岡山 後楽園を夜間ライトアップ「幻想庭園」 コロナ影響で中止に


 秋の紅葉の時期にあわせて、岡山市の後楽園が夜間ライトアップされる恒例のイベントが、ことしは新型コロナウイルスの感染状況が見通せないため、中止されることが決まりました。

後楽園で毎年、春と夏、それに秋に行われている「幻想庭園」は、夜間にライトアップされた幻想的な風景を楽しむことができるイベントで、去年の秋は感染対策を行った中で実施され、岡山城の「烏城桃源郷」と合わせておよそ3万5000人が訪れました。
ことしも紅葉が見ごろを迎える11月19日から28日まで開催される予定でしたが、県は「今後の感染状況が見通せない」として22日に中止を発表しました。
県によりますと、ことしの春と夏のイベントが、直前や期間中に中止となり関係者への影響が大きかったため、秋は早い段階で中止を決めたということです。
県都市計画課は「残念だが、コロナ禍という状況でご理解をいただきたい。来年に向けて夜の庭園を楽しんでもらえるイベントを、改めて考えていきたい」としています。