岡山 小学1年~58歳の157人が計算技能競う「そろばんコンテスト」 珠算教育の普及を【岡山・岡山市】


 そろばんを使った計算技能を競うそろばんコンテストが岡山市で開かれています。

緊張感漂う会場でパチパチとそろばんの玉を弾く乾いた音が響きます。

このコンテストは、珠算教育の普及などを目的に岡山県商工会議所連合会と日本珠算連盟岡山県連合会が開いたものです。

競技は、かけ算やわり算など6つの種目の合計点で競う個人と団体競技のほか、画面に現れては消える数字を暗算するフラッシュ暗算などの種目別競技も行われ、23日は小学1年から58歳の157人が参加しました。

(参加した児童は)
「難しかった。」
「いつも通りできました。」

例年、各部門の上位2人は全国大会に進みますが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で2021年の大会は中止となっています。