岡山 上皇さまと上皇后さまが訪問された場所に記念碑設置 2018年の西日本豪雨 岡山・倉敷市



 2018年の西日本豪雨で、上皇さまと上皇后さまが訪問された倉敷市真備町に記念碑が3日、設置されました。

 倉敷市の伊東香織市長や地元の関係者らが見守る中、木製の記念碑がお披露目されました。

 上皇さまと上皇后さまは2018年9月、西日本豪雨で決壊した小田川を視察されました。現場では豪雨被害などの説明を受けられ、被災者に励ましの言葉を掛けられました。

 「上皇さま・上皇后さまが訪れた場所を知りたい」という被災者の声を受けて、記念碑を設置しました。

 小田川の堤防拡幅工事のため記念碑は一時、撤去されますが倉敷市では工事が終わり次第正式に設置する方針です。

(倉敷市/伊東香織 市長)
「住民の皆さんと共に、両陛下が私たちのことを心から思っていただいている、その思いを胸に復興に向けて頑張っていきたい」

/////
【西日本豪雨2年】河川や道路の復旧「順調に進んでいる」 岡山県の伊原木知事、引き続き仮設入居者の生活再建を支援する考え

岡山県の伊原木隆太知事は3日の記者会見で、西日本豪雨から2年を迎えることを受け、河川や道路の復旧については「順調に進んでいる」とした上で、引き続き仮設住宅に入居している被災者の生活再建支援に努める考えを示した。

 知事は被災箇所の約7割で復旧工事が完了し、さらなる治水対策として河川の樹木伐採などを進めていると説明。ソフト面でも、新型コロナウイルス感染予防対策を反映して避難所運営マニュアルを修正したことなどを挙げ「取り組むべきことはできている」と述べた。

 県内の仮設住宅で暮らす被災者は依然として2992人(6月末時点)に上っており「それぞれがどういう方向性を考えているか相談に乗りながら、伴走型支援で再建につなげたい」とした。

/////