岡山市長選 立候補者の第一声 浦上氏、大森氏(届け出順) / 岡山市長選告示 2週間の舌戦スタート 



 浦上雅彦氏 市民ファースト実現

 長引く新型コロナウイルス禍で疲弊した市民に寄り添い、「市民ファースト」の政治を実現したい。子ども医療費無料化の対象を現在の就学前までから18歳以下に拡充し、小学生の給食費をなくす。有料ごみ袋も廃止し、家庭の負担を軽減する。コロナ対策では、PCR検査をいつでも何度でも利用でき、自宅、ホテルの療養者の容体が悪化した時には病院と同じ投薬治療を受けられる環境を整えたい。農地などの土地の開発規制を緩めて企業を呼び込み、税収を増やせば財源は十分に足りる。リーダーシップを発揮し、新しい岡山をつくっていく。

大森雅夫氏 政令市トップ目指す

 新型コロナウイルス対策は人の流れの抑制、ワクチン接種推進などの成果が出てきた。感染防止に全力を尽くし、事業者を支援する。防災は西日本豪雨を受けてハード、ソフトで対策している。氾濫を防ぐポンプ場整備を進め、自主防災組織の組織率が94%になった。市民の生命、財産を守るのが市長の使命だ。待機児童問題はほぼ解消できたが、障害児の受け入れなど残る課題と向き合う。子ども医療費は拡充を議会と相談している。まちづくりの取り組みは道半ば。住みやすい岡山をつくり、政令指定都市ナンバーワンを目指していきたい。
////

大森雅夫氏 は、交通都市政策は、評価できるが、コロナ対策・対応は、あまり評価できない。「ワクチンの遅れ(全国平均以下の速度)」「非公表」「子どものオンライン授業の遅れ」「ワクチンの検査体制」など問題山積。

浦上雅彦氏 は、コロナ対策の「理想」はいいが、どう実現するのか? は「未知数」か?
どうやって市民ファーストを実現するのか? SNSの使い方等が不慣れの人?がどう実行するのか??

////
現新一騎打ちの戦いに…岡山市長選告示 2週間の舌戦スタート【岡山・岡山市】

任期満了に伴う岡山市長選挙が9月19日告示され、現職と新人の2人が立候補しました。投票は10月3日で2週間の選挙戦が始まりました。

岡山市長選挙に立候補したのは、届け出順に新人で前の岡山市議会議長の浦上雅彦さん(56)、現職で3期目を目指す大森雅夫さん(67)のいずれも無所属の2人です。

(浦上雅彦候補)
「岡山のプライドを見せたい。岡山の団結力。岡山のみんなが大切に思っていることを守る。岡山のみんなで決める。岡山の意思を岡山市政に反映する、これが一番ではないかとずっと思っていた」

(大森雅夫候補)
「住みやすいまち、これは1つのことではできない。多くの住みやすさの要素がある。それを1つ1つこなしていく。そして政令指定都市、日本を代表する都市の20都市の中でナンバーワンを目指していく」

選挙戦では現職の2期8年の市政運営への評価や新型コロナウイルス対策、まちづくりの進め方などが争点となる見込みです。

県都のリーダーを選ぶ岡山市長選挙は10月3日投票で、即日開票されます。


////
岡山市長選挙が19日告示 現職と新人の争いに

任期満了に伴う岡山市長選挙が19日告示され現職と新人
合わせて2人が立候補を届け出ました。

岡山市長選に立候補したのは届け出順に
無所属新人で前・岡山市議会議長の浦上雅彦さん(56)と
無所属現職で3回目の当選をめざす大森雅夫さん(67)です。


( 無・新 浦上雅彦候補 )
「岡山市民のための岡山市民による岡山市政、みなさんの
負担は減らすけど増収してる、こういう循環、これが一番最高」

( 無・現 大森雅夫候補 )
「まちづくり、着々と動いていますがまだまだ道半ば
政令指定都市、日本を代表する20都市の中でナンバー1を目指していく」

今回の岡山市長選は現職の2期8年の市政運営に対する評価や
新型コロナ対策などが争点となる見込みです。

また前回、4年前の投票率が28.35パーセントと過去最低となっていて
投票率の底上げも課題となっています。

岡山市長選挙は10月3日投開票であすから期日前投票が行われます。
////