タイ(晴天乱気流?)  シンガポール機の乱気流事故、22人が脊椎損傷
 
タイ 晴天乱気流?



 シンガポール航空機が飛行中に乱気流に巻き込まれた事故で、負傷した乗客らが運ばれたタイの病院は23日、22人が脊椎(せきつい)と脊髄(せきずい)を損傷して治療を受けていると明らかにした。

【映像】シンガポール機、乱気流で緊急着陸

サミティベート・シーナカリン病院によると、17人が脊椎などの手術を受けた。6人が頭がい骨など頭部を負傷しているという。

シンガポール機は乗客211人、乗員18人を乗せて英首都ロンドンからシンガポールへ向かっていたが、ミャンマー上空3万7000フィート(約1万1300メートル)で激しい乱気流に遭い、21日午後3時45分、タイの首都バンコクのスワンナプーム国際空港に緊急着陸した。

この事故では、搭乗していた英国人男性(73)が死亡した。

緊急着陸後の機内をとらえた映像や写真では、客室上部の荷物収容部分が壊れ、緊急用の酸素マスクがぶら下がっている。また、ギャレー(調理室)の天井に穴が開き、内部のパーツが飛び出しているなど、乱気流の激しさを物語っている。

この事故による負傷者は71人とされており、55人が今なお入院している。

143人は22日に同航空が手配した便でシンガポールに向かった。
///

タイ(「晴天乱気流」) シンガポール航空機の乱気流事故、20人がなお集中治療室に (雲が見えない「晴天乱気流」とは?)

01 飛行機 気流事故?
02 飛行機 気流事故?
03飛行機 気流事故?
05 飛行機 気流事故?
06 飛行機 気流事故?
07 飛行機 気流事故?
08 飛行機 気流事故?

シンガポール航空機は21日に乱気流に巻き込まれ、タイの首都バンコクに緊急着陸を余儀なくされた。それから24時間余りがたった22日時点でも、20人が依然として集中治療室(ICU)で処置を受けている。

ロンドン発シンガポール行きのSQ321便はタイ領空に入ったところで突然急降下し、英国人男性1人が死亡し、その他数十人が重傷を負った。乗客は宙に放り出されて天井にぶつかり、私物が機内を飛び交った。タイの病院当局が発表した最新情報では、負傷者の多さが浮き彫りになった。

サミティベート・シーナカリン病院の22日の発表によると、手術が必要だったのは14人。バンコクの3カ所の病院と診療所を合わせると、約58人の患者がなお治療を受けている。同機がバンコクに着陸した直後は、100人余りが治療を必要としていた。

//
雲が見えない「晴天乱気流」とは?シンガポール航空緊急着陸…1人死亡71人けが

■予測困難『晴天乱気流』とは
そこで浮かび上がるのが、予測の難しい『晴天乱気流』の可能性です。

桜美林大学航空・マネジメント学群 伊藤貢司教授
「(レーダーに)映らなくても揺れる場合があって、いわゆる晴天乱気流も非常に警戒するものです。(Q.突発的な乱気流に襲われた時、パイロットはどういう行動を取る)突発的に襲われたら、シートベルトサインを点灯させます」

今回、シートベルトサインは出ていたのでしょうか。

事故機の乗客
「映画を観ていて、ヘッドホンをしていたので、アナウンスは聞こえませんでしたが、ベルト着用のサインが点灯したので、シートベルトを締めました。その直後、まるで機体が落下するかのようでした」

去年、中国の国内線が晴天乱気流に巻き込まれた時の映像。天井のところまで乗客や物が飛び上がっているのが分かります。乗客1人と客室乗務員1人が負傷しました。1997年には成田発ホノルル行きの飛行機が太平洋上で晴天乱気流に遭遇。女性1人が亡くなり、数十人が負傷する事故が起きています。

こうした激しい乱気流は年々増えていて、北大西洋では1979~2020年の間に55%増加したとの研究結果が出ています。

■「晴天乱気流」温暖化で増加か
今回の事故について、シンガポール航空は「ミャンマー上空の約1万1000メートルを飛行中、突然の乱気流に遭った」としています。原因の1つとして考えられる『晴天乱気流』とはどういうものなのでしょうか。

そもそも乱気流とは、大気中に生じる不規則な気流のこと。ジェット気流、積乱雲、地形などで生じます。

乱気流発生のメカニズムなどを研究する、名古屋大学・吉村僚一特任助教に聞きました。

吉村僚一特任助教
「晴天乱気流とは、晴れた場所・雲のない場所で発生する急な風の変化。当時の状況が詳しく分からないので断定はできないが、もし晴天乱気流に遭遇したなら、レーダーにも映らない。非常に危険」

(Q.晴天乱気流はどうやって起きますか)

吉村僚一特任助教
「上と下で違う空気の層があり、風速が強い・弱いと差がある場合は気流が乱れやすく、晴天乱気流の要因となる。特に高度1万メートル付近のジェット気流の周辺では風速に差が出やすく、晴天乱気流が発生しやすい。ただ、今回の現場付近では積乱雲が発生していたので、ジェット気流だけでなく、急速に発達した積乱雲の影響も考えられる」

国土交通省によると、国内でも晴天乱気流による航空機事故は発生しています。2004~2023年の間で、乱気流による航空機事故は37件。原因が判明しているもののうち、晴天乱気流によるものは12件発生しています。

吉村僚一特任助教
「東京湾上空も地形の影響で風速の差が出やすく、高度2000~4000メートルの間で晴天乱気流の報告が多い。このエリアは羽田・成田空港の飛行機の離着陸が多く、高度変更が難しいため、晴天乱気流に遭いやすい」

イギリスのレディング大学の研究では「今後、地球温暖化により、ジェット気流付近の風向や風速の変化が大きくなり、2050年までに全世界で晴天乱気流の発生頻度が2倍になり、より強力になるとみられる」としています。また「乱気流によって飛行状態が不安定になり、航空機の摩耗・損傷や、乗客乗員がけがをするリスクも増えるため、乱気流の予測システムを強化する必要がある」と指摘しています。

///

タイ(スワンナプーム国際空港) シンガポール航空の旅客機がタイに緊急着陸 “乱気流”に巻き込まれ1人死亡 69人けが   (頭部に「ケガ」の人多数? 機内食事でベルトなしも影響か?)

FullSizeRender
00 飛行機 気流事故?
01 飛行機 気流事故?
02 飛行機 気流事故?
03飛行機 気流事故?
05 飛行機 気流事故?
06 飛行機 気流事故?
07 飛行機 気流事故?
08 飛行機 気流事故?

タイ(スワンナプーム国際空港)



イギリス発のシンガポール航空機が激しい乱気流に巻き込まれ、タイの空港に緊急着陸しました。乗客1人が死亡、69人がけがをしていて、このうち7人が重傷です。航空機が緊急着陸したタイの空港から最新情報です。

私の後ろには白い機体が見えますが、あちらが今回、緊急着陸したシンガポール航空機です。

先ほどまでは多くの当局の車両が集まっていました。私たちは2時間ほど前に到着したのですが、何台もの救急車が出入りするなど、ものものしい雰囲気でした。

空港の運営会社は先ほど記者会見で、死亡したのはイギリス人の乗客の男性73歳で、心臓の発作が原因とみられると明らかにしました。

乗客・乗員合わせて69人がけがをしていますが、うち7人が重傷を負っています。

乱気流に巻き込まれた際、旅客機はタイ上空を飛行中で、多くの乗客が機内食をとっていたということで、激しい揺れなどのため機内はパニックに陥ったとみられています。

運営会社はJNNの取材に対し「乗客への聞き取りを進めているが、日本人の乗客がいたかは分からない」としています。



//

シンガポール航空機 タイの空港に緊急着陸 1人死亡 30人けが


21日、ロンドンからシンガポールに向かっていたシンガポール航空の旅客機が激しい乱気流に巻き込まれ、タイの空港に緊急着陸しました。シンガポール航空によりますと、旅客機に乗っていた1人が死亡したほか、少なくとも30人がけがをしたということです

シンガポール航空によりますと、ロンドンからシンガポールに向かっていたシンガポール航空のボーイング777型機が激しい乱気流に巻き込まれ、現地時間の21日午後4時前、日本時間の午後6時前、タイの首都・バンコク近郊にあるスワンナプーム国際空港に緊急着陸したということです。

旅客機には乗客211人、乗員18人が搭乗していたということですが、このうち1人が死亡し、少なくとも30人がけがをしたということです。

タイの当局は死亡したのは73歳のイギリス人男性の乗客だと明らかにしたほか、けがの程度が重い人が複数いるとしています。

バンコクにある日本大使館によりますと、これまでのところ、けが人のなかに日本人がいるという情報はないということですが、引き続き搭乗者の情報などについて確認を進めているということです。

現地の空港には、多くの救急車などが到着し、一時、慌ただしい状況になっていました。
機内で撮影された映像か

ロイター通信は、緊急着陸したシンガポール航空の旅客機の中とする映像を配信しました。

映像では、客室内の座席の上部から酸素マスクが下りた状態になっている中、担架に乗せられた人が運ばれている様子や、機体の横で救急車とみられる緊急車両が数台待機している様子などが確認できます。


///
1800m急降下で乗客1人死亡 晴天でも発生 危険な乱気流 “恐怖のフライト”





 仮設の救護施設が設けられ、騒然となったのは、タイの首都バンコク近郊のスワンナプーム国際空港。
激しい乱気流に巻き込まれ、緊急着陸した航空機。

乗客は、恐怖の瞬間を「人の持ち物やクッション・ティーカップ・お皿など、あらゆるものが機内を飛び交っていました」、「あっという間の出来事で、ほとんどの乗客が何もできなかった」などと語った。

タイに緊急着陸したシンガポール航空機内の様子。

客室乗務員が食事の準備などを行うギャレー内の天井は落下し、配管がむき出しの状態。
床にはワインのボトルなどが散乱している。

客室の床にも大きなシミが残され、天井からは酸素マスクが下りている。

さまざまなものが散乱した機内に座る客室乗務員の顔には、血のようなものがついている。

ロンドン発シンガポール行きの旅客機が21日、激しい乱気流に巻き込まれ、タイのスワンナプーム国際空港に緊急着陸した。

タイ当局などによると、乗客・乗員229人のうち、73歳のイギリス人男性客が死亡。
心臓発作を起こしたとみられている。

また、71人がけがをして、うち6人が重傷となっている。

搬送先の病院では、首にコルセットをつけた、けが人の姿が見られた。

搬送された乗客「ものすごい音がして、いろんなものが天井から落ちてきた。水浸しになって叫び声が聞こえて最悪だったよ」

シンガポール航空は、世界の航空会社の格付け調査で最高評価の「5つ星」を獲得するなど、最も安全な航空会社の1つとして知られている。

なぜ死者が出るほどの乱気流事故が起きたのだろうか。

事故機は日本時間の21日午後5時過ぎ、ミャンマーの上空高度約1万1000メートル余りを飛行中に乱気流に巻き込まれ、約3分の間に1800メートル急降下していたことがわかった。

事故機はなぜ、乱気流に巻き込まれたのだろうか。

航空評論家の小林宏之さんは、「考えられることは今回2つある。1つは、積乱雲による空気の乱れ。この時期のミャンマーからタイにかけては、非常に活発な積乱雲があちらこちらに林立している」と話した。

当時の気象衛星画像を見ると、ミャンマー上空に赤く示された高く発達した積乱雲が林立。
事故機は、このように大気が不安定な中を飛行した可能性がある。

そして、もう1つ考えられる現象があるという。

航空評論家 元日本航空機長・小林宏之さん「もう1つは、晴天乱気流。予測が非常に難しい」

「晴天乱気流」には、文字通り見えない怖さがあるという。

名古屋大学宇宙地球環境研究所 付属飛翔体観測推進センター・吉村僚一特任助教「晴天乱気流とは、文字通り晴天、つまり晴れた場所で発生するので、パイロットが目で見たり、飛行機についている気象レーダーにも映らない乱気流で、気がつかずに遭遇するケースがある」

///