岡山 「ホコテン!」10カ月ぶり開催 岡山・西川で食事や街歩き


 岡山市中心部の西川緑道公園筋を歩行者天国にしたまちづくりイベント「ホコテン!」(同市など主催)が29日、新型コロナウイルスの影響による中断を経て1月以来10カ月ぶりに開かれ、多くの家族連れらが訪れた。

 西川に沿った市道の県庁通り―桶屋橋南間(約240メートル)を交通規制した。来場者はテークアウトの食事を楽しんだり、伸び伸びと街歩きを楽しんだりしていた。感染対策のため、従来よりテーブルや椅子の間隔を空け、使用後はボランティアが消毒した。

 会場内の車道では、アーティストがチョークを使っただまし絵の制作を実演。西川緑道公園と近くの下石井公園では、人気店のカレーやダンスなどのステージを楽しめる「花・緑ハーモニーフェスタin西川」もあった。

 2歳の息子と訪れた女性(35)=同市北区=は「普段は車の通りが多い場所だが、小さい子どもがいても車を気にすることなく、安心して楽しめる」と話していた。