギリス人のうち、4人が新型コロナウイルスの検査で陽性だったと明らかにしました。

 イギリス政府は、日本時間22日に「ダイヤモンド・プリンセス」に乗っていたイギリス人乗客で帰国を希望した人のうち、検査で陰性だったりコロナウイルス関連の症状を示していなかったりした30人をチャーター機で帰国させました。ところが、このうち4人が帰国後に陽性と判明、感染症を専門とする病院に移送されました。

 イギリスメディアによれば、日本にいる間に行われた検査結果が23日まで出なかったということです。これで、イギリスの感染者は13人となりました。先に感染が確認された9人のうち、8人は既に退院しています。

 チャーター機で帰国したイギリス人らは、リバプール近郊の医療施設で14日間の隔離が始まっています。

//////

安倍首相、基本方針の策定を指示

 政府は新型コロナウイルス対策本部を開き、安倍総理は患者数が大幅に増えた場合を想定して、重症化を抑えるための医療態勢の整備を進めると表明しました。

 「今後、国内で患者数が大幅に増えた時に備え、重症者の発生を抑制する観点から、重症化防止を中心とした医療提供態勢を早急に整える必要があります」(安倍首相)

 安倍総理は、「感染経路の明らかでない患者が国内の複数地域で発生している」と警戒感を示したうえで、国だけでなく自治体の医療関係者らとの協力をさらに強めていく考えを示しました。

 また、国民や企業などに対して感染防止策や医療態勢等を具体的に提示するため、総合的な基本方針を早急に策定することや、インフルエンザの治療薬「アビガン」の活用についても取り組むよう指示しました。

 今月16日に対策本部が開かれた際には、小泉環境大臣、森法務大臣ら3閣僚が地元日程を優先し、政務官などの政務三役を代理出席させて批判を受けましたが、23日はG20に出席している麻生副総理兼財務大臣を除いてすべての閣僚が出席しました。
//////

イラン選挙、反米保守強硬派が圧勝

 イランの国会議員選挙は、反米の保守強硬派が圧勝し、アメリカとの対立がさらに先鋭化する可能性が出てきました。

 イラン内務省は23日、議会選挙の開票結果を公表し、地元メディアによりますと、反米の保守強硬派が7割以上の議席を獲得して圧勝しました。核合意をまとめ、国際協調路線を進めてきたロウハニ政権側は惨敗し、アメリカとの対立がさらに先鋭化する可能性が出てきました。

 投票率は、イスラム革命後、最低の42.57%で、最高指導者のハメネイ師は「“敵国メディア”が新型コロナウイルスの危機に乗じ、国民の投票を妨害する工作を展開した」と主張しています。

//////

イランで地震、隣国トルコで9人死亡

 イラン西部で23日、マグニチュード5.7の地震が発生し、隣国トルコで少なくとも9人が死亡しました。

 アメリカ地質調査所によりますと、イラン西部で23日、マグニチュード5.7、震源の深さが6.4キロの地震が発生しました。震源は隣国トルコとの国境付近で、トルコの保健相は、国内でこれまでに少なくとも子ども3人を含む9人が死亡、50人がけがをして、うち9人が重傷だと発表しました。1066の建物が倒壊し、一時、複数の人がその下敷きになっていましたが、レスキュー隊によって救出されたということです。

 また、国営イラン通信も、国内で少なくとも75人がけがをして、うち6人が病院に搬送されたと伝えました。

 およそ10時間後にはマグニチュード6.0の地震も起きていて、今後、さらなる被害が出るおそれもあります。

//////

イスラエル、日韓に滞在した外国人の入国拒否へ

 イスラエル政府は、過去14日間に日本と韓国に滞在した外国人の入国を24日から拒否すると発表しました。

 新型コロナウイルスの感染が拡大していることを受けてイスラエル政府は23日、過去14日間に日本と韓国に滞在した外国人の入国を24日から拒否すると発表しました。また、日本と韓国から帰国したイスラエル人にも14日間の自宅待機を義務づけるということです。

 日本と韓国への渡航をめぐっては、アメリカの国務省が22日、日韓両国への渡航警戒レベルを4段階中の下から2番目にあたるレベル2の「注意の強化」に引き上げ、高齢者や持病のある人に対して両国への不要不急の旅行は延期を検討するよう求めるなどしていました。
//////

欧州・中東でも感染増 カーニバルが中止に

新型コロナウイルスの感染拡大がヨーロッパ・中東でも急速に進んでいる。

地元メディアによると、イタリアでは北部を中心に新型コロナウイルスの感染が拡大し、これまでに152人が感染し3人が死亡した。感染拡大をうけミラノで一部のファッションショーが無観客になったほか、ベネチアで開催中だったカーニバルが中止になるなど影響が出ている。

一方、中東イランでも感染が急速に拡大。最初の感染者が見つかってから5日間で43人の感染が確認され、死者数は中国に次いで多い8人となっている。

国境を接するトルコがイランからの飛行機や鉄道の乗り入れ停止を発表するなど、周辺国も感染者の流入を防ぐための対応に追われている。
//////
韓国で新型コロナ763人に 国会取り消し

新型コロナウイルスの感染者の急増が続く韓国では、24日午前までに新たに161人の感染が確認され、合計で763人となった。

韓国の保健当局は24日午前、新型コロナウイルスの感染者が新たに161人確認され、あわせて763人になったと発表した。死者も1人増え、7人になった。

感染者の大半は、集団感染が起きた新興宗教団体の教会がある南東部の大邱市とその周辺に集中していて、保健当局はこれらの地域の住民に対し、今後2週間、外出の自制など移動を最小限にするよう要請している。

感染者の急増が続く中、韓国政府は23日、感染症の危機警報を最高レベルの「深刻」に引き上げていて、韓国メディアによると、韓国の国会は、24日に開かれる予定だった本会議を急きょ取り消したという。
//////
クルーズ船で3人目の死者、80代男性が死亡

 厚生労働省は、クルーズ船に乗っていた80代の男性が肺炎のため死亡したと発表しました。クルーズ船に乗っていて死亡した人は合わせて3人となりました。

 「横浜港で検疫中のクルーズ船に関連した患者が死亡されましたので、お知らせをいたします。お亡くなりになった方のご冥福をお祈り申し上げます」(厚労省の会見)

 厚労省によりますと、死亡したのは日本人の80代の男性です。23日に死亡が確認され、死因は肺炎だったということです。

 男性には基礎疾患があり、今月5日にクルーズ船が横浜港に帰港して以降に症状が出たため、医療機関に搬送されて治療を受けていました。

 厚労省は、遺族の了解が得られなかったとして男性が新型コロナウイルスに感染していたかどうかや、乗客か乗員かについても明らかにしませんでした。

 クルーズ船に乗っていた人で死亡したのは合わせて3人で、年齢は全て80代です。
//////

北海道の感染者26人に、小学校の給食配膳員も

 北海道は、旭川市の隣の美瑛町に住む20代の男性消防士や石狩地方の20代の女性など、23日だけで男女8人の感染を確認したと発表しました。

 石狩地方の女性は人口呼吸器をつけ入院中で、重体だということです。北海道内の感染者は26人に上ります。

 一方、22日に感染がわかった江別市の50代の女性は、小学校の給食の配膳員でした。市は、女性がマスクと手袋をしていたことから、児童やほかの教職員と濃厚接触した可能性は低いと説明しています。

 市は、校舎を消毒したうえで、連休明けの授業は通常通り行う予定です。

//////
加藤厚労相「下船後は毎日健康確認」

 加藤厚生労働大臣は、クルーズ船を下船した栃木県の60代女性から新型コロナウイルスへの感染が確認されたことを受け、下船した人へ電話で毎日、健康確認を実施することを明らかにしました。

 「下船後、定期的に実施することとしていた健康確認は、電話をして状況を確認するということですが、これを毎日実施する」(加藤勝信 厚生労働相)

 加藤厚労大臣はこのように述べた上で、クルーズ船の下船者に対し、周囲と接触する際はマスクを着け、公共交通機関の利用は避けるよう各地の保健所を通じて要請したということです。

 加藤大臣は感染の現状について「国内発生の早期だが移行期にある」として、24日に専門家会議を開いたうえで25日にも総合的な基本方針をとりまとめ、国民に示す考えを明らかにしました。

//////

新型コロナウイルス 国内感染者838人(クルーズ船含) 中国・日本以外の感染者は1178人(国別人数)



 各地の自治体によりますと、北海道で合わせて9人の感染が確認されるなど、23日新たに12人の感染が確認されました。これで国内で感染が確認された人は、日本で感染した人や中国からの旅行者などが133人、クルーズ船の乗客・乗員が23日57人増えて691人、チャーター機で帰国した人が14人の、合わせて838人となっています。

都道府県別では、
▽東京都が29人。
▽北海道が26人。
▽神奈川県が16人。
▽愛知県が17人。
▽和歌山県が13人。
▽千葉県が10人。
▽熊本県が3人。
▽沖縄県が3人。
▽石川県が2人。
▽京都府が2人。
▽福岡県が2人。
▽栃木県が1人。
▽埼玉県が1人。
▽三重県が1人。
▽奈良県が1人。
▽大阪府が1人。
▽それに厚生労働省の職員や検疫官などが5人です。

中国・日本以外の感染者は1178人
NHKのまとめでは、中国と日本以外で新型コロナウイルスの感染者が確認された国と地域は29に上り、感染者は合わせて1178人となっています。

国や地域別では、
▽韓国が602人、
▽イタリアが152人、
▽シンガポールが89人、
▽香港が73人、
▽イランが43人、
▽タイが35人、
▽台湾が28人、
▽マレーシアが22人、
▽ドイツ、ベトナム、アメリカが16人、
▽オーストラリアが15人、
▽UAE=アラブ首長国連邦が13人、
▽フランスが12人、
▽マカオが10人、
▽イギリスとカナダが9人、
▽インドとフィリピンが3人、
▽ロシアとスペインが2人、
▽ネパール、カンボジア、スリランカ、フィンランド、スウェーデン、ベルギー、エジプト、それにレバノンが1人となっています。

このうち、亡くなった人は、
▽イランで8人、
▽韓国で5人、
▽イタリアで3人、
▽香港で2人、
▽フィリピン、フランス、台湾で1人となっています。

このほか、クルーズ船、「ダイヤモンド・プリンセス」から下船して、今月17日にチャーター機でアメリカに帰国した300人余りのうち、18人の感染が確認されています。

また、本格的な下船が始まった今月19日以降に下船した乗客のうち、それぞれの国や地域に戻ったあとに感染が確認されたケースは、
▼オーストラリアで7人、
▼イギリスで4人、
▼イスラエルで1人、
▼香港で1人となっています。


//////
コロナウイルス 中国の死者2592人 新たに150人確認


中国では新型コロナウイルスに感染した人が7万7000人に上り、死亡した人は2500人を超えました。こうした中、来月5日から始まる予定だった全人代=全国人民代表大会の延期が24日にも決まる見通しで、政治日程にも大きな影響が及ぶことになります。

中国の保健当局は新型コロナウイルスに感染して23日新たに150人の死亡が確認され、中国での死者は2592人になったと発表しました。また中国での感染者の数は、新たに409人増えて、合わせて7万7150人となりました。

中国メディアは、23日、全国に31ある省や直轄市、自治区のうち24で新たな感染が確認されなかったと伝えています。ただ、習近平国家主席は依然として感染の拡大に危機感を示していて、北京では24日午前中から全人代=全国人民代表大会の常務委員会が開かれ、重要政策を決める全人代の日程などについて審議されています。

全人代は来月5日から始まる予定でしたが延期を正式に決めるものとみられ、今後の政治日程にも大きな影響が及ぶことになります。

一方、中国の保健当局によりますとWHO=世界保健機関が主導する国際的な調査チームのメンバーが23日までの2日間、感染状況が最も深刻な湖北省武漢で調査し、保健当局と意見交換を行ったということです。 
//////