ピコ太郎が「PPAP」2020年版発表、正しい手洗い伝える



 シンガーソングライターのピコ太郎が4月4日、世界的に大ヒットした「PPAP(Pen Pineapple Apple Pen)ペンパイナッポーアッポーペン」の新バージョン「PPAP-2020-」を発表した。

「PPAP-2020-」は、おなじみの「PPAP」のリズムに乗せて、丁寧な手の洗い方を伝える、いわゆる“手洗いソング”。歌詞が「ペン」や「アッポー」から、「ハンド」「ソープ」などに変わり、「ウォッシュ!ウォッシュ!」と連呼する。公開された動画は、この歌に合わせて、ピコ太郎が手洗いの仕方を教えてくれる、という内容だ。

ちなみに、「ハンド」「ソープ」「ウォッシュ」の3つのワードでなぜ「PPAP」なのかについては、動画の最後で、キレイになった手と手を合わせて「Pray for People And Peace(人々と平和のために祈る/PPAP)」と伝えている。

ピコ太郎はInstagramを更新し、「ピコ太郎から全世界に向けて…スマイルとSafe handsを求めて急遽作りました!洗え!笑え!守れ!さあ、みんなでWash!Wash!Wash!」とメッセージを投稿。「家で一緒にやってみよう」と呼びかけている。


/////

/////