岡山・高梁で野生イノシシが豚熱感染 県内4例目、捕獲の1頭


岡山県は18日、高梁市内で捕獲された野生のイノシシ1頭が家畜伝染病「豚熱(CSF)」に感染していたと発表した。県内では2、3月の高梁市内、今月13日の奈義町内での感染確認に続いて4例目。

 県によると11日に地元猟友会の協力で捕獲され、県の遺伝子検査で17日に陽性が確定した。県は捕獲地点から半径10キロ圏内を感染確認区域に指定し、狩猟者に対して捕獲した野生イノシシの流通自粛を求めるとともに、県内の全23養豚場に注意喚起した。

 県内の飼育豚、イノシシについてはワクチン接種が進んでいるとして出荷制限はしない。

 豚熱は豚やイノシシへの感染力、致死力が極めて高い一方、人には感染せず、感染した肉を食べても健康に影響はない。1968年以来、県内の養豚場では確認されていない。
///

 岡山 野生イノシシが「豚熱」に感染 県内で今年3例目 養豚場へ注意喚起  県内の養豚場(全23農場)/岡山・奈義町  





 岡山県県は14日、勝田郡奈義町内で発見された衰弱状態の野生イノシシ1頭が家畜伝染病「豚熱」に感染していたと発表した。県内での感染確認は今年3例目。

 発表によると11日に発見され、県家畜保健衛生所の遺伝子検査で陽性が確定。県は捕獲地点から半径10キロ圏内を感染確認区域に指定し、狩猟者に区域内で捕獲したイノシシの流通自粛を求めるとともに、県内の養豚場(全23農場)に注意を喚起した。

 豚熱は豚やイノシシへの感染力は極めて高い一方、人には感染せず、感染した肉を食べても健康に影響はない。

///

日本の地方(豚熱(CSF)  2例目 ) 家畜伝染病「豚熱(CSF)」)   高梁市の山中で捕獲の野生イノシシ1頭から「豚熱ウイルス(CSF)」を確認 県内2例目

岡山(家畜伝染病「豚熱(CSF)」)   高梁市の山中で捕獲の野生イノシシ1頭から「豚熱ウイルス(CSF)」を確認 県内2例目【岡山】

岡山県の「豚熱」「アフリカ豚熱」の対応
https://www.pref.okayama.jp/page/595885.html

FullSizeRender

岡山県は、3月10日に高梁市の山中で捕獲した野生のオスのイノシシ1頭から県内では2例目となる豚熱ウイルスが確認されたと発表しました。

2月、確認された1例目から約5キロ離れた場所で見つけたということです。半径10キロ以内には2つの養豚場があり、県はイノシシの侵入防止など対策の徹底を指導しています。


///

岡山県内2例目 イノシシが豚熱感染 県発表、高梁で捕獲の1頭


岡山県は19日、高梁市で捕獲された野生のイノシシ1頭が家畜伝染病「豚熱(CSF)」に感染していたと発表した。県内での感染確認は同じく高梁市で2月に捕獲された野生イノシシに続いて2例目。

 県によると、3月10日に地元猟友会の協力で捕獲し、遺伝子検査で18日に陽性が確定した。県は捕獲地点から半径10キロ圏内を感染確認区域に指定し、狩猟者に対して捕獲した野生イノシシの流通自粛を求めるとともに、県内の全23養豚場に注意喚起した。

 県内の飼育豚、イノシシについてはワクチン接種が進んでいるとして出荷制限はしない。

 豚熱は豚やイノシシへの感染力、致死力が極めて高い一方、人には感染せず、感染した肉を食べても健康に影響はない。
///

高梁で捕獲の野生イノシシ「豚熱」に感染確認 野生動物2例目




 高梁市で捕獲された野生のイノシシが豚の伝染病CSF=「豚熱」に感染していたことが分かりました。
県内の野生動物から豚熱の感染が確認されたのは2例目です。

県によりますと、3月10日に高梁市の山の中で捕獲された野生のイノシシについて、県が遺伝子検査を行った結果、豚熱への感染が確認されたということです。
県内では、2月18日に高梁市で捕獲された野生のイノシシも感染が確認されていて、野生動物の豚熱への感染確認は2例目です。
県は23あるすべての養豚場に対し、異常がある豚の早期発見と通報、消毒や野生動物の侵入防止の徹底などを呼びかけています。
また見つかった場所から半径10キロを「感染確認区域」に指定し、この区域では捕まえたイノシシの検査を継続し、その肉の流通や持ち出しを自粛するよう要請しています。
県畜産課は「豚熱は人に感染することはなく、感染した豚の肉を食べても人体に影響はない。関係機関と連携してできる限りの対応に努めるので、必要以上におそれないでほしい」と話しています。/// 

野生イノシシ「豚熱」感染で県が緊急会議 防疫対策徹底を確認




FullSizeRender

IMG_4854

高梁市で捕獲された野生のイノシシが豚の伝染病CSF=「豚熱」に感染していたことを受けて、岡山県は4日緊急の会議を開き、防疫対策の徹底などを確認しました。

岡山市北区で開かれた会議には、岡山県や農業団体の関係者などおよそ30人が出席しました。
はじめに県の担当者から、高梁市の山の中で2月18日に捕獲された野生のイノシシが、豚熱に感染していたことが報告されました。
県内の野生動物から豚熱の感染が確認されたのは初めてで、県はすべての養豚場に対し、消毒の徹底や野生動物の侵入防止などに注意するよう呼びかけています。
会議では、養豚場の中だけでなく周囲も消毒するなど防疫対策を徹底することや、風評被害を防ぐため、豚熱は人に感染することはないと県民に正しく周知していくことを確認しました。
県畜産課の森分哲彦課長は「農場内にウイルスを持ち込ませないことが一番重要なので、関係者と連携して指導を強化していきたい」と話していました。

///


岡山県初のイノシシの「豚熱」感染受け防疫対策会議 養豚場へのウイルス侵入防止を呼び掛け



伝染病の「豚熱」に感染した野生のイノシシが2月29日に岡山県で初めて確認されたことを受け、県が4日、対策会議を開きました。

(岡山県畜産課/森分哲彦 課長)
「いつ岡山県内で確認されてもおかしくない状況だったが、いざ発生すると、多くの方に予想以上の衝撃が走っていると感じている」

対策会議には、岡山県の職員や畜産関係者、猟友会のメンバーら約30人が出席しました。

高梁市で捕獲された野生のイノシシが豚熱に感染していたことが2月29日に確認されました。岡山県でイノシシの感染が確認されたのは初めてです。


豚熱は豚やイノシシの伝染病で人にはうつりません。農林水産省によりますと、2018年9月以降感染が拡大し、全国の養豚場などで累計約37万頭の豚が殺処分されています。岡山県では、豚の感染は50年以上確認されていません。


4日の会議では、養豚場を出入りする際の消毒や野生動物が侵入しないよう施設の壁や天井の点検を徹底することなどを県の担当者が呼び掛けました。



(岡山県畜産課/森分哲彦 課長)
「農場内にウイルスを持ち込まないということが一番。関係者と一体となって生産者に指導をしていきたい」




///


岡山 高梁で捕獲の野生イノシシ CSF=「豚熱」に感染



IMG_4854
IMG_2524
IMG_2523
IMG_2522
IMG_2520
IMG_2519
IMG_2521
IMG_2518
IMG_2517


IMG_2516
IMG_2515

高梁市で捕獲された野生イノシシが、豚の伝染病CSF=「豚熱」に感染していたことが分かりました。
県内の野生動物から、豚熱の感染が確認されたのは初めてです。

岡山県によりますと、2月18日に高梁市の山の中で捕獲された野生のイノシシが、県の検査で豚熱への感染の疑いがあることが分かり、国の検査機関での遺伝子検査で29日に感染が確認されたということです。
県によりますと、昭和43年に養豚場の豚が当時豚コレラと呼ばれていた豚熱に感染しましたが、豚熱に感染した野生動物が県内で確認されるのは初めてです。
このため、県は県内あるすべての養豚場に対し、消毒の徹底や野生動物の侵入防止などに、注意するよう呼びかけています。
また見つかった場所から半径10キロを「感染確認区域」に指定し、この区域では捕まえたイノシシの検査を継続し、その肉の流通や持ち出しを自粛するよう要請しています。
県は3月4日、農業関係の団体などを集めた会議を開き、情報の共有と防疫対策について協議する予定です。
岡山県畜産課は「豚熱は人に感染することはなく、もし感染した豚の肉を食べても人体に影響はない」としています。


///