岡山 「中秋の名月」岡山城天守閣照らす 8年ぶり満月、夜空に浮かぶ / 岡山・後楽園の「秋の幻想庭園」中止に コロナ禍受け岡山県
中秋の名月0921jpeg


岡山 「中秋の名月」岡山城天守閣照らす 8年ぶり満月、夜空に浮かぶ

  旧暦8月15日の夜に見える月、「中秋の名月」を迎えた21日、岡山県内でも満月が夜空に浮かんだ。美星天文台(井原市)などによると中秋の名月が満月に重なるとは限らず、2013年以来8年ぶりにそろったという。



 県内の月の出は午後6時半ごろ。満月が放つ光は、大規模改修が行われている岡山城天守閣(岡山市北区丸の内)をほのかに照らし出した。

 岡山城近くの石山公園(同石関町)ではスマートフォンで、幻想的な十五夜を写真に収める人も。毎年、同公園に月見に訪れる女性(78)=同北区=は「満月のためか、特別大きく見えた。とてもきれい」と話していた。
/////

中秋の名月 月夜の津山城址で最先端電子楽器パフォーマーがコンサート【岡山・津山市】


21日は中秋の名月でしたが、月夜の津山城址では最先端電子楽器パフォーマー薮井佑介さんのコンサートが開かれました。

押したり滑らせたりするなど、指づかいで自在に音が変わる5次元キーボード。
岡山市出身の薮井佑介さんは、最先端の楽器を駆使しひとりでオーケストラサウンドを生み出します。
感染拡大防止のためコンサートは無観客で開催されましたが、地元の幼稚園児などが作った灯籠が会場を彩りました。
岡山県の次世代アーティストの支援事業として行われたコンサートは、薮井佑介さんの公式YOUTUBEチャンネルで配信予定です。

/////

岡山・後楽園の「秋の幻想庭園」中止に コロナ禍受け岡山県

岡山県は22日、新型コロナウイルスの感染状況が見通せないとして、岡山市の後楽園を夜間にライトアップする恒例行事「秋の幻想庭園」を中止すると発表した。



 今年は11月19~28日に開催を予定していた。会期中は開場時間を午後8時半まで延長し、園内を竹灯籠やあんどん、投光器で彩るほか、しめ縄づくり体験といったワークショップも計画していた。

 幻想庭園は毎年、春、夏、秋の3会期で開催。今年はコロナ禍を受け、春会期(4月30日~5月9日)が中止になり、夏会期(8月1日~22日)も6日間の開催にとどまった。

 県と後楽園魅力向上委員会が主催し、岡山市と山陽新聞社が共催。

/////