岡山の立体庭園「インターパークス里丘」でXマスイルミ  岡山市中心部の下石井公園



 岡山市中心部の下石井公園(北区幸町)の西側に隣接する立体庭園「インターパークス里丘」をLED(発光ダイオード)のカラフルな光で彩るクリスマスイルミネーションが27日夜、始まった。10回目を記念して、過去最多となる約5万個の電球を一帯に飾り付け、幻想的な空間を演出している。来年1月上旬まで、毎日午後5時〜9時に点灯する。 4層構造の庭園(幅65メートル)には巨大なクリスマスツリーやサンタクロースをLEDでかたどり、階段に光のアーチも登場。来場した家族連れやカップルらはゆったりと散策し、写真を撮るなど思い思いに楽しんでいる。 近くの保育園に通う女の子(5)は「いつも遊びに来る公園がきらきら光っていてすごくきれい」。一緒に訪れた父親(42)は「街中が明るく彩られ、わくわくする」と話していた。 同イルミネーションは、庭園を管理・運営する両備ホールディングス(同錦町)が、2008年から地域活性化を狙いに、地元の幸町一丁目町内会と毎年開催。飾り付けは同保育園児と一緒に行っている。

//////
岡山  西川緑道公園に光の川 最大規模イルミネーション
岡山西川緑道公園 イルミ


 岡山市北区の西川緑道公園が今年も光でいっぱいになっている。17日から「西川イルミ」が始まり、来年2月14日までの午後5時~11時、ライトアップが楽しめる。犬の散歩や帰宅中の人たちが足を止め、色鮮やかな「光の川」をのぞき込んでいた。

 市庭園都市推進課によると、今回使用しているLED照明は約12万個と過去最多。昨年までは青一色だったが、今年は赤や青、緑色と変化する。足元も照らされ、地面には雪の結晶の形が映し出されている。

 ライトアップされているのは桃太郎大通りに面している西川橋交番からあくら通りまでの約550メートル。同課の担当者は「昨年より期間を延ばしたので、何回でも訪れてほしい。写真を撮ってSNSでも楽しんでください」と話している。

////// 

岡山西川 イルミ

//////