岡山県内は強い寒気 積雪や路面凍結による交通機関への影響注意

県内には強い寒気が流れ込んでいる影響で、2日にかけて山間部を中心に雪が降り、積雪となる可能性があり、気象台は、積雪や路面の凍結による交通機関への影響に注意するよう呼びかけています。

県内の上空に、この時期としては強い寒気が流れ込んでいる影響で、12月1日の最低気温は、新見市の千屋でマイナス0.6度、新見市で0.7度、真庭市蒜山で1度となるなど、各地で冷え込みました。
真庭市蒜山では、午前10時すぎに雪が降り、1000メートル級の山々もうっすらと雪化粧しました。
日中も気温は上がらず、最高気温は岡山市で11.4度、津山市で10.6度と寒い一日となりました。
また2日にかけては山間部を中心に雪が降り、積もる可能性があり、2日午後6時までの24時間の降雪量は、北部の多いところで5センチと予想されています。
県内では、この冬初めての雪となることから、気象台は、積雪や路面の凍結による交通機関への影響に注意するよう呼びかけています。