岡山 星野仙一さんの“聖地”閉館 全国からファンが訪れ別れ惜しむ 
星野仙一 ありがとう
星野仙一「夢」


岡山県倉敷市が生んだ球界のスター・星野仙一さんの記念館が11月30日閉館しました。閉館を受けて多くのファンや関係者が駆け付けました。





オープン当時の星野仙一記念館

 少年時代の星野さんが最初に買ってもらったグラブや2003年に阪神の監督としてリーグ優勝を決めた試合で着ていたユニフォームなど、星野さんゆかりの品が並ぶ記念館です。

 11月に閉館が発表されて以降、全国から約8200人が訪れました。

(岐阜県からのファン)
「こちらに伺えば星野さんに会えるという、そういった場所で、星野さんの聖地」
(兵庫県からのファン)
「寂しい。ここは星野さんと思い出の場所なので、そこがなくなるのは寂しい」

 星野仙一記念館は2008年3月にオープン。このとき北京オリンピックの野球日本代表の監督だった星野さんは、「展示はまだ完成していない」と話していました。

(星野仙一さん[2008年3月])
「本当に出来上がったというのは8月に北京で金メダルを取って初めて完成ということかな」

 北京オリンピックでは4位とメダル獲得はなりませんでしたが、その後も星野さんの活躍は続きます。

(記者リポート)
「開館後にも楽天ゴールデンイーグルスの優勝や野球の殿堂入りなど、星野さんゆかりの品が続々と集まりました」

 閉館を前に延原敏朗館長(80)は――

(星野仙一記念館/延原敏朗 館長)
「オリンピックでメダルを取れず悔しい思いをしましたが、楽天ゴールデンイーグルスの監督となり、2013年にはリーグ優勝、そして日本一になりました。そして、亡くなる前に殿堂入りの名誉ある賞をいただきました。これで記念館は全て完成しました」

 約1000点の記念館の品々は延原館長の意向で全て倉敷市へ寄贈されます。

(倉敷市/伊東香織 市長)
「我々大人や、子どもたちにも大きな力をいただいた。これからも監督の気持ちが伝わっていくように市として努めていきたい」

 倉敷市は今後、展示場所や方法を検討していくということです。

/////

今年の新語・流行語大賞は世界が熱狂「リアル二刀流」/  大谷翔平選手 の「読書とその方法」/ イチローさん 野球人生第2章 高校球児に伝えたかったこと
//
大谷翔平選手 の「読書とその方法」

刺激的な 素晴らしい「動画」
イチローさん 野球人生第2章 高校球児に伝えたかったこと
https://www.youtube.com/watch?v=XLD_Aq9Q47c 
 //
流行語2021 ショータイム


今年の新語・流行語大賞は世界が熱狂「リアル二刀流」

 今年の世相を表す「ユーキャン新語・流行語大賞」の年間大賞に選ばれたのは、やはり、あの人でした・・・。

 「年間大賞は、リアル二刀流、ショータイム」

 「新語・流行語大賞」の年間大賞に選ばれたのは、投打で世界を熱狂させた大谷翔平選手の「リアル二刀流」と「ショータイム」です。「2回の手術でも二刀流をあきらめず、ゴミを拾い、審判に敬意を払い、雄たけびがクール、笑顔がキュート、大谷選手のすごさを挙げればきりがない」と、選考理由が紹介されました。

 また、トップテンには、コロナ禍でも大会開催に突き進む「商業主義」に批判の声もあがった国際オリンピック委員会のバッハ会長を指す「ぼったくり男爵」。パラリンピックの球技「ボッチャ」で金メダルを獲得した杉村英孝さんの「スギムライジング」など、東京オリンピック・パラリンピックに関する言葉も入りました。

東京パラリンピック ボッチャ 杉村英孝選手
 「ボッチャ杉村の代名詞として、これからも親しみを持って、感じてもらえたら、うれしく思う」

 また、コロナ禍で「外食自体がダメ」という印象が広がるなか、福岡のカレー店が呼びかけて全国に広がった「黙食」もトップテンに選ばれました。このほかにも、「Z世代」「親ガチャ」「ジェンダー平等」「うっせぇわ」などが選ばれています。

/////

大谷翔平選手 の「読書とその方法」 /大谷翔平選手「まだ早いので今回は辞退」国民栄誉賞辞退の意向


大谷翔平選手 の「読書とその方法」
12 大谷翔平 読書
15 大谷翔平 読書
16 大谷翔平 読書
17大谷翔平 読書
18 大谷翔平 読書
20 大谷翔平 読書
21 大対翔平 MVP
22 大谷翔平 お金?
39 大谷翔平とイチロー握手


大谷翔平の愛読書は中村天風「運命を拓く」その人生哲学や思想に迫る

////
「感謝と謙虚」
 
////
大谷翔平選手「まだ早いので今回は辞退」国民栄誉賞辞退の意向




松野官房長官
「賞の授与について、大谷選手側に打診したところ、まだ早いので今回は辞退させていただきたいとのことでありました」

「バンザイ三唱」ならぬ「おめでとう三唱」、大谷翔平MVP受賞にふるさとも歓喜

松野官房長官は先ほどの会見で、アメリカ大リーグ・エンゼルスの大谷翔平選手が、政府が打診した国民栄誉賞を辞退する考えを示したことを明らかにしました。

松野官房長官は「さらなる高みに向けて精進に集中をするという強いお気持ちと受け止めております。国民と共に大谷選手の来シーズン以降の一層のご活躍をお祈りをいたします。」と話しています。


////


ソフトバンク・王会長が大谷翔平のMVPに興奮 「ベーブ・ルースも喜んでいるだろう」



友達の大谷翔平00
友達の大谷翔平01

友達の大谷翔平02

友達の大谷翔平03

友達の大谷翔平08
友達の大谷翔平09
友達の大谷翔平10
友達の大谷翔平06
友達の大谷翔平07



 
ソフトバンクの王貞治球団会長(81)が、ア・リーグMVPに選出されたエンゼルス大谷翔平の栄誉を興奮気味に喜んだ。19日午後に宮崎での秋季キャンプの練習を視察後に対応。二刀流選手の先駆け的存在でもあるベーブ・ルース氏の名前を挙げて声を弾ませた。

 「選ばれるだろうとは思っていたけど、まさか、満票とはね。アメリカってのはホームランの国ですから。僕が思っていたのがベーブ・ルースという名前が出て来ないかなと思っていたら、こんなにはっきりと出てきてね。ベーブ・ルースも喜んでいるだろうと思います。投手としてもあれだけ頑張ってくれてね、彼のMVPは、本当に本当に価値がありますよね。来年も大変になるが楽しみだよ」

///// 

39 大谷翔平とイチロー握手


刺激的な 素晴らしい「動画」
イチローさん 野球人生第2章 高校球児に伝えたかったこと


/////
イチローさん 野球人生第2章 高校球児に伝えたかったこと


2020年12月、智辯和歌山高校野球部を指導に訪れたイチローさん。
高校球児との3日間を取材しました。

2020年の12月2日。イチローさんが智辯和歌山高校へやってきました。
この日から3日間、37人の高校生と向き合います。
イチローさんにとっては指導者として過ごす初めての3日間。
イチローさんが選んだ智辯和歌山は、甲子園、春夏合わせて38回出場優勝3回の強豪校です。
イチローさんが語る、プレッシャーとの戦い方、教育論とは。
一緒に動いてともに考え、きっかけを届けたイチローさん。
3日間を終え指導者としてどんなことを感じたのでしょうか。
たくさんの言葉を交わし、たくさんのプレーを目に焼きつけた選手たち。
イチローさんから最後のメッセージを託されます。

///
イチローさん 野球人生第2章 高校球児に伝えたかったこと


 2021年夏の全国高校野球で21年ぶり3回目の優勝を果たした智辯和歌山高校。その野球部を2020年12月にイチローさんが指導に訪れていました。イチローさんと高校球児との3日間の取材の模様です。

■独自の指導法と教育論を語る

イチローさん:
(高校生に教える理由は)メジャーで何年かやって、日本でも何年かやって。去年引退したおじさんが来たらちょっと嬉しいかなというのも・・・野球が好きな子たちは。高校で全国制覇を目指しているレベルは、一番最初に見たい。トップを見てみたい。

■野球人生第2章 初の高校生指導

 2020年12月2日、イチローさんが智辯和歌山高校へやってきました。この日から3日間、37人の高校生と向き合います。

イチローさん:
実際にこうやって会ってみて、熱量とか技術も含めてそれを実感したい。

 選手たちはやっぱり緊張。イチローさんにとっては、指導者として過ごす初めての3日間です。

野球部員:こんにちは!

イチローさん:
こんにちは。日本一を本気で目指しているチームの野球を、3日間だけなんですけど見させてもらいます。もちろんみんなと話もしたいし、楽しみに3日間過ごします。よろしくお願いします。

野球部員:よろしくお願いします。

 イチローさんが選んだのは智辯和歌山。甲子園、春夏合わせて38回出場。優勝3回(当時)の強豪校です。

記者:
どういうスタンスで彼らに向き合う?

イチローさん:
わからないです。だから今日1日は見てるだけ、と思っています。

 イチローさん、第1のアプローチ。それは練習を「見る」ことです。まず驚かされたのはその練習量。ミスが出ると・・・。

中谷仁監督:ジャンプ20!

 全員でジャンプ20回。しんどそう・・・。

イチローさん:
メジャーリーガーが見たらぶったまげるよね、この練習。これはすごいよ。

 テンポが速くて、そつのない練習。でもイチローさんは、だからこその心配があるといいます。

イチローさん:
ボールを投げる数がものすごく多いので、どうしたってそれは意識しなくても本能的に最後に向けて、最後まで体力が持つように調節してしまうのが人間だと思うので。そういう癖がつかなければいいなとは思うね。

 指導2日目、イチローさんが動きます。第2のアプローチは「伝える」ことです。

イチローさん:
練習が厳しいから、最後まで体力が持つようにどうしても動いちゃう。でも一回、強い球を投げられる限界を・・・そういう練習をして。

野球部員:はい!

 限界まで強い球を投げる。イチローさんはキャッチボールでその思いを伝えます。相手の選手にも意図は伝わっていました。

塩路柊季選手(当時1年):
始まった瞬間からもう球が強いので、びっくりするぐらい。そこから始まった時点でも結構鼓舞されてる感じというか。でもあの距離になってもっとさらに「投げてこい」みたいな感じだったので、いい感じの刺激みたいにはなったと思います。

記者:
(受けた相手も)イチローのメッセージを感じてくれたような・・・。

イチローさん:
そう思いました。必ず初めての子に強い球を投げるんですけど、それをしっかり受け取ってくれた感じは確かにしました。

 バッティングでもイチローさんは同じことを感じました。結果を求めるあまり、強く振れていないのです。

イチローさん:
とにかく遠くに飛ばす。とにかく右中間に飛ばす。

野球部員:
どうやって遠くに飛ばすんですか?

イチローさん:
距離が出るのって理由があるので、ちゃんとしたスイングしてないと出ない。バットをちゃんと振れる。全力で振れるようにしておくことが大事なの。試合でそれってなかなかできない。待っているところに投げてくれないから。練習では少なくとも全力で振れるようにしておかないと。試合でとてもバットは振れない。そういう理由。

 思いっきり振って遠くへ飛ばす。練習でそれができなきゃ、試合で強く振れるはずがない。イチローさんが実際に打席に入ってスイングを見せてくれます。どんなバッティングが見られるのでしょうか。イチローさんが打席に立ちます。

~カキン!(ホームラン)~

野球部員:おお、えぐい!やばい!

 遠くまで飛んでいくボールには何よりも説得力がありました。

野球部員:えぐいえぐい。やばい!

イチローさん:
キャッチボール、ベースランニング。あとはバッティング練習、バットするという行為ですね。これも基本中の基本で、それをしっかりできないで、上手くはなれないんですよ。上にも行けない。あんな純粋に野球がうまくなりたいと思っていて、しかも高校野球で負けられない。特に和歌山県の中ではもう絶対に負けられない立場にいて、だからプレッシャーの話を結構する子がいるんですよね。ただ状況によって生まれるプレッシャーを楽しめたらいいとか。いやいやいや、ありえないでしょう。その上で(プレッシャーがあるなかで)結果を残すしかないんですよ。それは伝えてあげたかった。そうすれば立ち向かえると思うんですよね。

■高校球児に伝えたかったこと

 イチローさん、第3のアプローチは「考えさせる」ことでした。選手たちは次々とイチローさんの元へ歩み寄り、質問をぶつけます。みんな積極的です。

宮坂選手:質問よろしいですか。2年生の宮坂です。外野手です。

別の高校生:質問良いですか・・・。

イチローさん:ややこしいのやめてよ(笑)

高嶋奨哉選手:2年の高嶋です・・・。

イチローさん:知ってるわ!(笑)

高嶋選手:
イチローさんはスローイングで意識していることはなんですか?

イチローさん:
力を伝える。胸を見せると力が伝わらなくなるので、腕で投げるのには限界があるんだよ。

 イチローさんの言葉は、今までの“当たり前”とは違っていました。それでもみんな、その意味を考え、理解しようとしています。

高嶋選手:
一つ一つ教えてくれたことがすごく響いて。イチローさんは基本的なことと言っているんですけど、僕からしたら初めて聞いたことばかりで、その意見をしっかり取り入れたいなと思いました。

 一緒に動いて共に考え、きっかけを届けたイチローさん。3日間を終え、指導者としてどんなことを感じたのでしょうか。

イチローさん:
教育って大事だなと思いました。相当厳しいですよ。教育する側、される側。される側からすれば、教育する側の先生たち指導者は、ある程度怖い存在でないと難しいでしょう。子どもの方が立場が強くなってしまったら教育できないですよ。そのバランスが絶妙でしたね。厳しいだけじゃ駄目です、もちろん。そこに愛情があるから成立するんですよ。そのバランスが素晴らしかったですね。

徳丸天晴選手(当時2年):
イチローさんが発した言葉一つ一つが、何か心に残るというか、イチローさんの発言一つに重みがありました。

沖寛太選手(当時1年):
生きていく中で絶対2つわかれ道がある上で、自分にとって厳しい方を選べる人間になってほしいというのを聞いて、すごく、一番心に残っています。

 たくさんの言葉を交わし、たくさんのプレーを目に焼き付けた選手たち。イチローさんから最後のメッセージを託されます。

部員:
とても貴重な経験ができ、夢のような時間を過ごすことが出来ました。3日間本当にありがとうございました。

イチローさん:
期待しています、頑張って。ちゃんとやってよ。頼むよ。ずっと僕見てるから。ちゃんとやってよ。ありがとう。

監督&部員:ありがとうございました!

イチローさん:ありがとうございました!

記者:
「ちゃんとやってね」の“ちゃんと”というのはどんな思いを込めたんですか?

イチローさん:
「ちゃんとやってね」なんて言ってないですよ。「ちゃんとやってよ」って。「ちゃんとやってよ」も時間3日間ないとできないんですよ。あれ1日目で出てこないですよ「ちゃんとやってよ」って。1日で終わってたら、できるだけそこに最後詰め込んで、硬い挨拶して「じゃあ頑張ってね」って。それで終わりですよ。この一言で、あの時間が思い出せるっていうワードなんですよ。「ちゃんとやってよ」って。見たらもし何かで。じゃあそれこそTシャツ作りましたと。ちゃんとやってTシャツ。ちゃんとやってよTシャツ作ったら、思い出すじゃないですか。それが長ったらしい文章で「1になに」とか、いやそういう話じゃないから。あの一言であの3日間を思い出せるんですよ。そういう言葉です。


/////