岡山 女子高校生顔殴られる事件相次ぎ警察傷害事件で捜査 岡山市


 8月から9月にかけて、岡山市内で通学途中の女子高校生が、男にいきなり顔を殴られる事件が相次いでいたことがわかりました。
警察は、同一人物による傷害事件と見て捜査しています。

岡山西警察署によりますと、9月15日の午前8時ごろ、岡山市北区西古松の県道の交差点で、女子高校生が自転車で通学途中に信号待ちをしていたところ、後ろから近づいて来た男に、無言でいきなり顔を殴られ、打撲などの軽いけがをしたということです。
高校生は男とは面識がなく、男の年齢は50歳から60歳くらい、身長は1メートル65から1メートル75センチほどで、上下とも紺色のかっぱを着て、シルバーの自転車に乗っていたということです。
また、この場所から2キロ余り離れた岡山市北区西長瀬の交差点でも、8月31日の朝、別の女子高校生が信号待ちをしていて、同じような特徴をした男に顔を殴られ、鼻の骨を折る大けがをしたということです。
警察は手口が似ていることから同一人物による犯行と見て、防犯メールなどで注意を呼びかけるとともに、現場周辺の防犯カメラの映像を解析するなど、傷害事件として捜査しています。