岡山 全国植樹祭を前に 式典のリハーサル  ( ジップアリーナ岡山で「第74回全国植樹祭 岡山2024」式典が5月26日に.  交通規制あり)

天皇皇后両陛下 全国植樹祭



天皇皇后両陛下が出席して今月(5月)26日に岡山県で全国植樹祭が開かれるのを前に、式典のリハーサルが行われました。

ことしで74回目となる全国植樹祭は、「晴れの国 光で育つ 緑の心」をテーマに天皇皇后両陛下も出席されて57年ぶりに岡山県で行われます。
開催を8日後にひかえた18日、式典会場となる岡山市北区のジップアリーナで、県の関係者やイベントの出演者などおよそ500人が集まって式典のリハーサルが行われました。
この中では、天皇皇后両陛下が県の木のアカマツをはじめとする6種類の苗木を植樹される際の手順などを、介添え役の「みどりの少年隊」の隊員らが入念に確認していました。
当日、式典には1800人余りが参加する予定で、今後は、会場とその周辺に色とりどりの花のプランターを飾り、参加者を迎えることにしています。
天皇陛下にくわを手渡すことになっている「みどりの少年隊」の隊員は「とてもうまくできました。本番では陛下に大きな声で『お願いいたします』、『お預かりいたします』とお声がけしたいです」と話していました。
岡山県全国植樹祭推進室の山田威夫 室長は「式典会場を使って当日と同じ設定でリハーサルを行うことに意義がある。あと1週間余りとなったが、当日、遺漏のないように準備を進めていきたい」と話していました。


///


【岡山市】ジップアリーナ岡山で「第74回全国植樹祭 岡山2024」式典が5月26日に開催されます。




ジップアリーナ岡山で「第74回全国植樹祭 岡山2024」式典が2024年5月26日(日)に開催されます。

全国植樹祭とは
全国植樹祭は、豊かな国土の基盤である森林・緑に対する国民的理解を深めるために、公益社団法人国土緑化推進機構と都道府県の共催により開催する国土緑化運動の中心的行事です。
 昭和25(1950)年に「第1回植樹行事並びに国土緑化大会(第21回大会からは「全国植樹祭」が正式名称)」として山梨県甲府市で開催されて以来、各都道府県において毎年春に開催されています。
 これまでの大会では、天皇皇后両陛下の御臨席を賜るとともに、県内外から多くの参加者を迎え、式典行事や記念植樹が行われています。
 岡山県では、昭和42(1967)年に金山山頂(岡山市)にて第18回大会を開催しており、令和6(2024)年には、57年ぶり2回目となる第74回大会を岡山市内で開催します。


式典会場「ジップアリーナ岡山」周辺では、通行規制、県総合グラウンド駐車場の使用制限が行われる様です。

★5月25・26日 全駐車場 使用不可

★5月13日~28日 第1駐車場野球場南側 使用不可

★5月24日21:00~26日17:00 アリーナ周辺 通行規制

通行規制案内板
通行規制案内板
通行規制の詳細はHP「第74回全国植樹祭 岡山2024」をご確認下さい

岡山県総合グラウンド(施設の案内)
岡山県総合グラウンド(施設の案内)
「岡山県総合グラウンド」施設案内。案内版の左上の建物が「ジップアリーナ岡山」です。


式典が開催される「ジップアリーナ岡山」周辺では、5月24日(金)~5月26日(日)まで通行規制がある様ですので、来場及び周辺を通行する際はお気を付けください。

「第74回全国植樹祭 岡山2024」
開催日: 令和6年5月26日(日曜日)
主催: 公益社団法人国土緑化推進機構、岡山県
式典会場: ジップアリーナ岡山(岡山市北区いずみ町 岡山県総合グラウンド内)
大会テーマ: 晴れの国 光で育つ 緑の心


///