岡山 NTT西子会社情報流出認める 元派遣社員 岡山地裁津山支部で初公判


NTT西子会社情報流出認める1




 

NTT西日本の子会社NTTビジネスソリューションズ(BS社、大阪市)から大量の顧客情報が流出した事件で、不正競争防止法違反(営業秘密領得、開示)罪に問われた同社の元派遣社員の被告(63)は23日、岡山地裁津山支部の初公判で起訴内容を認めた。検察側は懲役3年、罰金100万円を求刑し、即日結審した。判決は7月11日。

 被告は被告人質問で、顧客情報が保管されたサーバーの管理体制について「担当者全員がIDとパスワードを共有し、使い回していた」とした上で、USBメモリーへの複製を防ぐ仕組みも「なかった」とずさんな実態に言及。動機については自らの借金返済に加えて「派遣先で13年も働いてきたのに待遇がひどく不満だった」と説明した。

 検察側は冒頭陳述で、2014年に発覚した通信教育大手ベネッセコーポレーション(岡山市)の情報流出事件に着想を得て、16年から顧客情報の売却を始めたと指摘。論告では「知識や立場を悪用した卑劣な手口」と非難し「模倣犯を許さないためにも厳罰が必要」と述べた。

 弁護側は最終弁論で「反省している」などとして執行猶予付き判決を求めた。

 起訴状などでは23年1月、NTT西系列のNTTマーケティングアクトProCX(プロクス社、大阪市)が運営するコールセンターのサーバーから営業秘密に当たる山田養蜂場(岡山県鏡野町)の顧客情報約3万2千人分をダウンロードし、名簿業者にメールで送信したとされる。

 NTT西などによると、流出した顧客情報は企業や自治体など69団体の928万人分。複数の名簿業者に2千数百万円で売却されたとみられる。被害団体はプロクス社にコールセンター業務を委託しており、そのサーバーの保守運用を担っていたのがBS社だったという。

///




「間違いございません」NTT西日本の子会社から顧客情報を流出させた罪に問われている男の初公判 起訴内容認める【岡山】



NTT西日本の子会社から顧客情報を流出させたとして、不正競争防止法違反の罪に問われている男の初公判が岡山地裁津山支部で開かれました。男は「間違いございません」と起訴内容を認めました。

【写真を見る】「間違いございません」NTT西日本の子会社から顧客情報を流出させた罪に問われている男の初公判 起訴内容認める【岡山】

不正競争防止法違反の罪に問われているのは兵庫県西宮市の景山昌浩被告(63)です。起訴状などによりますと景山被告は、NTT西日本の子会社に派遣社員として勤務していた昨年1月、会社のサーバーから顧客の名前や住所などの個人情報が記録されているデータファイルを不正に入手し、東京都内の名簿業者に送信したとされています。

岡山地裁津山支部で開かれた初公判で景山被告は「間違いございません」と起訴内容を認めました。これまでの警察の調べで景山被告は顧客情報を名簿業者に約250回売却し、2500万円近い報酬を得ていたとされています。

検察は「借金返済のために及んだ身勝手な犯行で動機・経緯に酌量の余地はない」と指摘、景山被告に対して懲役3年及び罰金100万円を求刑しました。

一方、弁護人は「被告は深く反省している。家族の監督も期待される」などと述べ、執行猶予付きの判決を求め裁判は即日結審しました。

判決は7月11日に言い渡される予定です。

///