世界(地域/岡山)に目を向けグローバル 366 岡山県を中心にグローカル GPS APS

岡山 中心 グローカル 地域目線で、世界を思考していきたいですね!地域の紹介、世界の話題を考える。岡山県の善さをアピールしつつ・・そんな感じで・・ね。旅行、グルメ・B級グルメ・・、パワースポット・・、iPhone やAndroidに役立つ情報も・・(ジャニーズ ファンだった! あの日までは)

岡山 中心 グローカル 地域目線で、世界を思考していきたいですね! 地域の紹介、世界の話題を考える。岡山県の善さをアピールしつつ・・そんな感じで・・ね。旅行、グルメ・B級グルメ・・、パワースポット・・、iPhone やAndroidに役立つ情報も・・(ジャニーズ ファンだった! あの日までは)

岡山 園児の口に食べ物を無理やり押し込むなど保育所で不適切行為 岡山市が改善指導




岡山市の保育所が園児に対し、食べ物を無理やり口に押し込んだり狭い場所に閉じ込めたりしたとして市から改善指導を受けていたことが分かりました。


岡山市役所

 改善指導を受けたのは岡山市南区三浜町の企業主導型保育所、「あいぐらん保育園岡山福浜町」です。

 岡山市によると2023年9月から12月の間に保育士2人が園児に対し、食べ物を無理やり口に押し込む、狭い場所に閉じ込めるなどの不適切な保育をしたということです。

 2023年12月に匿名で情報を受けた市が施設の立ち入り調査や保育士への聞き取りをし、2024年1月に文書で改善指導をしました。その後、不適切な保育は確認されていないということです。

 保育士2人はすでに退職しています。

///
岡山市の保育所で不適切行為 口に食べ物押し込む、トイレ閉じ込め 市が改善指導

不適切行為_01


保育士が園児の口に食べ物を押し込んだり、狭い場所に閉じ込めたりする不適切な保育があったとして、岡山市が企業主導型保育所「あいぐらん保育園岡山福浜町」(同市南区三浜町)に市の規則に基づき改善指導していたことが17日、市などへの取材で分かった。

 市や運営会社(広島市)によると昨年9~12月、保育士2人が園児に対し、吐き出そうとした食べ物を手で口の中に押し戻す▽苦手な食べ物を無理やり口に押し込む▽部屋の隅の狭い場所やトイレに閉じ込める▽椅子に押し付けるよう乱暴に座らせる―といった行為をしたとされる。

 市は昨年12月、匿名の情報提供を受けて園を立ち入り調査し、保護者説明会の開催や改善計画書の提出などを文書で求めた。不適切な保育をしたとされる保育士2人は既に退職しているという。今後、改善の見込みがなければ勧告され、さらに従わなければ事業停止や施設閉鎖を命じられる。

 当時から在職している園長は取材には応じず、運営会社が「決してあってはならない。園内の研修などを通じ、改善に取り組んでいる」と説明している。

 園は2021年の開設。0~2歳児が対象で、定員は計12人。

 企業主導型保育所 企業が主に従業員向けに設ける認可外保育施設で、待機児童対策として2016年度に制度が始まった。開設や運営基準は認可施設より緩和されているが、国から認可並みの助成金を受けられるのが特徴。岡山県内には約80施設ある。


///
 

岡山 大雨による浸水被害に備えて岡山市が市民に「土のう」を配布 梅雨から台風シーズンまでの間 毎月1回配布予定【岡山】
大雨の備え
梅雨入り予想


能登半島地震(167日目) に伴う自衛隊派遣

熱中症「予防と処置」


岡山市は大雨による浸水被害に備えて、市民に役立ててもらおうと「土のう」の配布を行いました。

【写真を見る】大雨による浸水被害に備えて岡山市が市民に「土のう」を配布 梅雨から台風シーズンまでの間 毎月1回配布予定【岡山】

土のうの配布は、近年の局地的な大雨の増加を受けて行われているもので、岡山市内4つの会場で配布されました。そのうちのひとつ、浦安総合公園には、5000枚の袋と10トンダンプ6台分の土が用意されました。

配布場所には朝早くから大勢の市民が訪れ、土のうを作る姿が見られました。

(市民)
「なんかあったとき困るけえなあ。これなかったらやっぱしなあ。そりゃありがたいよ。」
「想定外のことが、最近集中豪雨が多いんで、まさかのための備えです」

岡山市による土のうの配布は、梅雨時から台風シーズンの間、毎月1回行われるとのことです。

///

岡山市が大雨の被害に備え土のうを無料配布 会場には約60tの土と5000枚の袋を用意



 大雨の被害に備え、岡山市で土のうが無料で配られました。

【写真】袋に土を入れる市民


大雨に備え 土のうを無料配布

 岡山市が毎年5月から9月まで月に1回行っているものです。

 岡山市中区桑野の会場には約60tの土と5000枚の袋が用意され、訪れた市民が袋に土を入れて持ち帰っていました。

(訪れた市民は―)
「今は田植え時期で用水へ水を張っている。それがこの雨でうちの団地でも5、6mは川の水が逆流して団地の側溝に入っている。低いところに土のうを置こうと思う」
「(17日からの雨でも)うちは大丈夫でした。家の周りは雨が降ると水たまりがたくさんできるので水たまりをなくしたいなと」

 18日は他に3カ所の会場が設けられました。次回の配布は7月7日の予定です。


/// 

岡山 電気自動車や充電設備などをレンタルするサービス開始 脱炭素社会の実現を目指し岡山県では初導入【岡山・倉敷市】



東京の大手商社の子会社が、企業に電気自動車や充電設備などをレンタルするサービスを倉敷市で始めました。

【写真を見る】電気自動車や充電設備などをレンタルするサービス開始 脱炭素社会の実現を目指し岡山県では初導入【岡山・倉敷市】

倉敷市に本社を置く車両の運送会社「エムズキャリー」で始まったのは、住友商事の子会社Hakobuneによる電気自動車のレンタルです。Hakobuneは、脱炭素社会の実現を目指し、電気自動車や、充電・発電の設備などを企業に貸し出す事業を行なっていて、岡山県内では初の導入です。

従業員が電気自動車を使う機会を増やすことで、普及を促すのも目的のひとつです。

(エムズキャリー 宮川光治社長)
「車を運んでいるなかでEV車(電気自動車)というのを、こんな車なんだ、こんないい車なんだというのを(従業員に)実感してもらいたい」

(Hakobune 高橋雅典社長)
「10年後に10万台、20万台こういった志を持ってですね、まずは一人でも多くの方に(電気自動車を)使っていただきたいというふうに思っています」

エムズキャリーでは、導入した6台を業務で使用するとともに、社員への貸し出しも行うということです。

岡山 自動車「型式指定」問題 メーカー7社との取引企業は岡山県内に1100社 関連産業への影響が懸念






民間の信用調査会社・東京商工リサーチによりますと、岡山県内には、トヨタ自動車、ホンダ、日産など国内自動車メーカー7社の取引先が、1次、2次を含め1102社(重複を除く)あることが分かりました。

 売上高では1000億円以上の企業が6社、10億円未満の企業が661社と半数を超えていています。また産業別では、製造業が336社(30.4%)、次いでサービス業他が202社(18.3%)小売業が199社(18.0%)と続きます。

 調査を行った東京商工リサーチは「型式指定申請の不正で、国土交通省はトヨタ自動車やホンダ、マツダ、スズキなど自動車やオートバイメーカー5社の一部に立ち入り検査に入り、行政処分が出る可能性もある。また不正の発覚で一部車種の出荷ができなくなっており、取引先への影響が懸念される」と分析しています。

岡山 障害者支援施設37歳職員逮捕 入所者に暴行しけがさせた疑い




 県内の障害者支援施設で、50代の男性の入所者に暴行しけがをさせた疑いで、37歳の職員が逮捕されました。
男性は病院に搬送された後、死亡したということで、警察はそのいきさつについても調べています。

逮捕されたのは、障害者支援施設の生活支援員で、赤磐市山陽に住む田端裕喜容疑者(37)です。
警察の調べによりますと、17日午前11時半ごろ、勤務する県内の障害者支援施設の廊下で、入所する50代の男性の顔を壁に複数回打ち付けるなどの暴行を加えてけがをさせた疑いが持たれています。
男性はその後、体調不良を訴え病院に搬送されましたが、17日午後4時半ごろ死亡したということで、病院から通報を受けた警察が、施設内の防犯カメラを調べ職員に話を聞くなどして捜査していました。
警察の調べに対して「イライラしていた」と供述し、容疑を認めているということです。
警察は男性が死亡したいきさつについても調べています。

今回の事件について障害者支援施設の管理者は、NHKの取材に対し「虐待防止のための研修を繰り返し行ってきたなかで起きた事件で、ことばが見つかりません。捜査に協力してまいります」とコメントしました。

///

岡山 入所者に暴行した疑いで逮捕された施設職員の男「イライラしていた」と供述 亡くなった男性の食事などを介助していた【岡山】




岡山県の障害者支援施設で入所者の男性にけがを負わせたとして、職員の男が逮捕されました。調べに対し男は、「男性に対しイライラした」と話しているということです。被害にあった男性は病院に搬送されましたがその後、死亡しています。

傷害容疑で逮捕されたのは、障害者支援施設の職員の男(37)です。警察によりますと男はきのう(17日)午前11時半ごろ、和気町にある障害者支援施設で入所者の50代の男性の顔を壁に複数回打ち付けるなどの暴行を加えけがをさせた疑いです。

男性は病院に搬送されましたがその後、死亡しました。警察が搬送先の病院から男性が死亡した旨の通報を受け、防犯カメラなど捜査を行い男の容疑を特定、けさ逮捕したものです。男は約15年前からこの施設に勤務し、亡くなった男性の食事などを介助する生活支援員でした。

(障害者支援施設の管理者)
「(容疑者の)いままで虐待という行為を目の当たりにしたことも無く。どちらかというと陽気で、利用者の皆さんを盛り上げていた1人です。申し訳なかったとしか言いようがないですね」

警察の調べに対して「男性に対しイライラしていた。私がやったことに間違いない」と容疑を認めているということです。警察では、殺人や傷害致死容疑も視野に捜査し、日常的な暴行があったかについても調べています。




/// 

このページのトップヘ