岡山 PCR検査の陽性率2.9% 岡山市、全国平均下回る



  岡山市は28日、市内で実施している新型コロナウイルスのPCR検査で、3月16日〜4月26日の陽性率が2・9%となっていることを公表した。国が公表している全国平均の参考値10・4%(27日現在)を下回った。

 同日市役所で開いた新型コロナウイルスの対策本部会議で報告した。1週間ごとの陽性率の推移を見ると、市内初の1件の感染確認があった3月16〜22日は1日平均2・9件の検査があり、陽性率は5・0%だった。以降、検査数は増加したものの、陽性率は減少し、4月20〜26日の陽性率は1・0%となった。

 市保健管理課は「国平均より陽性率が低いのは、岡山市内で感染拡大を抑えられていることを示すデータの一つになる」としている。