東京都で新たに111人の感染確認 4日連続の100人超え ( 今のままなら 200越え! 確実!) / 東京都 再選果たした小池知事「望外の支援いただいた」


関係者によると、東京都できょう新たに111人の新型コロナウイルスへの感染が確認された。4日連続で100人を超えたことになる。

/////
東京都 再選果たした小池知事「望外の支援いただいた」


 東京都知事選挙で過去2番目となる366万票余りを得て再選を果たした小池知事は、記者団に対し、「望外の支援をいただいた。都民の皆さんの声をエネルギーにして進める」と述べ、引き続き新型コロナウイルスの対策や東京オリンピック・パラリンピックへの対応にあたる考えを示しました。

東京都知事選挙で再選を果たした小池知事は、6日午前9時半ごろ都庁に入り、記者団の取材に応じました。

このなかで小池知事は「2期目を負託されて責任の重さを改めて感じている。366万票という望外の支援をいただいた。よりしっかり働けという都民の皆さんの声をエネルギーとして、まずコロナ対策を進める」と述べました。

そのうえで、都内で感染の確認が連日100人を超え、不要不急の他県への移動を控えるよう呼びかけていることについて、「東京由来などと言われてちょっと戸惑うところはあるが地方は医療体制が厳しいところもある。1都3県で連携をとりながら東京の感染をまず防いでいくことに集中したい」と述べました。

さらに、「国との連携で行っていくべき課題はたくさんある。コロナ対策や、時間も迫っているオリンピック・パラリンピックの話もしていかなければならない」と述べ、国とさらに連携していく考えを示しました。

西村経済再生相「小池知事 発信力や行動力大きかった」 西村経済再生相「小池知事 発信力や行動力大きかった」
西村経済再生担当大臣は記者団に対し、「この間、連携しながら、新型コロナウイルス対策にあたってきたが、小池知事の発信力や行動力が大きかった。今まさに、次なる正念場を迎えるかもしれない時期にあるが、その発信力や行動力を生かして都民の皆さんへの呼びかけも含めて対応していただきたい。私もサポートしながら、小さな波で抑え込んでいけるよう連携して取り組んでいきたい」と述べました。
公明 斉藤幹事長「都民が政策の継続性を望んだ」
公明党の斉藤幹事長は記者団に対し「未曽有のコロナ禍で、都民が政策の継続性を望んだ結果ではないか。自民・公明両党と小池都政、そして国が感染拡大防止と経済活動の両立に向けて連携して進んでほしいという大きな期待の表れだと思う」と述べました。

一方で、衆議院の解散・総選挙については「国政では野党の一本化は進んでいくと思うので、今回の結果をもって与党の状況がよくなったとは決して言えない。特に東京では、じわりと感染が拡大しており、国民は不安に感じている。今は国民の命を守ることが最大の課題であり、解散は全く国民の理解を得られない」と述べました。

//////