新型コロナ 県内で134人感染確認 14日連続100人超 (  岡山市の中学校でクラスター あの中学か? 中学公表の声も??)/ 5メートル離れても感染 エアロゾルに警戒  


県知事とともに、県民みんなで、感染を防ごう!  (  批判より「行動の和」を、、、非難より、寛容を、、)
岡山 感染者0519
伊原木知事「対策徹底を」
岡山G予想0515AN_JG
岡山 感染者推移0513

東京・北海道・岡山・広島に緊急事態宣言へ
全国感染者 0520

新型コロナ 県内で134人感染確認 14日連続100人超

 新型コロナウイルスは19日、県内で新たに134人の感染と2人の死亡が発表されました。
1日の感染者の発表が100人を超えるのは14日連続です。

新たに感染が確認されたのは、岡山市が73人、倉敷市が37人、総社市が6人、高梁市が4人、津山市と玉野市がそれぞれ3人、瀬戸内市が2人、赤磐市、真庭市、笠岡市、新見市、勝央町、鏡野町がそれぞれ1人のあわせて134人です。
このうち2人が中等症だということです。
岡山市の34人と、倉敷市の14人は感染経路がわかっていません。
感染者を年代別にみますと、10代が9人、20代が22人、30代が15人、40代が25人、50代が23人、60代が12人、70代6人、80代が5人、90代以上が2人、非公表が15人となっています。
1日の感染者の発表が100人を超えるのは14日連続です。
ただ1週間前の同じ曜日、過去2番目の感染者数となった12日水曜日に比べると、52人少なくなっています。
これで県内での感染確認は、のべ6508人となりました。
また岡山県と倉敷市は患者2人の死亡を発表しました。
これで県内で死亡した人は76人となりました。

岡山緊急事態宣言

/////

【新型コロナ】岡山県で134人感染、14日連続100人超 2人死亡、岡山市の中学校でクラスター

 岡山県で19日、新型コロナウイルスに感染し入院していた高齢者2人の死亡と、134人の新たな感染が判明した。岡山市内の中学校と高齢者入所施設で計2例のクラスター(感染者集団)が発生。県内での感染確認は6507人、死者は76人となった。1日当たりの感染者数が100人を超えるのは14日連続。



 新規感染者は岡山市が県外在住者1人を含む73人、倉敷市37人、総社市6人、高梁市4人、津山、玉野市各3人、瀬戸内市2人、笠岡、赤磐、新見、真庭市と勝央、鏡野町が各1人。

 岡山市がクラスターとした市内の中学校は、19日に判明した1人を含め生徒5人の感染が分かった。高齢者入所施設は発表済みの5人を合わせ、職員、入所者の計6人。市は学校名、施設名ともに非公表とした。

 岡山市の2人が中等症。調査中の6人を除いた128人のうち、57人の感染経路が不明という。

/////


〈新型コロナ〉岡山市内の中学校と高齢者施設でクラスター発生 岡山県で新たに134人の感染、2人死亡
ニュース 追加


子供の同級生がコロナ感染して3日間休校。その間検査して子供陰性。4日後学校再開。保護者も早い人は学校再開と同時に仕事復帰した人、私みたいに10日間有給使って休まされる人と様々。休み明けの月曜日に児童五人が咽喉痛で休み。保護者ら病院に連れて行って又検査…学校ヒヤヒヤ。最初に感染児童出て保健所、児童、教職員は濃厚接触者いないと言うが私ら保護者から見て濃厚接触者となる子いたぞと話ししたが…学校再開も早すぎるような。勤務先も考え違うから休み期間もバラバラ。保健所と学校の話しも?で…全てにおいてコロナに振り回されて困ってるのが実情…


〈新型コロナ〉岡山市内の中学校と高齢者施設でクラスター発生 岡山県で新たに134人の感染、2人死亡


私が通っている高校は同じクラスでコロナの感染者が出たんですが一緒の空間で食事をとっても濃厚接触者扱いにならず、全校生徒当てに「コロナ感染者が生徒の中で出ました」との手紙が出ただけでした。学生は無理をしてまでリスクを背負い街中に登校し、マスクをつけたままの授業も暑くて全く集中出来ません。休校やリモート授業などの対策をとって欲しいですが、担任の先生もなるべく対面授業にするよう指示を受けてるらしいです。自主休校したら授業に置いてかれるからするな、コロナにかかったら他人に迷惑をかけるなとうんざりです。。

学校名は控えさせてください。感染児童発症月曜日。濃厚接触者の定義は、発症2日前から接触。2日前は土曜日。学校休み。しかし、その前にスポ少とかで休憩等以外激しい練習とか一緒にやり、仲が良く一緒に行動してました。学校の授業も…感染した子に罪はありませんがその時はウィルス持ってたわけで…保健所は、濃厚接触者にはならない。病院側は、濃厚接触者で見て良いと…私は病院側の考えと同じであったのでもしもの事を考えて会社と話し合い、会社も同じ意見となり有給使って休む事となりました。休校期間、学校再開等なんか保健所、判断悪いと思いました。保護者みんな思ってます。

どこの学校かは教えてくれないですよね?!


保健所の判断が悪いような気がしますよね。
該当クラスのみのPCRですが、委員会やらで当該クラスと接触があった我が子。濃厚接触者には当たらないと保健所で働く先輩に確認はしたのですが。
翌週、違う学年でも陽性者が出ていました。
が、感染は学校ではないという。
人権とか云々とお知らせメールには書いていましたが、その方の人権保護も大切ですが周囲の事も考えて欲しい。
陽性者の一連の行動履歴は出すべきですよね。



///// 

医療ひっ迫で搬送困難も 救急隊員からは危機的状況を訴える声【岡山・岡山市】


医療機関のひっ迫で、救急車を呼んでも病院がなかなか見つからず搬送が困難になる事態が発生しています。
新型コロナ患者を病院に搬送する最前線の救急隊員からは、危機的状況を訴える声が上がっています。

感染拡大による病床のひっ迫で、搬送先がなかなか見つからず、笠岡市まで向かったケースも。
岡山市では新型コロナの患者の移送が大幅に増えていて、今月に入り宿泊療養施設や自宅で療養している人が重症化し、救急搬送されるケースも相次いでいるといいます。
救急体制を維持しようと、岡山市消防局は5月19日から救急隊の数をこれまでの21から22に増やしました。
状況に応じてさらに増やすことも検討しています。
現実味を帯びてきた医療崩壊を起こさないために。
私たちのひとり一人の努力が求められています。

/////

感染拡大で1週間の新型コロナ患者搬送件数が1.7倍に急増 岡山市消防局が救急隊を増隊【岡山・岡山市】


新型コロナウイルスに感染し、重症化するおそれのある患者の救急搬送が5月に入って急増していることから、岡山市消防局は19日から救急隊を増やして対応しています。

岡山市消防局ではこれまで3人1組で21の救急隊を作り救急搬送に対応してきましたが、19日から救急隊を1つ増やして対応に当たります。

5月3日から9日までの1週間で15件だった新型コロナ患者の搬送件数が、翌週には1.7倍増えました。

新型コロナウイルスの感染拡大で宿泊療養施設や自宅療養の患者が呼吸困難などの症状で救急搬送されるケースが相次いでいるということです。

また、搬送先の医療機関がなかなか決まらないケースも増えていて、搬送先が岡山市外に及ぶこともあるということです。

(岡山市消防局警防部救急課 日下靖也課長補佐)
「岡山市内の病院で完結しようとしていますけれども、急増に伴い、一番遠い所であれば笠岡市まで搬送したケースがあります。救急隊の増隊であるとかそういったことを考えて市民の安心につなげていきたい。」

岡山市消防局では今後の状況によって、さらに救急隊を増やすことも検討しているということです。
/////
 
岡山県 クラスター状況
5/1 倉敷市 会社
5/2 倉敷市 高齢者施設
5/2 岡山市 高齢者施設
5/3 岡山市 接待を伴う飲食店
5/3 岡山市 医療機関
5/4 倉敷市 高齢者施設
5/6 倉敷市 カラオケ店
5/10 倉敷市 接待を伴う飲食店
5/11 倉敷市 高齢者施設
5/13 笠岡市 社会福祉施設
5/14 新見市 会食
5/14 倉敷市 接待を伴う飲食店
5/16 岡山市 高齢者施設
5/16 総社市 医療機関
5/16 真庭市 高齢者施設
5/17 倉敷市 会食
5/17 岡山市 飲食店
5/18倉敷市 高齢者施設
5/18倉敷市 小売店
5/19岡山市 中学校
5/19岡山市 高齢者施設
5/20 岡山市 高齢者施設
5/20 岡山市 保育施設
5/20 高梁市 学生の会食


 
/////
5メートル離れても感染 エアロゾルに警戒 (「変異株は、マスクあり 5メートル で感染 ( マスク あり 換気あり)」)
5メートル離れても感染 エアロゾル 00
5メートル離れても感染 エアロゾル03




   変異株「N501Y」の感染が広がる中懸念されるのが飛沫感染よりも感染リスクが広範囲に及ぶ「エアロゾル感染」。専門家は県内でもこれまでに5m離れていても集団感染が確認された事例があるとして、マスクや手洗いなどのほか、換気の徹底を強く呼び掛けている。
山形市保健所の加藤所長は18日、山形市内でこれまでに発生したクラスターを例に出し、「従来株よりも変異株のほうがエアロゾル感染しやすいといわれている。部屋の中で2m、離れていれば飛沫感染だけだと大丈夫だが、エアロゾル感染では部屋の遠くのほうまで空気中を漂ってウイルスを含んだ微粒子がいく」と説明した。
これまで、従来型のウイルスでは「飛沫感染」への対策を中心に呼び掛けられていた。さらに、変異株の感染拡大とともに加藤所長が強調したのは、小さな粒子が空気中に漂い、広範囲に感染リスクがある「エアロゾル感染」。飛沫感染は人との距離を2m以上取り、アクリル板やビニールシートなどで感染対策が十分に可能だが、エアロゾル感染の場合、飛沫よりも小さな粒子が空気中を漂うため、5m離れていても感染した事例があるという。
加藤所長は「会社のオフィスや飲食店でもあるエアロゾル感染を防ぐ唯一の方法はしっかりとした換気」と話し、換気の徹底を強調する。
厚生労働省も全国の事例として、換気不足が原因で病院内でクラスターが発生した可能性を指摘した。その上で、4月、47都道府県などに対し、医療機関で十分に換気ができているか確認するよう通知した。厚生労働省は30分に1回以上、数分間にわたって窓を全開にし、室内の空気がすべて入れ替えるよう呼び掛けている。
加藤所長は「これからは寒くないので窓をあけっぱなしにすることもできる。換気についてもこれまで以上に徹底してほしい」と話す
。また、マスクをしていも感染した事例があるとして、予防効果の高い不織布製の着用を呼び掛けている。
 
知識のアップデート
5メートル離れても感染 エアロゾル02
5メートル離れても感染 エアロゾル

/////
参考

/////