岡山 “緊急事態宣言下”での2学期スタート 県外への修学旅行やイベント中止も【岡山・岡山市】( 子どもの感染拡大 を防げ  子どもから「親」への逆現象??)
「学校閉鎖・休校」国が初の判断基準00



 岡山市の公立の小中学校で、30日、始業式が行われ、緊急事態宣言下での2学期が始まりました。

このうち、岡山市北区の大元小学校では、新型コロナウイルスの感染防止対策として、テレビ画面を通して始業式が行われました。

(大元小学校 岡賢一校長)
「岡山県では緊急事態宣言が出ています。2学期もきちんとマスクを着け、手洗いを続けていきましょう」

また、保健の先生が、マスクの正しい着け方や、ゼロ密を心がけるなど、改めて対策の徹底を呼びかけました。

このあと、児童たちは、夏休み中に取り組んだ宿題を提出したり、クラスメイトとの久しぶりの再会を楽しんでいました。

(児童は…)
「夏休みは公園に行ったり、いとこと遊んだりした。(久しぶりに友達と会えて)すごくうれしい」
(2学期の目標は?)
「2学期は理科を頑張りたい」「国語の漢字と文を書けるようになりたい」

大元小学校では、緊急事態宣言を受けて、県外への修学旅行や参観日などのイベントの中止が決まっています。
/////
地方でも子供の感染急増


/////