精神科診療所こらーる岡山閉院へ「大和診療所」が意志を受け継ぐ!/映画の舞台にも 診療所が閉院へ

岡山市北区岩田町の精神科診療所「こらーる岡山」が15日、閉院する。所長の山本昌知医師(80)は岡山県精神保健福祉センター所長を25年間務め、国内で3カ所目の社会復帰施設を造るなど患者を地域で支える体制を構築。入院中心だった精神科医療の転換に、ほぼ半世紀にわたり尽くしてきた。高齢により第一線からは退くが、足跡は着実に地域に根付いている。 「病気はあなたのほんの一部。あんまりとらわれちゃいかんよ」 10日、こらーる岡山で山本医師の言葉に女性(63)=赤磐市=はうなずいた。1987年にうつ病を発病後、入退院を繰り返していたが、山本医師の元へ通うようになってからは自宅でずっと暮らしている。 「しんどい時に先生に電話したら、すぐ駆け付けてくれた」と女性。山本医師の勧めで自らの体験を語る活動も始め、前向きに生きられるようになったと感じている。 山本医師が県精神衛生センター(現・県精神保健福祉センター)所長に就任した72年当時、自身を含め職員はわずか4人。その後、徐々に増やして外来や訪問診療を本格化させた。デイケアも開設し、自宅に引きこもりがちだった患者の居場所づくりに取り組んだ。 76年には社会復帰施設・県立内尾センター(岡山市南区内尾)を開設。デイケアのほか、患者が苦しい時に一時宿泊して休める施設を整備した。県内を4地区に分け、4人の医師がそれぞれ訪問診療する体制も整えた。 「地域で患者を支える拠点がなかった時代に、専門職を育てながら入院に頼らない支援を実践した」。元県衛生部長の大森文太郎万成病院名誉院長(82)は言う。内尾センターは2006年に廃止されたが、主な活動はNPO法人県精神障害者家族会連合会が受け継いでいる。 山本医師の原点は62年、駆け出しで赴任した病院での体験だ。患者たちが治療らしい治療を受けないまま何十年も入院。病棟は無断離院を防ぐため、出入り口には全て鍵がかけられていた。 「人として尊重される環境ではなかった」と山本医師。6年後、再びその病院に戻ると病棟の鍵を外し、退院に力を注いだ。だが、在宅を支える体制がないため、患者はすぐ再入院してくる。「キャッチャーのいない所へボールを投げ込むようだった」と振り返る。 97年に精神保健福祉センターを退職後、古民家風の診療所跡を借り、こらーるを開設。作業所を併設するとともに、診療所の運営委員会に患者を入れたり、患者が体験を語る活動を始めたりして「患者が主役の場」づくりに取り組んだ。2008年にはこらーるが舞台のドキュメンタリー映画「精神」(想田和弘監督)が公開され、注目を集めた。 閉院後、7月1日からは精神科の「大和診療所」(岡山市中区江崎)が同じ建物で診療し、山本医師も当面、非常勤で患者に向き合う。診療とは別に患者が自由に集える場も考案中で「病を抱えても孤立せず、その人らしく生きられる地域づくりをしたい」と話している。

//////
岡山 西川緑道公園 精神科診療所こらーる岡山閉院へ

//////
ドキュメンタリー映画「精神」(想田和弘監督)
//////
2009年07月03日
映画の舞台になった精神科診療所医師 山本昌知さん

映画の舞台になった
精神科診療所医師 山本昌知さん

精神科にカメラを入れる「タブー」を受け入れた。
ドキュメンタリー映画「精神」は患者の顔にモザイクを入れず、
自殺未遂を繰り返す人たちの診療風景を赤裸々に映す。

撮影は患者が会議で決めた。
「僕には覆せないんです」

患者の9割は出演を拒んだ。
理由の多くは、世間体を気にする家族の反対。
身内にさえ病気を隠す患者も。
そんな孤独が病気を作ると考える。

「人との関係が弱ければ治るものも治らない」。
苦しみを共有できる居場所づくりを目指し、宿泊施設や作業所
も備えた診療所を開いた。
97年に岡山県精神保健福祉センター所長を退職して決断した。

月給約10万円。「3分診療」とやゆされる精神医療の常識に
反し、約300人の通院患者の話に時計を気にせず耳を傾ければ、
そうなる。

必ず聞くのは
「あなたはどうしたいの?」。

プライド回復のため患者の主体性を尊重する。

70年代、閉鎖病棟の錠を外そうと、患者と話し合いを始めた。
犯罪歴のある患者たちは当初、鍵を掛けた医療側を非難したが、
次第に
「わしらもおかしいわな」。

不信感は消え、双方納得して錠を外した。
病棟にバレーボールを楽しむ声が響くようになった。

映画の最後に自死した出演者の名前が出る。
年間3万人超が自殺する今、約2割はうつ病とされ、
患者は増え続ける。

「人間を生産性基準でしか見ず、数値化できる部分だけ
 評価する。社会の価値観の狭さが病を生産する」

と憂える。 

【略歴】

山本昌知(やまもと・まさとも)さん

岡山市の診療所「こらーる岡山」代表。
映画「精神」は6月公開で、東京、札幌、金沢など全国で
順次上映。73歳。

/////
『精神』

 『精神』の撮影は、岡山県岡山市の「こらーる岡山診療所」を主な舞台として、2005年の秋と、2007年の夏に行われた。延べの撮影日数は30日程度。約70時間分の映像素材を得た。編集作業はニューヨークで行われ、約10ヶ月間を要した。

 監督である想田の義母・柏木廣子は、高齢者や障害者の在宅支援をするNPO法人・喫茶去の代表。柏木とこらーる岡山は、仕事上の関係が深く、想田はこの義母を通じてこらーるの存在を知り、2004年に撮影許可を申請した。こらーる岡山では、当事者主体の活動会議などで撮影許可の可否を論じ、監督が患者ひとりひとりから撮影の了解を得ることを条件に、受け入れを決めた。

 撮影の大部分は、想田と想田の妻で製作補佐の柏木規与子の2名で行われた。舞踊家・振付家である規与子は、以前こらーるの行事で踊りを披露したこともあり、患者の多くと既に顔見知りだった。今回の撮影では、カメラの横で想田の補佐をした。想田と規与子は機材持参で待合室などへ出向き、そこにいる人々ひとりひとりに自己紹介し、撮影許可を求めた。しかし、10人中8人から9人は撮影を拒んだ。患者の多くは、友人や職場の同僚、あるいは家族にさえ病気の事実を隠していた。撮影に同意してくれる患者が現れず、カメラを一切回すことができない日もあった。(敬称略)


「こらーる岡山」とは

こらーる岡山は、岡山県岡山市にある外来の精神科診療所。現在も代表を務める山本昌知医師が中心になり、1997年に設立された。当事者本位の医療がモットー。「こらーる(合唱)」という名前には、「病める人の声に、それを支援する人が声を合わせることによって、合唱が生まれる」という意味が込められている。

 精神障害者が、病院ではなく地域社会で暮らしていくための支援に力を入れており、牛乳配達をする作業所「パステル」や食事サービスを行う作業所「ミニコラ」を併設。働いて賃金を得られる場を提供している。

 こらーるは他に、希望する患者が泊まれるショートステイ施設「とまり木」を運営。患者の在宅支援のためにヘルパーを派遣する「喫茶去」も、こらーるのすぐそばにある。

 古い民家を利用した待合室は、畳敷き。アットホームな雰囲気で、患者が自由に寝転がったり、お互いに談話したりできる。撮影当時の待合室は、喫煙部屋、禁煙部屋、女性専用部屋などに区切られていたが、最近、屋内は全面禁煙になった。

 毎週木曜日、患者やスタッフ有志による「活動者会議」も開かれ、小旅行や忘年会などのレクリエーションを企画するほか、会報「ユーとピア」の発行、薬の勉強会、地域社会との交流活動、講演活動、行政や政治家への働きかけなどを行っている。
/////
医師・山本昌知(やまもと・まさとも) プロフィール

1936年、岡山県生まれ。1961年、岡山大学医学部卒業。岡山県立病院(当時)、尾道市青山病院勤務を経て、1972年に岡山県精神保健福祉センターの所長に就任。精神障害者の社会復帰推進に努める。1997年、同センターを希望退職後、無床診療所「こらーる岡山」を開設。同代表を務めて現在に至る。

/////
〒700-0022 岡山県岡山市北区岩田町5-20

電話
086-212-1033


正式名称
こらーる岡山診療所 

診療科目
精神科/神経科 

診療時間
 

休診日
 

公式サイト
 

駐車場
無料駐車場:8台 有料駐車場:0台 

院内処方
外来患者に対する院内処方:有り 
/////
もし、自分が患者になったら・・・・
/////
参考
/////
医者に嫌われる “三流患者”はこんな人

『一流患者と三流患者』(朝日新書)が話題になっている。病気になれば、最良の医療に最短でたどり着きたいものだが、医師から最高の医療を引き出せる一流と、三流の違いは何なのか。そもそも医師は、患者をどのように見ているのだろうか。

 まずは、こんな問題ケースから紹介しよう。

「診察で先生から受けた説明ですが、そのまま文章にして、メールでください」

 女性患者からそんな“お願い”をされたのは、心臓外科医で、昭和大学横浜市北部病院循環器センター教授の南淵明宏医師。数年前のできごとだが、忘れられないという。

 患者は、心臓の弁に異常があり、緊迫した状態。そう病状を説明すると、病気になったのは医師のせいとばかり、攻撃的な態度をとりはじめた。揚げ句の果て、診療の最後に口にしたのが、この要求だった。

「私たち医師は、患者さんには誠実でありたいという思いで接しています。ですが、自分は被害者で医者はそれを治すのが当然と、反抗的な態度をとる患者さんもいる。そういう方は、どんな医師も関わりたくないと思うでしょうね」

 南淵医師はその夜、病気や手術について事細かく説明した文章を書き、患者にメールした。そして最後はこう締めくくった。“別の病院におかかりください。お願いします”。それ以降、患者からの連絡はない。

 医師も人間だ。一肌脱ぎたいと思う患者もいれば、親身になれない患者もいる。医師の能力や技術力とは別の“プラスα”を引き出したければ、前者の“愛される患者”を目指したほうが得策で、医師の気持ちが遠のくような患者にはならないほうがいい。

『患者力 弱気な患者は、命を縮める』(中公文庫)などの著書もある南淵医師のもとには、全国各地から患者が訪れる。

「心臓手術は、患者さんにとっても大きな決断です。ですから、病気について調べてくるし、治療法についても熱心です。けれども時々、勘違いしている患者さんもいますね」

 自身もがんに罹患し、治療の経験がある上野直人医師。同医師が勤務するのは、米国で最も先進的ながん医療を行っている、テキサス大学のMDアンダーソンがんセンターだ。がんの薬物療法などを行う腫瘍内科医の上野医師は、「アメリカでも、『患者の質』に格差がある」と指摘する。

「日本で多い“医師にすべてお任せ”という患者さんは、米国にも結構います。“限られた人生、医者の言いなりでいいのだろうか”と考えてしまいます」

 ただ、“お任せ患者”はまだ救いがあるという。

「いい医師に出会えれば、お任せでもうまくいく可能性があるわけですから」

 と上野医師は話す。

 問題患者の最たるものは、文句しか言わない患者だ。『一流患者と三流患者』には、著者の上野医師が受け持った、抗がん剤治療を受けている進行がん患者のエピソードが紹介されている。

「副作用がつらいので、3週に1回の治療を5週に1回に変えてほしい」

 患者は上野医師に訴えた。だが、3週を5週に延ばした際の治療効果を示す、科学的根拠がなかった。

「調子が悪いなら、薬はやめて様子をみましょう」

 上野医師が提案すると、患者は突然キレた。

「再発するからダメです!」

 5週に一度の治療を言い張るだけで、あとは何を言っても聞く耳を持たない。

「根拠がない治療は勧められない。理解してもらえなければ、それ以上の話はできません」(上野医師)

 このほかにも、診察室で怒鳴る患者、医師の前では従順な態度をとっていたのに、診察室を出たとたん看護師に当たる患者……。上野医師は多くの問題患者を目にしてきた。

「聞きたいことも聞かず、怒ってばかりいたら、医師もほかのメディカルスタッフも、最低限の付き合いしかできなくなってしまう」

 上野医師は嘆息する。

 こうしたいわゆる“三流患者”が被る不利益は大きい。南淵医師が言う。

「心臓病では、治療の機会を逃すと心臓だけでなく、肝臓、腎臓も悪くなり、不整脈も出てくる。そうなると手術のリスクもグンと上がります」

『3分診療時代の長生きできる受診のコツ45』(世界文化社)の著者で、東京高輪病院内科の高橋宏和医師もこう述べる。

「医師らとのコミュニケーションが取れないと、必要な情報をもらえず、その間に病状が進んで、治療のタイミングを逸してしまう可能性も出てきます」

 医師から愛される一流患者ならばどうか。

「回り道せずに、最善、最良の医療に最短でたどり着けます。その結果、時間だけでなく、費用も節約できる可能性が高い。また、そういう患者さんであれば、別の病気が見つかった場合も、知り合いの医師を紹介したり、その病気に詳しい医師に問い合わせたり、検査を勧めたりすると思うんです。得する部分は多いと思います」(高橋医師)
//////
2017
開業3年 やっぱり渋滞問題が「再燃」 イオンモール岡山周辺の現状 ( 岡山市、左折レーン新設へ 横断歩道移動 7千万?)
2017
イオンモール岡山 集客2000万人超 一方、イオン全体は?(売り上げ? 営業利益? 経営状況?)
2017
イオン岡山2年連続2千万人来店 ヨーカドー閉店も追い風に  課題も多いイオン周辺渋滞問題
2017
岡山 <渋滞対策>イオンモール岡山周辺、問題は“左折”だ 専用レーン設置で慢性的な渋滞緩和へ 年明けに着工予定
//////

iPhone Android で命を守れ!、弾道ミサイルが落下する可能性がある場合にとるべき行動について(平成29年9月25日更新)

スマホの情報で「命」を守れ! 弾道ミサイルが落下する可能性がある場合にとるべき行動について(平成29年9月25日更新)



弾道ミサイルが落下する可能性がある場合にとるべき行動について(平成29年9月25日更新) スマホで情報 取得編


//////